ブログ レイカーズ ウォリアーズ プレシーズン1

Published on 10月 10th, 2014 | by Tunaパスタ

0

レイカーズvs.ウォリアーズ コービーがスティールから復帰後初ダンク

コービー・ブライアントの本拠地復帰戦となった9日のゴールデンステイト・ウォリアーズ対ロサンゼルス・レイカーズ。コービーは序盤から迫真のプレーを披露し、試合には敗北したものの、エースのカムバックを心待ちにしていたステイプルズ・センターの観客を大いに沸かせた。

第1Qには鬼気迫るアグレッシブなディフェンスで2ポゼッション連続のスティール。

さらに十八番のフェイダウェイ・ジャンプショットも何本か決めた。

▼コービー・ブライアント、ウォリアーズ戦ハイライト

この日のコービーは23分の出場で15得点、3アシスト、3スティールを記録した。

100点満点のパフォーマンスにはまだ遠い。だが、フットワークやオフザボールの動きは軽快で、パスやプレーメイキングも良かった。ポストアップすれば、高い確率でヘルプディフェンスを引き寄せ、相手の守りに隙を作る。何歳になっても、やはりコービーはコービーだ。

試合はスプラッシュブラザーズの活躍により、ウォリアーズが120-105で快勝。ステファン・カリーとクレイ・トンプソンの2人は合計で10本中8本のスリーポイントを沈め、45得点を獲得した。

▼クレイ・トンプソン、ハイライト

▼“ザ・カリー”なスリーポイント

 

今季のウォリアーズは、スティーブ・カー新HCのオフェンスシステムにより、ボールが非常に良くローテーションしている印象だ。

Thumbnail via YouTube

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑