ブログ ジェレミー・リン シューティング

Published on 8月 22nd, 2016 | by Tunaパスタ

3

ジェレミー・リン、オフシーズンはシューティングの改善に専念

今夏FAでブルックリン・ネッツへと移籍し、来季はスタメンとしてさらなる躍進が期待されるジェレミー・リン。これまでは、ドライブで果敢にリムをアタックするスラッシャータイプのガードとして活躍してきたが、今年のオフシーズンはさらにプレーの幅を広げるべく、徹底してシューティングの改善に尽力しているようだ。

リンが自身のブログでサマートレーニングの様子をシェアしている:

「この夏に最優先してきたのはジャンプショットだ。あらゆる種類のジャンプショットを特訓している。キャッチ&シュートのスリーやドリブルからのスリー、ミドルレンジ・ジャンパー、アイソレーション・ジャンパー…。リムをアタックして、そのままフィニッシュもしくはフリースローを稼ぐといったプレーは、常に得意としてきた。だけど、もし外のシュートを安定して決められるようになれば、僕のゲームは全く新しいレベルに到達できると思うんだ」

ただがむしゃらにシュートを打ちまくるのではなく、息の長いキャリアを送ることを念頭に置きながら、他のスキルアップにも努めている。

「シュートフォームを変えた。リリースの位置を低くして、モーションをもっと滑らかにした。もっとリリースを素早くして、安定感を持たせつつ、エネルギーの消費を減らせればいいなと思ってね。そうすれば、疲れている時でもちゃんとシュートを打てるようになる。それからチェンジ・オブ・ペースのテクニックやフローターも特訓しているよ。年齢を重ねるにつれて、運動能力に頼るのを減らしていかなくてはならないから」

リンのキャリア3P成功率はリーグ平均よりもやや低く、6シーズンで34.6%を記録。ミドルレンジも37.5%前後と、決してシュートが得意な選手とは言えない。もしミドル/ロングレンジをリーグ平均以上に高められれば、リンのドライブがさらに活きてくるだろう。

▼リンの2015-16ショットチャート

ジェレミー・リン 2015-16ショットチャート

それにしても、ネッツのトレーニング施設は豪華だ。ジムからはニューヨークの街が一望でき、ルーフトップには高級リゾートのようなラウンジが設置されている…。

Morning grind 🗽 #Nets

A post shared by Brooklyn Nets (@brooklynnets) on

Image via jlin7/Instagram

参考記事:「jlin7.com

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑