ブログ キャブス セルティックス 第4戦

Published on 5月 25th, 2017 | by Tunaパスタ

7

【BOS-CLE第4戦】アービングがPOキャリア最多の42得点

現地23日にクイッケンローンズアリーナで行われたボストン・セルティックス対クリーブランド・キャバリアーズのカンファレンス決勝第4戦は、後半を65-42で上回ったキャブスが13点差で快勝。シリーズを3勝1敗とし、NBAファイナル進出に王手をかけた。

アービングが大爆発

この日のキャブスは、序盤からセルティックスのボールムーブメントに対して守備ローテーションが上手く機能ぜず、第1Qを19-29でアウトスコアされると、第2Q残り6分40秒にはレブロン・ジェイムスが4つ目のファウルを取られて交代。前半でさっそく16点ビハインドとピンチに陥ったキャブスだが、そこからカイリー・アービングが怒涛のスコアリングパフォーマンスでチームを背負い、試合をひっくり返す。

▼カイリーの第3ピリオド

アービングは、レブロンがファウルトラブルでベンチに下がった第2Q中盤からハーフタイムにかけての6分間で12得点をあげ、ゲームの流れを変えると、第3Qには完全にゾーンに入り、11本中9本のフィールドゴールを決めてピリオド21得点を獲得。キャブスは第3Qを40-23で圧倒して逆転に成功すると、第4Qはレブロンがオフェンスをテイクオーバーしてセルティックスの反撃を退け、ホーム2連敗を回避した。

3年連続のファイナル進出まであと1勝に迫ったキャブスは、アービングがプレーオフ自己最多の42得点をマーク。第3Q終盤にはレイアップの際に足首を捻挫し、フロアにうずくまる不安なシーンもあったが、交代することなくフロアに立ち続け、10連続得点でピリオドを締めくくった。

キャブスは他に、後半から大きく調子をあげたレブロンが34得点/6アシストで活躍。ケビン・ラブは17得点とプレーオフキャリアハイの17リバウンドを記録し、守備でも素晴らしい仕事をした。レブロンはあと28得点を獲得すれば、プレーオフ通算得点でマイケル・ジョーダンを抜き、歴代1位となる。

▼レブロンのレアミスでラブのミラクルパスはアシストにならず

敗れたセルティックスは、エイブリー・ブラッドリーの19得点、ジェイ・クラウダーの18得点を含め、合計4選手が二桁得点を獲得。前半は見事なボールシェアで効率良く得点を稼ぎつつ、レブロンをファウルトラブルに追い込むなど、すべてがほぼ完璧に進んでいたが、後半に入ってからショットが決まらなくなると同時にターンオーバーなどのミスも増え、キャブスにペースを奪われる形となった。

セルティックスの敗退がかかった第5戦は、現地25日にTDガーデンで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑