ブログ ジェイムス・ハーデン 50得点トリプルダブル

Published on 3月 31st, 2019 | by Tunaパスタ

0

ハーデンがキャリア5回目の50得点トリプルダブル達成

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが現地30日、トヨタセンターで行われたサクラメント・キングス戦で50得点、11リバウンド、10アシストをマーク。ロケッツを118-108での勝利に導いた。

これでハーデンはキャリア通算5回目の50得点トリプルダブルを達成。歴代1位の回数だ。NBA史上で50得点TDを複数回記録した選手は、ハーデンの他に、ラッセル・ウェストブルック(4回)、ウィルト・チェンバレン(2回)、エルジン・ベイラー(2回)の3人しかいない。

▼シーズン9回目の50点ゲーム

ハーデンにとっては通算18回目の50得点超え。キャリア50点ゲームの回数でエルジン・ベイラーを追い抜き、歴代単独4位となった。

▼キャリア通算50点ゲームランキング

プレイヤー 50点ゲーム
1 ウィルト・チェンバレン 118回
2 マイケル・ジョーダン 31回
3 コービー・ブライアント 25回
4 ジェイムス・ハーデン 18回
5 エルジン・ベイラー 17回

今季MVPレースの行方がいよいよわからなくなってきた。シーズン序盤はヤニス・アデトクンボが大きくリードしていた印象だが、中盤からのハーデンのスコアリングランは過去に前例がないほど凄まじい。

今季ハーデンは73試合の出場で36.4得点、7.7アシストを平均中。開幕25試合で11勝14敗と低迷していたロケッツだが、そこからの50試合でハーデンが平均40得点を叩き出す快進撃を続け、残り5試合の時点で49勝28敗のウェスト3位まで這い上がっている。

ウェストのプレイオフチーム確定

なおこの日の敗北により、キングスはシーズン残り6試合で8位から7ゲーム差となり、プレイオフレースから脱落。これでサンアントニオ・スパーズとオクラホマシティ・サンダーのポストシーズンが確定し、ウェスタンカンファレンスは2019プレイオフに進出する8チームが決まった。

スパーズにとってはティム・ダンカンがデビューした1997-98シーズンから22年連続でのプレイオフとなる。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑