ブログ ケンバ・ウォーカー 52得点

Published on 1月 19th, 2016 | by Tunaパスタ

6

ケンバ・ウォーカーが52得点でホーネッツ球団新記録を樹立

シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーが現地18日、本拠地タイムワーナー・ケーブル・アリーナで行われたユタ・ジャズ戦で、キャリアハイの52得点をマーク。ホーネッツの球団最多得点記録を新たに樹立した。

ダブル・オーバータイムに及んだ18日の試合で、ウォーカーは6本のスリーを含む34本中16本のFG、15本中14本のフリースローに成功。さらに9リバウンド、8アシストを記録した他、第4Q~2TOの正念場では21得点を挙げ、ホーネッツを124-119での勝利に導いた。

ホーネッツの選手が50得点以上を記録したのは、今回のウォーカーが26年の球団史上で初。今季リーグではステファン・カリー(53得点)、ジミー・バトラー(53得点)、ジェイムス・ハーデン(50得点)に続いて4人目の50点超えとなる。

ウォーカーにとって記念すべきパフォーマンスとなったわけだが、試合後のコートサイドインタビューでは、「自分に腹を立てている。大事な場面でたくさんのミスを犯してしまった。チームのベストプレーヤーの一人として、ああいったミスは許されない」と自分に厳しいコメントを残した。

▼ホーネッツの歴代得点記録

得点 シーズン
ケンバ・ウォーカー 52 2016年
グレン・ライス 48 1997年
ラリー・ジョンソン 44 1995年
スティーブン・ジャクソン 43 2010年

ウォーカーは最近行われたSI誌のインタビューで、昨季からシュートフォームを少し変えたと語っていた。

「昨年はシュートを打つとき、ボールを顔の正面に置いていた。それで今は、ボールが目の前にこないよう、少し右にずらすようにしている」
– ケンバ・ウォーカー

今季のウォーカーはシューティングが大きく改善されており、平均得点(19.9)、FG成功率(43.3%)、3P成功率(37.6%)、FT成功率(85.6%)でキャリアベストの数字を記録している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • とりまる

    ウォーカーはTOが少ないのも良いですよね。
    勝負強い選手なので、頼りがいがあります。
    ジャズは昨季ほどのDFが見受けられませんね。ゴベールの一時離脱もあったためでしょうか…?
    ホーネッツも、ポテンシャルは高いと思うんですが、カミンスキーは少し期待外れだったですかね?

    • 確かに出場時間やユーセージを考えると、ウォーカーのTOは他のガード達よりもかなり少ないですね。このままシューティングが良くなっていけばオールスターも夢じゃありませんね。
      ジャズのディフェンスは、スターターの怪我が大きいと思います。ゴベールもシーズンの半分を欠場していますし。

      ホーネッツは徐々に調子が落ちてきましたね。ギルクリストが復帰すればディフェンスがもっと改善されるはずですが。
      カミンスキーはどうでしょうかね。悪くないとは思います。ビッグマンにしてはパスやボールハンドリングが上手いですが、ディフェンスとリバウンドがもう少しできれば…。

  • SW

    GSW vs CAVSレポもお願いします!うしし(^_−)−☆

  • さとし

    NBAのHPでも、彼は記録を塗り替えたと書いてあったのですが、
    今のシャーロット・ホーネッツって、元はボブキャッツで、90年代のホーネッツは今のペリカンズだから別のチーム・・・というのは違うのでしょうか。
    歴史って、チーム名で引き継がれるものなのでしょうか。
    ほんとによくわからないので、どなたか教えてください・・・

    • とりまる

      これ複雑なんですよね(笑)
      時系列でいうと、シャーロット·ホーネッツ(現在のペリカンズ)が、ニューオーリンズに移転。
      チームの名称を、ニューオーリンズ·ホーネッツとします。その後、シャーロット·ボブキャッツが発足。で、2012年に、ニューオーリンズ·ホーネッツは、ニューオーリンズ·ペリカンズに、シャーロット·ボブキャッツは、シャーロット·ホーネッツに改称。
      つまり、「90年代のホーネッツ」は、現在の「ペリカンズ」なので、「現在のシャーロット・ホーネッツ」とは別のチームです。
      ホーネッツという名前を引き継いでいる理由は、正直知りませんm(_ _)m
      地元のファンの人の意見もあったんですかね。

    • 2014年にボブキャッツがホーネッツの名前を取り戻した際は、現ペリカンズがシャーロットにいた頃の歴史と記録を引き継ぐというのが契約条件の一つでした。なので今のシャーロット・ホーネッツの公式記録は、1988年~2001年(厳密には現ペリカンズの記録)と2004年~現在(ボブキャッツ)の両方となります。
      反対にペリカンズの公式記録は、ニューオリンズに移転して以降の2002年~現在となっています。
      チーム名と共に球団の歴史が引き継がれるかどうかはケースバイケースだと思いますが、仮にシアトルにこの先チームができたとして、再びスーパーソニックスを名乗ることになれば、OKCのシアトル時代の記録は新チームに移るかもですね。

Back to Top ↑