ブログ %e3%82%b1%e3%83%93%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%96-%e8%a8%98%e9%8c%b2

Published on 11月 24th, 2016 | by Tunaパスタ

6

ケビン・ラブ、ピリオド34得点で球団新記録樹立!!

クリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブが現地23日、本拠地で行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦の第1Qだけで8本のスリーを含む11本のFGを成功させ34得点を獲得。ピリオドにおける得点でキャブス史上最多、かつクレイ・トンプソンに次いでNBA歴代2位、さらに第1Qにおける得点で歴代リーグ最多の大記録を打ち立てた。

▼NBAピリオド最多得点記録

得点 シーズン
クレイ・トンプソン 37 2015
ケビン・ラブ 34 2016
カーメロ・アンソニー 33 2008
ジョージ・ガービン 33 1978
デビッド・トンプソン 32 1978

ラブにとって34得点は、キャブス移籍後での1試合最多得点タイとなる。

ラブの記録的な大活躍で、第1Qを46-31でアウトスコアしたキャブスは、その後も二桁リードを維持して137-125で快勝。ラブは第2Q以降にFG成功6本中1本と失速し、最終的に40得点をマークした。

Q1 Q2 Q3 Q4
POR 31 29 32 33 125
CLE 46 35 31 25 137

この日のキャブスは、前半だけでハーフにおけるNBA新記録となる16本のスリーに成功。ラブの他には、レブロン・ジェイムスが31得点、13アシスト、10リバウンドでキャリア通算44回目(歴代6位タイ)のトリプルダブルを獲得している。

シーズン8勝9敗でウェスト9位に転落したブレイザーズは、デイミアン・リラードが40得点、11アシスト、7リバウンドで大奮闘した。

▼レブロン、44回目のTD

なお1試合で2選手が40得点以上、さらに1選手が30得点以上でのトリプルダブルを同時に記録したのは、1977年4月のデンバー・ナゲッツ対ニューオリンズ・ジャズ戦以来初となる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑