ブログ ケビン・ガーネット ディフェンシブリバウンド

Published on 12月 13th, 2015 | by Tunaパスタ

2

ケビン・ガーネットが通算ディフェンシブリバウンド数で歴代1位に!!

ミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ガーネットが、現地11日のデンバー・ナゲッツ戦でキャリア通算11,409本目となるディフェンシブリバウンドを獲得。元ユタ・ジャズのカール・マローンを追い抜き、歴代NBAのディフェンシブリバウンド記録を更新した。

▼マローン超えの瞬間

▼通算ディフェンシブリバウンド数歴代トップ5

DRB キャリア
ケビン・ガーネット 11,409 21
カール・マローン 11,406 19
ティム・ダンカン 11,040 19
ロバート・パリッシュ 10,117 21
アキーム・オラジュワン 9,714 18

なお、オフェンシブリバウンドとディフェンシブリバウンドがそれぞれ別々に記録されるようになったのが1973-74シーズンからだったため、ウィルト・チェンバレンやビル・ラッセル、カリーム・アブドゥル・ジャバーら史上屈指のリバウンダーたちは上記のリストに入っていない。

総合リバウンド数の歴代記録だとKGは現在9位につけている。

▼通算リバウンド数トップ10

TRB キャリア
ウィルト・チェンバレン 23924 14
ビル・ラッセル 21620 13
カリーム・A・ジャバー 17440 20
エルビン・ヘイズ 16279 16
モーゼス・マローン 16212 21
カール・マローン 14968 19
ティム・ダンカン 14828 19
ロバート・パリッシュ 14715 21
ケビン・ガーネット 14612 21
ネイト・サーモンド 14464 14

例えディフェンシブリバウンドだけでも、あのマローンを追い抜いたというのは本当にすごい。

▼KG(26歳) vsマローン(39歳)、2003年

Image by Keith Allison/Flickr

データ:「Basketball Reference

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    KGいいなぁ〜。しかしチェンバレンとラッセルが凄すぎる…

    • 確かにウィルトとラッセルは圧倒的ですね。ただ昔はペースが比べ物にならないくらい速く、ショットミスも多かったのが大きいかもしれませんね。
      今季リーグの1試合平均チームリバウンド数は約44本ですが、2人が全盛期だった50年前は今より約5割増しの67~68本でした。

Back to Top ↑