ブログ ケビン・デュラント 歴代ベスト5

Published on 9月 9th, 2015 | by Tunaパスタ

7

ケビン・デュラントが選ぶ歴代NBAのベストスターティング5

歴代NBAレジェンドたちの中から史上最強の先発メンバーを作るとしたら、どの選手を選ぶ?NBAファンなら誰もが一度は考えたことのあるだろうトピックだ。

Nikeの新作シューズ「KD8」のプロモーションツアーでヨーロッパを訪問中しているサンダーのケビン・デュラントが、スペインのNBA情報サイト『NBA Maniacs』の独占インタビューでこの質問に答えた。

「とても良い質問だね。まずはチームの基盤として、類まれなサイズとコートビジョンを持ち合わせ、トリプルダブルマシンであるマジック・ジョンソンを選ぶ。シューティングガードには、5度の優勝を果たしたレジェンドのコービー・ブライアント。彼は人生の半分をNBAで過ごしているんだ!3番はマイケル・ジョーダン。ラリー・バードには申し訳ないけど、コービーに席を譲ってもらう必要がある。パワーフォワードは、カール・マローンとティム・ダンカンで迷うところ…。選手寿命の長さと安定感、コート上でのインパクトを考慮して、ティム・ダンカンを選ぼう。センターはシャックだ」
– ケビン・デュラント

デュラントの歴代ベスト5は、マジック・ジョンソン、コービー・ブライアント、マイケル・ジョーダン、ティム・ダンカン、シャキール・オニールのラインアップ。

ラリー・バードやレブロン・ジェイムスではなく、ジョーダンを3番にスライドしてまでコービーを入れてきたあたりに、デュラントのコービー愛を感じる。デュラントは以前にも、コービーを「スキルの面ではジョーダンと並んでNBA史上トップ」と評価していた。

さて、デュラントが選んだ先発メンバーに対抗できそうなラインアップは、果たして存在するだろうか?

PGレブロン・ジェイムス、SGケビン・デュラント、SFラリー・バード、PFケビン・ガーネット、Cアキーム・オラジュワンの5人なら、かなりいい勝負ができるはず。SGはドウェイン・ウェイドでも面白そうだが、サイズとアウトサイドシュートを重視すると、デュラントをSGで起用するのが理想的かもしれない。レブロンをSF、バードをPFにして、PGにジョン・ストックトンやスティーブ・ナッシュを入れたい気持ちもあるが、それだとやはりディフェンス面でのミスマッチが不安だ。

※   ※   ※

またデュラントは同じインタビューの中で、「来季の目標はチャンピョンシップ。個人的なアワードもけっこうだが、そのことは考えていない」とコメント。「ウェスタンカンファレンスで最大のライバルは?」という質問に対しては、グリズリーズとスパーズを挙げた。

なおデュラントは、ヨーロッパでも相当な人気があるらしい。ツアー最初の目的地のマドリードでは、2014年リーグMVPの姿を一目見ようと、大勢のファンたちが集まったようだ。

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「Yahoo Sports

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    たしかコービーとデュラントといえば北京だかロンドンオリンピックのときに休日にジムにトレーニングにいって、そのときに乗ってたバスにコービーがいたとかいうエピソードがありましたね。あれ?ツナさんの記事でしたっけ?それにしてもデュラントはコービー大好きですね。なんか自分も嬉しくなりました。\(>_<)/

    • 確かに北京五輪USA合宿でのエピソードは以前記事にしました笑。結構前の記事でしたが、覚えてもらえていてうれしいです!
      コービー、デュラント共に、来季こそは怪我がないように活躍して欲しいですね。

  • hjk

    レブロンをPG、KDをSGって言ってるけど、できる能力があるってだけでナチュラルポジションで起用するのが一番だと思うけどな。そもそもナチュラルポジションがPGのトッププレイヤーとレブロン比べたら前者が勝るだろ

    • 個人的な意見ですが、ポジションは1番~5番で考えるよりも、「メインのプレーメーカー×1、ウィング×2、ビッグマン×2」で考えた方が柔軟なラインアップが組めると思うんですよ。それで、デュラントが選んだスタメンとのマッチアップを考慮する際、マジックと真っ向勝負できるボールハンドラーは、サイズとスキル的にレブロンくらいしかいない気がします。

      レブロンなら、フロントコートもこなせる身長206cmのマジック相手でもディフェンス面でミスマッチになりませんし、その気になれば1番~4番までガードすることができます。典型的なPGだとこうはいきません。
      プレーメーカーとしても、レブロンはキャリア平均アシスト数で、ゲイリー・ペイトンやトニー・パーカー、ステファン・カリーといった超1流のPGたちを上回っています。

  • おてつ

    マジックジョンソンじゃなくレブロンを1番で使って欲しいけどなぁ。
    同じくらいトリプルダブルしそうだけど。
    でもデュラントくらいコービーに対する思い入れや尊敬を加味するとこのメンバーとこのポジションがロジカルで最強でしょうねぇ!
    ダンカン、シャックを選択した時点でマジックジョンソンやジョーダンのリバウンド力は必要ないしね。
    お忙しいとは思いますが他のプレイヤーが選んだベスト5の記事などありましたら教えて下さい

    • マジックorレブロンは難しいところですね。レブロンに80年代ショータイムレイカーズレベルのチームを与えれば、とんでもないことになりそうです。
      確かにダンカン&シャックのフロントコートからリバウンドを奪うのは不可能に近いですね。そもそもジョーダンとシャックが同じチームな時点で勝ち目がなさそう…
      他のプレーヤーのベスト5も探してみます!

  • kobeeeeeeeeeeeeeeeee

    コービーの復活を期待しているのですが、もう無理なのでしょうか。
    NBAどころかバスケにすら興味なかった中学生時代にたまたま、セルティックスとレイカーズの決勝を観て、なんて凄い、そして素人の私ですらも引きつけられるプレーの数々。
    ジョーダンも言ってたように、コービーには負ける可能性があると言わしめたほどのプレイヤーですので、来シーズンの復活、そして引退までにもう一度リングを取ってほしいです。

Back to Top ↑