ブログ アービング キャリアハイ 57得点

Published on 3月 13th, 2015 | by Tunaパスタ

10

カイリー・アービングがキャリアハイ57得点!!レブロンのキャブス球団最多記録を更新

クリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングが現地12日のサンアントニオ・スパーズ戦で32本中20本のフィールドゴールを成功させ、自己キャリア最多の57得点を記録。オーバータイムにわたる激戦の末、キャブスが128対125でスパーズを破った。

試合はスパーズの3点リードで迎えた第4Q残り6秒に、トニー・パーカーのシュートミスからカワイ・レナードがオフェンシブリバウンドを確保。この時点で勝負ありと思われたが、ファウルを受けたレナードはフリースローを2本とも外し、キャブスにチャンスを与えてしまう。2013年ファイナル第6戦のデジャブだ。

続くキャブスのポゼッションで、アービングが終了のブザーと共に同点のスリーポイントを沈め、試合をオーバータイムに持ち込んだ。

OTに入ってからもアービングのシューティングは冷めることなく、2本のスリーとカウントワンスローのレイアップを成功させ、11得点を獲得。さらにレブロン・ジェイムスも負けじとクラッチタイムに2本のスリーを沈め、スパーズにとどめを刺した。この2人が同時にゾーンに入ってしまうと、どんな素晴らしいディフェンスを仕掛けても絶対に止められない。これがキャブスの恐ろしいところだ。

▼レブロンのクラッチスリー

アービングは試合を通して7本中7本のスリーに成功。フリースローも10本中10本のパーフェクトだった他、5アシスト、4スティールを記録している。この日はスロースタートだったレブロンは第3Q中盤からエンジンがかかり始め、最終的に31得点、7アシスト、5リバウンドの好成績をマークした。

▼アービング、キャリアハイ57得点ハイライト

アービングの57得点はキャブスの球団史上最多得点。それまでレブロンが10年間にわたり保持していた56得点の記録を、本人の隣で見事塗りかえた。

▼キャブスの1試合得点記録

プレイヤー 得点 日付
K.アービング 57 2015年3月12日
L.ジェイムス 56 2005年3月20日
K.アービング 55 2015年1月28日
L.ジェイムス 55 2009年2月20日
L.ジェイムス 52 2009年2月4日

敗れたスパーズは、トニー・パーカーがチームハイの31得点を記録。またレナードとダニー・グリーンがそれぞれ24得点を挙げた。終始試合をリードして、クラッチタイムでもいいプレーを見せていたのだが、第4Q最後のフリースローのどちらかさえ決まっていれば…。決めてくれよ…。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    うーん(´;ω;`)、スパーズにはなんとか連覇してほしいんですが、せっかくパーカが調子があがってもレナードがあの感じでは厳しいですね。頑張れよFMVPm(。≧Д≦。)m

    • レナードがフリースロー2本を外した時点で嫌な予感がしたんですよ。第4Q最後のアービングのスリーでも、なぜかドライブを警戒したかのような守り方でしたし…。
      この日は残り1分の時点で「7連勝キター」と小躍りしていたので、あの負け方は辛かったです;_; 絶対に勝つべきゲームでした。今季のスパーズはちょっと詰めが甘いですね。

  • 36s

    なにげに今季スパーズのFT確率が低いような気がしますね。
    POになるとDFが激しさくなる分さらに重要になってくるんで
    改善してほしいなぁ。

    • ちょっと調べてみたんですが、今季スパーズのクラッチタイム(試合時間残り5分以下で5点差以内)でのフリースロー成功率は68.2%でリーグワースト2位でした。これで接戦をコンスタントに勝利するのは難しいですね。

      • 36s

        すげぇ。そんなスタッツだせるんですね。
        FTの上手さの指標として8割とは良くいいますがファンとしてはそれくらい
        欲しいんですよね。

  • マイケル

    なんつーかアービング凄いですね。二年目はどこから打っても高確率で決めれる一方ほかの選手に比べて得意なエリアも少なくて、既に得点力は完成形にありつつあるから伸びしろ少ないんじゃないかと思っていましたけど。昨シーズンは大きく評価を落としたと思っていますが、この試合は度肝を抜かされました。ゲームメイクはしてないのでその点PGとしてどうなんだとは思うのですが、今のCLEならアービングのスコアリング能力をいかんなく発揮できる環境なのかもしれませんね。

    • 36s

      アービングの得点能力は凄いですよね。特にペネトレイトは芸術!!
      ラブとレブロンがペイントを開けられるので生きてると思います。
      ゲームメイクはもうレブロンでいいと思うんですよね。
      最後はやっぱりゴリブルだと思うので。

    • この日のアービングは凄まじかったですね。シュートアテンプトの9割がガチガチマーク状態だったにもかかわらず、あの手この手でゴールを決めていました。ピック&ロールからのスプリットも見事です。まるで全盛期のアイバーソンを見ているかのような気分でした。まだ22歳というのが末恐ろしいです…。

      確かに後はゲームメイキングが課題ですね。ステフォン・マーブリーやスティーブ・フランシスみたいなシュートファーストのPGは勝てないイメージがあるので、これからもっと周りを活かす能力を身につけていって欲しいです。

  • ぽっぽ

    クラッチタイムでフリースローを決められないのもそうですがリラードやアービングのようなアジリティとシュート能力の高い選手をどう抑えるかは課題ですね。
    ポポビッチならプレイオフまでには何か用意してくれるだろうと思っていますが…

    BSでしか見れない環境なので少しぶりにスパーズの試合みましたがレナードはいよいよ本格化してきましたね。毎回勝負どころでフリースロー外すのは少しアレですけど(苦笑)

    • 確かにそうですね。スパーズはペリメーターの選手に対して滅多にダブルチームしませんし。
      この日もレナードやグリーンは頑張った方だと思うのですが、アービングやレブロンのような選手に火が付いたらどうやっても止められません。最高のオフェンスは最高のディフェンスを凌駕すると言いますが、これが“スターパワー”なのでしょうか…。
      特にこの試合の終盤のように連続スリーを決められたらどうしようもありませんもんね。

      レナードは最後のフリースローを決めてほしかったです;_;

Back to Top ↑