ブログ %e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc

Published on 9月 29th, 2016 | by Tunaパスタ

9

ジェイソン・テリー、「ハーデンとクレイ・トンプソンとでは格が違う」

「現リーグのベストSGは誰?」 この質問に対して、まずジェイムス・ハーデンの名前を思い浮かべるNBAファンは多いだろう。

昨季は82試合で29.0得点、7.5アシスト、6.1リバウンドを平均。守備面でのミスを批判されることもしばしばあったが、あれだけオフェンスを一身に担いながら、チームをプレーオフへと導いたシューティングガードは、恐らく近年では全盛期のコービー・ブライアントやドウェイン・ウェイドくらいだろう。

その一方で、まだまだ少ないかもしれないが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンがナンバーワンSGだという声も出ている。1ピリオド37得点の大記録をはじめ、オフェンスの爆発力は証明済み。プレーオフでも、ステファン・カリーが怪我で不在だった昨季第1~第2ラウンドの7試合で28.6得点を平均するなど、立派にエース役をこなしている。

さらにディフェンスでも、カリーに代わってラッセル・ウェストブルックやデイミアン・リラードらリーグのトップPGをガードしたりと、ウォリアーズのシステムにとって欠かせない存在だ。2016年のオールNBAチームに選出されたのも、ハーデンではなくトンプソンだった。

今後も各地で議論されるであろう「ハーデンvsトンプソン」だが、今夏FAでミルウォーキー・バックスの一員となった大ベテランガードのジェイソン・テリーは、このトピックに関して揺るぎない答えを持っている。大差でジェイムス・ハーデン。先日出演したラジオ番組で、「比較すること自体がおかしい」と言わんばかりの強いトーンで意見を語った。

「(トンプソンは)何もリードしていない!彼はシュートが入らない時に、一体どれだけチームに貢献できる?昨年のジェイムス・ハーデン対クレイ・トンプソンの映像を見て、ジェイムスが何をしたかを確認すればいい。ジェイムスがトンプソンをドリブルで抜き去る度に、カバーに入っていたのはドレイモンド・グリーンとアンドリュー・ボガットだ。今季はそれがどうなるだろうね」

▼ハーデンvsクレイ

テリーは、元チームメイトのハーデンがそれだけ突出したプレーヤーだと考えているだけで、決してクレイのアンチというわけではない。クレイのスキルは十分に評価している。

「クレイ・トンプソンを嫌っているわけじゃない。ただ、ジェイムスと比べるとなれば、格が違うというだけだ」

「正直、クレイはステフ(カリー)よりも優れたシューターだと思っている。クレイ・トンプソンは素晴らしい選手だ。彼のジャンプショットはピュア。ただただ美しい」

なおNBA.comの2016-17シューティングガード・ランキングでは、1位がハーデン、2位がトンプソンとなっている。昨季はその逆で、トンプソンが1位だった。

▼ハーデンvsクレイ2015-16

J.ハーデン K.トンプソン
得点 29.0 22.1
アシスト 7.5 2.1
リバウンド 6.1 3.8
スティール 1.7 0.8
ターンオーバー 4.6 1.7
FG% 43.9% 47.0%
3P% 35.9% 42.5%
AサイドとBサイド

またテリーは、NBAのオールスターたちを「Aサイド」と「Bサイド」の2グループに分けて評価。トンプソンとスパーズのカワイ・レナードについては、現時点でBサイドの選手だとコメントした。

「ハーデンはAサイドのプレーヤーだ。そしてBサイドは、カワイ・レナードやクレイ・トンプソンといた選手だ。Bサイドの意味は、サポーティングキャストだけどベンチプレーヤーではない選手たち。Aサイドはスーパースターであり、偉大な選手たち。レブロン・ジェイムスやジェイムス・ハーデン、ラッセル・ウェストブルック、ステファン・カリー、クリス・ポールだ」

2年連続DPOYで、昨季オールNBAファーストチームに選ばれた選手がサポーティングキャストとは、なかなか厳しい。ただ、スーパースターという点で見ると、レナードが現時点でレブロンやカリー、ハーデンのレベルに達しているかと言われれば、あと一歩という気がする。

グリーク・フリーク

さらにテリーは、新しいチームメイトで、来季の躍進に大きな期待がかかるヤニス・アデトクンボについてもコメント。「もうすぐリーグのトップ10プレーヤーになる」と大絶賛した。

「(昨季のヤニスは)スロースタートだったが、シーズンが進むにつれて、本領を発揮していった。スタッツを積み上げ、オールスター・ブレイク後に5回以上のトリプルダブルを記録した唯一の選手となった。チームの成功には繋がらなかったかもしれない。だが、あの若者のスターとしてのポテンシャルは明らかだ。攻守で活躍しながら、スタッツを積み上げる。得点、リバウンド、アシストのすべてでね。そして僕がすごく高く評価しているのは、彼がチームメイトからより良いプレーを引き出せるところだ。さらに1番から5番までガードすることができる」

「ヤニスはリーダーだよ。僕はこっち(ミルウォーキー)に来て3日になるが、まだ彼よりも先に練習場に到着したためしがない。朝だろうが、夕方だろうが、いつも彼に先を越されている。奴は努力家だ。ワークアウトの直後も、スコッティ・ピッペンやショーン・マリオンら歴代フォワードの映像を見て勉強している。彼のような若者を近くで見られるのは最高さ。誇らしく思う」

「ヤニスは今季のオールスターになる。そしてバックスをプレーオフへと導いてくれるだろう。もうすぐリーグのTop10プレーヤーになるはずだ」

今月で39歳となったテリーは、来季でNBAキャリア18シーズン目に突入。キャリア通算3P成功数では、歴代3位の2169本を記録している。

Thumbnail via Milwaukee Bucks

参考記事:「Def Pan

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • PANTA

    難しい問題ですね。
    昨季のハーデンはあまりパッとしませんでしたけど、スタッツだけみれば断然ハーデンですが…クレイの成長度合いを加味すると来季は分からないと思います。
    レナードは今期スーパースターにランクアップできるでしょうか?

    • 今季のレナードはどうなりますかね?もしかすると、平均得点は昨季よりも落ちるかもしれません。
      パウ・ガソルの加入により、昨季よりもオフェンスの選択肢が増え、その分レナードのシュート回数も少なくなるかもですし、また昨季のように45%でスリーを決められるかどうか…?個人的には、スコアリングよりもプレーメイキングの成長に期待しています。

  • ケンタブー

    一線で活躍し続けている、ベテランの仕事人の言葉となると、なかなか重みがありますね。

    好き勝手に選手をピックアップしていいとして、どちらかをスターターにするかとなったら、私はクレイを挙げるかもしれません。
    やはりディフェンスに関してハーデンに期待できませんから、昨シーズンの様子では。
    しかし、確かにスターとしては選ばれるのはハーデンなのかなあ…。
    テリーの言うBサイドという表現も的を射ている気がするので。

    ヤニスはあらゆる人から評価されていますね。来季にはオールスター選出も十分ありえそうですね。
    ミドルトンの離脱は痛いですが、若いタレントにキッドHC率いるチームには、是非躍進してもらいたいです。

    • 確かに、クレイがBサイドというのは的を射ているかもですね。彼ほどボールを持たなくてもインパクトを与えられる選手はそうそういませんから。ある意味、究極のロールプレーヤーといえるかもしれません。

      チームの構成などを考慮せず、2人を個々のプレーヤーとして見た場合、私はどちらかといえば、ハーデンを選ぶかもです。ディフェンスもそこまで酷くないと思うんですよ(昨季はちょっとあれでしたが…)。むしろオンボールの1on1ディフェンスは少なくとも平均以上ではある気がします。ただオフボールやトランジションの守備は、もう少しコンスタントに頑張ってほしいですね。

      ヤニスは本当に楽しみです。

  • 名無し

    クレイがno1シューティングガードのような風潮自体気に入らなかったのでこういう意見があって嬉しいです。自分も個人的にハーデンのほうが秀でてるイメージです。でもこの意見は周りに理解してくれる人がいないどころか猛反発されるんですよ。来季は是非ともハーデンにクレイとの格の違いを見せてほしいです。

  • お茶

    ファイナルではシューターの水物であるが故の不安定性が負けに繋がったかもしれませんね
    ファイナルのトンプソンは欲しい時にあまり来てくれなかった印象です
    リムに近づく術と点を取る技術のある選手というのは勝負どころではとても大切であると感じるシリーズでした
    バスケットボールはレベルが上がるほどディフェンスは厳しくなるのでプレイオフでは確率の高い中を使える選手は必要になると思います
    しかしやはりハーデンのディフェンスは成長してほしいですね
    スーパースターはディフェンスも備わってこそだと思いますので

  • masayann

    テリーはロケッツにいたのでちょっと微妙ですがまぁ現段階ではハーデンのほうが上かもしれませんね。クレイはスリーが入らないとき日はそこまで目立たない気がしますね。アシストもそこまで多くないですし、ディフェンスがいいと言ってもすべて止められるわけでもないですしね、、気のせいかもしれないですがクレイはハーデンやウェストブルックみたいな相手をディフェンスするのは苦手なのかな?と思うんですがどうなんでしょうか?そういう意味ではハーデンのほうが上なのかな?と思います。とはいえクレイとハーデンがもし同じチームにいてどちらをスターターにするかと聞かれると僕はクレイを選ぶと思います。攻守のバランスはクレイのほうがいいと思うので、ハーデンはシックスマンにおいてクレイが不調な時あるいは点が取りたいときにハーデンを出すという感じにすると思います

  • ぐりん

    SGでエースを任せるならハーデン

    NBA選手でバランスを考えてチームを組んでよくて、SGだけハーデンorトンプソンの2択だったらトンプソン

    ですかねー

    結局はバランス。。。というありきたりな結論にww

    でも、ハーデンがエースのチームが優勝できるイメージはないなー

  • ラスト

    僕もクレイがNo.1SGとは思えません。現時点ではの話ですが。ハーデンとは役割が違うので比べづらいのですが、クレイにハーデンと同じ役割をさせても同じ様な活躍ができるとは思いません。逆もしかりですがね(笑) ハーデンの昨シーズンのディフェンスはひどいとしか言いようがありません。オフで再びディフェンス意識の改善を行えば、またMVPレースの常連、チームの躍進にも繋がると思います。
    クレイに関しては、今シーズンは彼自身にとっては難しい一年になるのではないのかと考えます。二季連続MVPに加え、その前のシーズンMVPがチームに加入した事によって彼自身シュートチャンスが減ってしまうと思います。そこで、シュート以外のディフェンスやリバウンドでどれだけチームに貢献できるかが彼の評価につながると思います。
    長くなりましたが、最後にtunaさんに質問なのですが、ブログを書くうえで、両選手を公平に扱わなければいけないので、あまりtunaさんの意見が載っていないのではないかと思いまして。なのでtunaさんの中で2人の内、どちらが優れた選手、SGであるか考えているか教えていただければと思います。お願いします。

Back to Top ↑