ブログ 2015年トレードデッドライン

Published on 2月 20th, 2015 | by Tunaパスタ

14

カオスすぎる2015年トレードデッドラインまとめ

今季トレードデッドラインの現地19日、17チームがトレードを決行して合計37選手があちこちに飛ばされることとなった。たった1日でこれほどの大移動はNBA史上類がない。

一体何が起こったんだという感じだが、以下に各チームのトレードをまとめてみた。

KGトレード

放出 獲得
ウルブズ サディウス・ヤング ケビン・ガーネット
ネッツ ケビン・ガーネット サディウス・ヤング

KGがミネソタに帰還!!再び背番号21を背負う様子。

アフラロトレード

放出 獲得
ナゲッツ アーロン・アフラロ
アロンゾ・ジー
ウィル・バートン
ビクター・クラベール
トーマス・ロビンソン
ドラフト1巡目指名権
ブレイザーズ ウィル・バートン
ビクター・クラベール
トーマス・ロビンソン
ドラフト1巡目指名権
アーロン・アフラロ
アロンゾ・ジー

マギートレード

放出 獲得
ナゲッツ ジャベイル・マギー
ドラフト1巡目指名権
チェンク・アキオル交渉権
シクサーズ チェンク・アキオル交渉権 ジャベイル・マギー
ドラフト1巡目指名権

マギー放出はキャップスペース拡大のための完全なサラリーダンプ。

ドラギッチトレード

放出 獲得
サンズ ゴラン・ドラギッチ
ゾラン・ドラギッチ
ダニー・グレンジャー
ジョン・サーモンズ
ドラフト1巡目指名権2つ
ヒート ノリス・コール
ショーン・ウィリアムズ
ダニー・グレンジャー
ジャスティン・ハミルトン
ドラフト1巡目指名権2つ
ゴラン・ドラギッチ
ゾラン・ドラギッチ
ペリカンズ ジョン・サーモンズ ノリス・コール
ショーン・ウィリアムズ
ジャスティン・ハミルトン

ゴランゾランが揃ってマイアミへ。

パーキンス/カンタートレード

放出 獲得
サンダー レジー・ジャクソン
ケンドリック・パーキンス
グラント・ジェレット
ドラフト1巡目指名権
イネス・カンター
D.J.オーガスティン
カイル・シングラー
スティーブ・ノーバック
ジャズ イネス・カンター
スティーブ・ノーバック
ケンドリック・パーキンス
ドラフト1巡目指名権
ドラフト2巡目指名権
グラント・ジェレット
ピストンズ D.J.オーガスティン
カイル・シングラー
ドラフト2巡目指名権
レジー・ジャクソン

B.ナイト/MCWトレード

放出 獲得
サンズ アイザイア・トーマス
マイルズ・プラムリー
タイラー・エニス
ドラフト1巡目指名権
マーカス・ソーントン
ブランドン・ナイト
ドラフト1巡目指名権
シクサーズ マイケル・カーター=ウィリアムズ
ドラフト1巡目指名権
ドラフト1巡目指名権
バックス ブランドン・ナイト マイルズ・プラムリー
タイラー・エニス
マイケル・カーター=ウィリアムズ
セルティックス マーカス・ソーントン アイザイア・トーマス

ミラー/セッションズトレード

放出 獲得
ウィザーズ アンドレ・ミラー ラモン・セッションズ
キングス ラモン・セッションズ アンドレ・ミラー

プリンストレード

放出 獲得
ピストンズ ジョナス・ジェレブコ
ジジ・ダットーメ
テイショーン・プリンス
セルティックス テイショーン・プリンス ジョナス・ジェレブコ
ジジ・ダットーメ

テイショーン・プリンスが再び古巣デトロイトへ。

マクダニエルズトレード

放出 獲得
ロケッツ アイザイア・カナーン
アレクシー・シュベッド
ドラフト2巡目指名権3つ
K.J.マクダニエルズ
パブロ・プリジオーニ
ニックス パブロ・プリジオーニ アレクシー・シュベッド
ドラフト2巡目指名権2つ
シクサーズ K.J.マクダニエルズ アイザイア・カナーン
ドラフト2巡目指名権

※   ※   ※

ややこしいなあ…。各チームが放出/獲得したプレーヤーは以下の通り:

放出 獲得
サンズ ゴラン・ドラギッチ
ゾラン・ドラギッチ
アイザイア・トーマス
マイルズ・プラムリー
タイラー・エニス
ダニー・グレンジャー
ジョン・サーモンズ
マーカス・ソーントン
ブランドン・ナイト
ネッツ ケビン・ガーネット サディウス・ヤング
ロケッツ アイザイア・カナーン
アレクシー・シュベッド
K.J.マクダニエルズ
パブロ・プリジオーニ
シクサーズ K.J.マクダニエルズ
マイケル・カーター=ウィリアムズ
アイザイア・カナーン
ジャベイル・マギー
サンダー レジー・ジャクソン
ケンドリック・パーキンス
グラント・ジェレット
イネス・カンター
D.J.オーガスティン
カイル・シングラー
スティーブ・ノーバック
ニックス パブロ・プリジオーニ アレクシー・シュベッド
ピストンズ ジョナス・ジェレブコ
ジジ・ダットーメ
D.J.オーガスティン
カイル・シングラー
テイショーン・プリンス
レジー・ジャクソン
セルティックス テイショーン・プリンス
マーカス・ソーントン
ジョナス・ジェレブコ
ジジ・ダットーメ
アイザイア・トーマス
ウィザーズ アンドレ・ミラー ラモン・セッションズ
キングス ラモン・セッションズ アンドレ・ミラー
バックス ブランドン・ナイト マイルズ・プラムリー
タイラー・エニス
マイケル・カーター=ウィリアムズ
ジャズ イネス・カンター
スティーブ・ノーバック
ケンドリック・パーキンス
グラント・ジェレット
ヒート ノリス・コール
ショーン・ウィリアムズ
ダニー・グレンジャー
ジャスティン・ハミルトン
ゴラン・ドラギッチ
ゾラン・ドラギッチ
ペリカンズ ジョン・サーモンズ ノリス・コール
ショーン・ウィリアムズ
ジャスティン・ハミルトン
ウルブズ サディウス・ヤング ケビン・ガーネット
ナゲッツ アーロン・アフラロ
アロンゾ・ジー
ジャベイル・マギー
ウィル・バートン
ビクター・クラベール
トーマス・ロビンソン
ブレイザーズ ウィル・バートン
ビクター・クラベール
トーマス・ロビンソン
アーロン・アフラロ
アロンゾ・ジー

今年のトレードデッドライン勝者は、ベンチをアップグレードしたサンダー、ハイポテンシャルのK.J.マクダニエルズを獲得したロケッツ、ちゃっかりアイザイア・トーマスを手に入れたセルティックスといったところか。

反対に1番損をしたのはサンズだろう。ドラギッチが公にトレード要求した時点で不利になることは確定していたので仕方がない。ブランドン・ナイトとヒートのドラフト1巡目指名権2つを獲得できたのがせめてもの救いだ。

バックスが今季絶好調のナイトを放出したのは少し驚き。MCWとマクダニエルズを手放してドラフトピックをかき集めまくったシクサーズは相変わらずクレイジーだ。これが吉と出るか凶と出るかは誰にもわからない。

まあ今回のMVPはガーネットを呼び戻したウルブズだろう。

Image:「Reddit

Tags: , , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑