ブログ レブロン ウィルト

Published on 11月 16th, 2018 | by Tunaパスタ

0

レブロンがウィルト超えで歴代5位に

レブロン・ジェイムスがついに歴代トップ5入りだ。

レブロンは現地14日、ステイプルズ・センターで行われたロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦でシーズンハイの44得点、10リバウンド、9アシストを獲得して、チームを勝利に牽引。キャリア通算得点(3万1425点)でウィルト・チェンバレンの記録を追い抜き、33歳の若さにして歴代5位に浮上した。

▼歴代得点ランキング

プレイヤー 通算得点
1 カリーム・A・ジャバー 38387
2 カール・マローン 36928
3 コービー・ブライアント 33643
4 マイケル・ジョーダン 32292
5 レブロン・ジェイムス 31425
6 ウィルト・チェンバレン 31419
7 ダーク・ノビツキー 31187

「(チェンバレンは)シャックと並んでバスケットボール史上最も支配的な選手の一人。最も偉大なレイカーズの一人でもある。100点ゲームを達成した選手。NBA史上最高のスコアラーであり、リバウンダーの一人だ。どんなスポーツもこなせるアスリートであり、当時では前代未聞の存在だった」
– レブロン・ジェイムス

レブロンは4位のマイケル・ジョーダンとわずか800点差ほどで、今のペースを維持すれば今季中に歴代4位に浮上する可能性が高い。

レイカーズはこの日のブレイザーズ戦に126-117で勝利し、タイソン・チャンドラーが加入してから4連勝を記録している。

ボックススコア:「NBA

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑