ブログ ジョエル・エンビード プレシーズン

Published on 10月 12th, 2017 | by Tunaパスタ

4

ジョエル・エンビード、復帰戦での15分間で大暴れ

フィラデルフィア・76ersにとって今季プレシーズン最終試合となった現地11日のブルックリン・ネッツ戦で、ジョエル・エンビードがついにアクティブロスターに復帰した。

1週間ほど前に実戦形式の練習に戻るゴーサインが下りたばかりで、この日もプレイタイムが制限されたエンビードだが、コートに立った時の存在感はやはり圧巻。ブランクの影響をまったく感じさせず、わずか15分の出場で22得点、7リバウンド、3アシストと支配的なパフォーマンスを見せた。

この日のエンビードは、サイズとパワーでネッツのインサイドを圧倒しながらファウルを稼ぎまくり、合計で18本のフリースローを獲得(14本に成功)。同時に、ミドル~ロングツーやドライブからの片足フェイダウェイ、ペリメーターでのプレイメークなど、柔軟な面も披露した。15歳でバスケを始め、過去3年間であまり実戦経験のない23歳の若手選手とはとても思えない

「コートに復帰し勝利を手にできて、最高の気分。未来は明るい #TheProcess」
– ジョエル・エンビード

▼ノーカウントだったが…

133-114で快勝したシクサーズは、エンビードの他に、ダリオ・サリッチが5本のスリーを沈めてゲームハイの26得点、9リバウンド、3スティールをマーク。敗れたネッツでは、ディアンジェロ・ラッセルが24得点を記録している。

ボックススコア:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑