ブログ ケンタビアス・コールドウェル・ポープ レイカーズ

Published on 7月 13th, 2017 | by Tunaパスタ

4

ケンタビアス・コールドウェル・ポープ、1年契約でレイカーズへ

ロサンゼルス・レイカーズが今夏FAでようやく大きな動きを見せた。

ESPNによると、シューティングガードのケンタビアス・コールドウェル・ポープ(KCP)が現地11日にレイカーズとの契約に合意。オファー内容は1年/1800万ドルだという。

この1年という短期間の契約は、双方にとってウィンウィンと言える。もちろんKCPにとっては長期契約がベストシナリオだったはずだが、ピストンズからの5年/8000万ドルのオファーを蹴ったものの、今夏のFAマーケットが予想以上にタイトで、他のチームから満足のいくオファーを得られない状況だった。これで来季レイカーズで好成績を残せば、再びFAとなる2018年夏に長期の大型契約を手にできるかもしれない。

一方のレイカーズにとっても、スターターレベルの3&Dウィング選手の獲得で来季ロスターの戦力アップに成功しただけでなく、契約を1年にすることで、大本命のポール・ジョージやレブロン・ジェイムスがFAとなる来夏に十分なキャップスペースを確保できるようになる。

昨季のKCPは76試合の出場で13.8得点、3P成功率35%を記録。コーナースリー以外のロングレンジはあまり安定していなかった印象だが、ボールプレッシャーやスクリーン回避などペリメーターの守備が上手く、レイカーズにとっては、昨季にSGポジションを務めたニック・ヤングやジョーダン・クラークソンから大きなアップグレードになりそうだ。

▼KCP on スプラッシュブラザーズ

レイカーズは低迷期脱出に向けて確実に前進している。今のウェスタンカンファレンスの勢力図を考えると、来季のプレーオフ進出は厳しいかもしれないが、ロンゾ・ボール/KCP/ブランドン・イングラム/ジュリアス・ランドル/ブルック・ロペスのラインアップは面白いバスケを見せてくれそうだ。

Image by Keith Allison

参考記事:「ESPN

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    デンやモズコフへの長期契約を考えると、この契約はうまくやったという印象ですね
    レイカーズは微速前進といったところですが、守備は長らく改善していないし来季もその点望み薄ですね
    ジョージにはレイカーズファンとしてきて欲しいけど、NBAファンとしてはラスとのデュオを長くみていたいジレンマです

    • どの道レイカーズは来季のキャップスペースを埋めなくてはならなかったので、KCPは残っていたFAでベストオプションだったと思います。
      ポール・ジョージはどうなりますかね?今のところ来夏FAでロサンゼルス移籍が有力っぽいですが、もしサンダーがWCFまで進むかウォリアーズ相手にシリーズ第7戦まで持ちこむようなことになればどうなるか分かりません。

  • GEORGE

    着々と2018年に向け再建してますね。戦力的には今年も我慢の年になりそうです。
    レイカーズには2018年ドラフトの権利がないのが痛いところですね。

    • 2018年のFAでビッグネームを2人獲得できれば、すぐにプレーオフチームへと返り咲く可能性もありそうですね。ロンゾやイングラムの成長も凄く楽しみです。

Back to Top ↑