ブログ ジャベール・マギー ウォリアーズ

Published on 7月 31st, 2016 | by Tunaパスタ

4

ウォリアーズ、ジャベール・マギーをトレーニングキャンプに招待

ゴールデンステイト・ウォリアーズが、FAセンターのジャベール・マギーとノンギャランティーのトレーニングキャンプ契約を結ぶ模様。ESPNのMarc Stein記者が報じている。

ケビン・デュラント契約用のキャップスペースを確保するため、センター4人のうち、アンドリュー・ボガット、フェスタス・エジーリ、マリース・スペイツの3人を手放すこととなった今オフのウォリアーズ。その後ザザ・パチュリアとデビッド・ウェストを短期契約で獲得し、すぐにフロントコートの補強に成功したものの、ゴール下を守れるリムプロテクターが不足しており、そこでマギーに目を付けたわけだ。

キャリアを通して、ファインプレーよりも珍プレーが目立つ印象のマギーだが、もともと身体能力が非常に高く、縦のリーチはリーグトップクラス。ウォリアーズが必要としているプレーヤータイプに当てはまるといえるかもしれない。心身ともに絶好調の時は、信じられないような超人プレーを見せてくれる。

▼良いマギー

その一方で、FA交渉解禁から約1ヵ月となるこの時期まで売れ残っていたのには、やはりそれなりの理由がある。ここ3シーズンは、度重なる左足の骨折に悩まされ、安定したプレータイムを稼げていない。また、健康時でもディシジョンメイキングにやや問題があり、自分をコントロールできず、チームの疲労感がどっと増すようなターンオーバーを犯してしまうこともある。

▼悪いマギー

昨季をマブスでプレーしたマギーは、34試合の出場で5.1得点、3.9リバウンドを平均。今年のオフは、トレーニングキャンプで優勝候補チームのロスター入りを目指す。今回の契約はノンギャランティーなので、ウォリアーズにとってリスクはない。

Image by truthaboutit

参考記事:「ESPN

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • masayann

    いい時のマギーならある程度戦力になりそうですねブロックも高いですし、問題は悪いときのマギーの場合どうするのかということですね

    • いい時のマギーは、守備面だけなら何とかボーガットの代わりが務まるかもしれません。悪い時は…。ただオラクルのファンから愛されそうなキャラですね。

  • くりあたま

    ノーステップであの高さを出せる選手は中々いませんからね
    カーHCがどれだけマギーのバスケIQを高められるかにあると思います

    • ウォリアーズでのマギーは、スクリーンのかけ方とスイッチのタイミングを学べば、結構使える選手になりそうな気がします。

Back to Top ↑