ブログ ハーデン 生涯ロケッツ

Published on 9月 3rd, 2017 | by Tunaパスタ

1

ジェイムス・ハーデンが「生涯ロケッツ」を約束

近年のNBAでは、フランチャイズスターたちの移籍が続いている。

2016年オフシーズンのケビン・デュラントをはじめ、今年はデマーカス・カズンズ、ジミー・バトラーがそれぞれのチームからトレード放出。さらにゴードン・ヘイワードがFAでセルティックスと契約し、ポール・ジョージとカイリー・アービングもトレードを要求して自らの意志で長年在籍したチームを離れることとなった。

そんな中、ロケッツのエースとなってから来季で6年目となるジェイムス・ハーデンは、このままヒューストンでキャリアを終える決意を今のところ固めている様子。Twitterでファンから「絶対にヒューストンを離れないでくれ」と懇願された際に、「約束するよ」と生涯ロケッツを宣言した。

「約束する。どこにも行かない #生涯ロケッツ」

フランチャイズスターであれば、誰もが一度は「ずっとこのチームでやっていく」と口にするものだが、チームの低迷やチャンピオンシップ優先などを理由に心変わりするケースは多々ある。ただ今夏にチームと契約を4年延長したハーデンの場合は、契約が2022-23シーズン、34歳になるまで続くため、よほどのことがない限り、このままロケッツとして引退する可能性は高いかもしれない。

ハーデンは支援活動などでもホームのヒューストンに貢献しており、現地2日にはテキサス州に大きな被害をもたらした大型ハリケーン「ハービー」の被災地に100万ドルを寄付することを発表している。

Via @JHarden13/Twitter

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    ヒューストンのハリケーンのために約2億集めたNFLのスーパースターJ.J.Wattと個人で1億円寄付したJames Harden。きっと二人だけではないのでしょうが、スターとしての格を感じます。
    別に金額の大きさだけが大事なわけではないけど、こういうとこでもアメリカンドリームというか、規模が大きいですよね。かっこいいです。

Back to Top ↑