ブログ ジョナサン・シモンズ FA

Published on 7月 14th, 2017 | by Tunaパスタ

4

スパーズのジョナサン・シモンズが制限なしFAに

『The Vertical』によると、サンアントニオ・スパーズが現地13日、フォワードのジョナサン・シモンズに提示していたクオリファイングオファーを取り下げた模様。これによりシモンズは制限なしのFAとなる。

昨季レギュラーシーズンのシモンズは、78試合の出場で6.2得点、1.6アシストを平均。活躍の機会がさらに増えたプレーオフでは守備でも大貢献しながら、カワイ・レナードの負傷離脱後はラマーカス・オルドリッジに次ぐチームの得点源となっていた。

正直なところ、今回のニュースは驚きだ。昨季でNBA2年目を終えたばかりのシモンズは「ギルバート・アリーナス条項」の対象で、もし制限付きFAのままだった場合、他のチームがオファーできる契約1年目サラリーは、ノン・タックスペイヤー・ミッドレベル例外条項(来季は約840万ドル)の金額が上限(2年目は1年目サラリー+4.5%)。キャップスペースに余裕のあるどこかのチームがよほどの高額オファーをふっかけてこない限り(3年目にサラリーが跳ね上がり、平均年棒が1300万ドルを超えてしまうようなオファー)、スパーズはオファーシートにマッチして、シモンズを引き留めるものとばかり思っていたが…。

なおESPNのAdrian Wojnarowski記者によれば、スパーズは同日にFAのブランドン・ポールとの契約に合意。ポールは昨季をトルコのアナドル・エフェスSKでプレイした26歳のガードで、今年のラスベガス・サマーリーグにはクリーブランド・キャバリアーズとして参加した。

一方でシモンズは、さっそく複数のチームと契約交渉を始めているという。

参考記事:「Yahoo Sports

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    あんまりいいオファーがこなかったから自由に契約してお金をつかんでこいってゆうスパーズの優しさですかね?だとしたらめちゃめちゃかっこいいですけど…年齢的にのびしろがないって判断されたのかな?他のチームに

  • お茶

    シモンズといいディアウといいスパーズ経験組のFAはこれからの市場で人気になりそうですね
    強豪チームはほしがりそう

  • 36s

    ???
    なんだかんだセカンドで出てくるシモンズは流れ変えられる選手で安いしお得だと思うんですけどね。

    完全にチーム入れ替えなのかなぁ。
    レナードは取るもん取ってるしいいのか。。。

  • しょー

    オーランドに決まりましたね…寂しいです。でもポテンシャルは高いので自分の価値を高められたらいいですね。頑張れシモンズ!

Back to Top ↑