ブログ コービー 44得点 ウォリアーズ

Published on 11月 18th, 2014 | by Tunaパスタ

6

コービー44得点もレイカーズ惨敗、J.リン「コミュニケーション、信頼、努力の欠落が問題」

現地16日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で、コービー・ブライアントは最高にコービーらしいアグレッシブなプレーをみせた。

31分の出場時間で34本中15本のシュートを成功させ、第3Q終了までに44得点を獲得。2009年以来初となる50得点到達まであとわずかというところだったが、第4Qにコービーがフロアに戻ることは1度もなかった。なぜなら第3Q終了時点でウォリアーズに36点の大量リードを奪われており、とっくに決着はついていたからだ。

序盤からエンジン全開だったウォリアーズは、試合開始わずか8分にして17点のリードを奪取。その後も一切攻撃の手を緩めることなく、見るに耐えないレイカーズ大虐殺を展開し、最終的に136点を挙げて完全勝利を収めた。

▼11月16日、レイカーズ対ウォリアーズ戦ハイライト

この日のウォリアーズはペイントエリア内で54点をスコアして、6選手が二桁台の得点をマーク。ステファン・カリーは30得点、15アシストでチームを牽引し、控えフォワードのマリース・スペイツは24得点を記録した。またボールムーブメントも非常に良く、チームトータルで36アシストを挙げている。

一方のレイカーズはターンオーバーこそ少なかったものの、コービー以外のスターターが精彩を欠き、4人の合計でフィールドゴール35本中10本成功のわずか27得点。ディフェンス面でもウォリアーズに簡単なレイアップを許す場面が何度もあり、この日のレイカーズからはチームケミストリーが微塵も感じられなかった。

▼以下、すべて35秒間での出来事

 

コービーは34本という大量のシュートを放ったことについて、次のようにコメント:

「そんなにシュートを打たなくても済むのなら、そのほうがいい。だが、目の前で起こる惨劇を何もせずに傍観するわけにはいかないんだ」

コービーは14日のスパーズ戦で14本中1本というキャリアワーストのFG成功率を記録し、レイカーズは敗北した。反対にウォリアーズ戦では山ほどシュートを打ち山ほど得点を決めたが、それでもチームは惨敗。

ジェレミー・リン レイカーズ

0得点に終わったジェレミー・リン

試合後のレイカーズロッカールームには、これまでにないほど落胆した表情でチームの現状を語るジェレミー・リンの姿があった。

「攻守両面で協力し合ってプレーしなくてはならない。それがバスケットボールだ。もし僕が個人的なことを気にかけながら試合に臨めば、それはチームにとって有害となる」
– ジェレミー・リン

さらに、簡単なフィールドゴールを大量に許してしまった原因について:

問題はとても根が深い。今は正しく機能していない部分がたくさんある。最初に思いつくのは、コミュニケーション、信頼関係、そして努力。この3つだね
– ジェレミー・リン

今季のレイカーズは予想よりもはるかに深刻な泥沼にはまり込んでいる。

参考:「YouTube

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑