ブログ レブロン ウェイド 再結成

Published on 1月 1st, 2015 | by Tunaパスタ

8

レブロン・ジェイムスが「ウェイドとの再結成」発言について釈明

レブロン・ジェイムスが来年にドウェイン・ウェイドとチーム再結成!? 現地31日の大晦日、NBAフォロアーたちの間でそんなクレイジーな憶測が駆け巡っていた。きっかけとなったのは、クリスマスに行われたクリーブランド・キャバリアーズ対マイアミ・ヒートの試合で、レブロンがウェイドに告げたとされる一言だ。

クリスマスゲームの試合後、コートの上でハグを交わしてしばし会話する大親友の2人。この時レブロンはユニフォームで口元を隠しながら小声でウェイドに何か語りかけていたのだが、その音声が側にあったマイクにより微かに拾われていた。

「また一緒になって(reunite=再結成して)、もっとデカくて素晴らしいことをやろう
(We’re gonna reunite again and do some bigger and better things)」
– レブロン

この音声を含んだ映像は25日にNBAの公式YouTubeアカウントで公開され、その翌日にマイアミ・ヒートのファンベースサイト「Heat Nation」が会話の内容を指摘。そして31日に海外掲示板RedditのNBA板で爆発的な話題となり、すぐにTwitterや大手スポーツメディアへと拡散していった。

ネット上ではさまざまな憶測が飛び交った。「また一緒になって、もっとデカくて素晴らしいことをやろう」と言ったのは間違いなさそうだが、その前後が不明瞭で、「reunite」という言葉が何を指しているのか明確ではない。「ウェイドとチームを再結成する」という意味合いにも取れるが、他にも「2016年オリンピックのチームUSAで再結成」の可能性もある。

そもそも移籍の策略を2人で練るつもりならば、絶対にプライベートでやるはずだ。スキャンダルのリスクを冒してまで、こんな公の場で語るとは思えない。

これを受け、レブロンは31日の試合前にこの件に関してコメント。reuniteの発言自体は否定しなかったものの、「バスケットボールとは関係ないこと」と釈明した。

「みんなと同じように、俺もその映像を見た。最初の部分で何を言っていたのか自分でも良くわからない。『また一緒になって、もっと大きくて素晴らしいことをやろう』、こう言ったのは確かだな。でもこれはバスケットボールとは何も関係ない。だって、もし本当にウェイドに再結成の話を持ち掛けるつもりなら、前の晩にやってたさ。しっかりしてくれよ、みんな。俺はそんなに馬鹿じゃない。大学には行っていないが、馬鹿じゃないんだ。クリスマスの日に無数のテレビカメラを前にして、そんなことを言うわけがないだろう。もしそんなことをウェイドに告げるのなら、前の晩に彼の家でやってたよ。まあこれは俺個人の意見だから、みんなが言いたいこともわかる。だけどクリーブランドを去って、ウェイドとチームを組み直すなんてのはまったくの見当違いだ。バスケットボール以外のことについて話していただけに過ぎない。みんなバスケットボールに深く関連付けようとするけど、知っての通り俺たちの友人関係はバスケットボールよりもずっと大切なものなんだ。仮に俺たちがまたチームを組んだとしても、あの4年間よりも大きくて素晴らしいものにはなり得ないさ。いや、もうなんだっていいや。クレイジーだ」
– レブロン・ジェイムス(via @mcten/Twitter

参考:「Reddit

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • wits1022 .

    今年もとても興味深く、ディープな
    記事をありがとうございます!
    少しレブロンがゲームに集中できていないような気がしました。クリスマスだからでしょうか?
    最後のロングシュートも一本目は入りましたが、あそこまで極端なことをするとは思いませんでした。
    しかしレブロンは同期というのもあり、ウェイドと本当に仲が良いですね。お互いにリスペクトし合っているのが見ていて伝わってきます。

    • ありがとうございます!
      確かにクリスマスゲームの最後はギルバート・アリーナスが憑依していました…。

      最近のレブロンは体が悲鳴を上げていたようですね。検査の結果、膝と腰の負傷と診断され、~2週間程度の離脱だそうです。過去4年間で毎年6月までプレーしてたので無理もないのかなと思います。どうやらレブロンも人間だったようで、寂しく思う一面、どこか安心しました。

  • 龍 辰巳

    あけましておめでとうございます。今年も面白い記事をガンガンお願いします!笑

    再契約前提とはいえ2年契約で、キャブスも期待値を考えるとまるで物足りない成績ですから、こういう憶測が出るのもしょうがないですね。
    ただまぁ、単に再結成するだけなら別にレブロンが出て行かなくても、ウェイドがクリーブランドに来る形でもいいのでは?なんて逆転の発想をしてみたり。笑

    2週間離脱のニュースはつい今しがた目にしたのですが、30歳を迎え、さしものレブロンも今まで同様の出ずっぱりをしていくのはこれから難しくなるかもしれませんね。もちろん、今までの負担を考えればここらで一休みとも言えますが。笑
    ただそう考えるとアーヴィングとラブにはもう一皮むけて欲しいですね。HCに選手が心服していないなどの噂もちらほら聞こえてくるようになりましたし…

    • おめでとうございます!昨年はたくさん声をかけていただきありがとうございました。今年もいろいろコメントいただけたら嬉しいです

      言われてみれば、ウェイド→キャブスの方がまだ可能性があるかもしれませんね笑

      開幕から2ヵ月経ちましたが、キャブスはなかなかリズムをつかめませんね。現時点でイースト5位とは驚きです。シーズンは長いですし、まだ焦る必要はないのですが…。ヒートのビッグスリーも最初は10勝9敗でスタートしましたし、同じくリムプロテクトが弱点とも散々言われていましたし。

      ただキャブスの試合を見ても正直面白くないんですよね。むしろイライラするというか。あれだけのタレントが揃いながら、脅威を感じないんですよ。ヒートも最初はかみ合わず苦労していましたが、それでもダントツのダイナミックさがありました。

      ラブのような優秀なプレーヤーが、スポットアップシューターのような感じでオフェンス4番手として扱われているのを見るのは辛いです。もっとピック&ロールやセットプレー、ポストプレーに絡めていって、本来の持ち味を活用してほしいですね。

      確かにブラッドHCと選手たちに溝があるみたいな報道もみました。レブロンの休養を機に1度リフレッシュして、シーズン後半戦でギアを上げてくることに期待したいです。

      • 龍 辰巳

        確かに、レブロンとウェイドの速攻のような圧倒的なものはないですよね。勝ちが増えてきたのもレブロンを司令塔にしてアーヴィングとラブをより脇役的な使い方するようになってからですもんね。

        確かにもっとラブを絡めて戦わせるのがいいですよね、リバウンド数がかなり平凡な数字に落ち着いてしまってますし。いくらスリーも持っているとは言っても…

        やはりヒートのビッグ3と比べると、攻守共に完成度はまだまだですね。アーヴィング&ラブがまだウェイド&ボッシュに及ばないからなのか、サポーティングキャストの差なのか、HCの戦術の差なのか…ない頭を悩ませて分析するのも楽しいといえば楽しいです。笑

        ただ正直3人のプレースタイルは理想的に噛み合うと思っていたので、確かに見ていてちぐはぐで面白くない感はありますよね。

  • 一番搾り

    あけおめです。
    いつも楽しく拝見してます。
    う~ん。
    キングのマイアミはないだろうから、ウエイドまさかの、『クリーブランド移籍』それなら有りうるのかな(~_~;)
    いや、それじゃあ、ボッシュが可愛そうだし、マイアミファンとクリーブランドファンの関係が広島と阪神みたいになりそう(取った取られたのw)

    オリンピックでの再結成は、まずないだろうし、現実的にはオールスターでの結成かな(^-^)
    いずれにせよ、今シーズンに限ればキングの移籍で、マイアミもクリーブランドもまだ、良い結果はでてなく喜んだのは、絶対王者がいなくなり隙を掻い潜った、アトランタとトロントだけ。(あと若干シカゴ)
    実際、キングをパサーで使うか、スコアラーで使うか結果で見ると、スコアラーで使うべきなのは明白。キングのパスは上手いが、合わせる配達員が脆弱で、暮れあたりから、トリスタンとの絡みはエキサイティングだったが、所詮単発。
    思いきって、カイリーを2番に据えて、ゲームメイカーを獲得した方が活きるのではないかな。となると、やっぱりラブは、いらなかった。
    キャップを空けて、ロンドを獲得していれば、今頃、90年代のブルズの再来になったのでは?まあ、たらればの話だけどw
    すると、ラブはシカゴにwww

    • おめでとうございます!いつもありがとうございます。
      まあ、レブロンもウェイドも恐らくそのままでしょうね。特にウェイドが他のユニフォームを着るというのは想像できません。ただピアースも生涯セルティックスだと思っていたので、可能性はありますが…。

      レブロンはプレースタイルが戻りましたね。せっかくヒート時代にあれだけポストアップやオフ・ザ・ボールでの動きを磨いて完全完璧なプレーヤーになったのに、それがどこかに消え去りました。また第1次キャブスレブロンに戻った印象です。本人がそれを望んでいたのかな?

      とにかく今のキャブス(レブロン)はシンプルなピック&ロールからのポケットパスやアイソレーションなど、単調なオフェンスばかりで、期待されたブラッドHCのプリンストン流モーションオフェンスは影も形もありません。正直、開幕前は歴代屈指のダイナミックなオフェンスが見れると思っていたのでちょっと残念です。

      ラブももったいないです。彼のような選手をペリカンズのライアン・アンダーソンのように使うのはさすがに贅沢すぎです。

      ただ最大の問題はやはりディフェンスなんですよね…。

      • 一番搾り

        確かにケミの悪さがディフェンスにでてますね。元からインサイドの弱さが見え隠れしてましたが(~_~;)
        何か、キングがいた頃のマイアミみたいですw
        ライアンに関しては個人的に応援してます。あのプライベートのトラブルからよく立ち直ったなと…………。
        やっぱ、ラブは、移籍先を間違えたんですかね。

Back to Top ↑