ブログ レブロン ジャンプショット

Published on 1月 11th, 2016 | by Tunaパスタ

2

レブロンがハイライトプレー連発で37得点、ようやくシュートタッチも回復か

現地10日にウェルズファーゴ・センターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ対フィラデルフィア・76ers戦は、レブロン・ジェイムスが37得点、9アシスト、7リバウンドのオールラウンドパフォーマンスでチームを牽引。キャブスが95-85で勝利し、シクサーズとのシーズンシリーズを4勝0敗でスイープした。

前半FG成功率62.5%の14得点と、好調な出だしを切ったこの日のレブロンは、後半に入ってからさらにスコアリングが加速。ミドル~ロングレンジショットやファーストブレイクのダンクなどで得点を重ね、第3Qだけで11得点を挙げると、キャブスの3点リードで迎えた第4Q残り7分30秒からチーム14得点中12得点を1人で獲得し、試合をテイクオーバーする。

この試合でレブロンは、3本のスリーを含む22本中15本のフィールドゴールに成功。キャブスは他に、ケビン・ラブが15得点、15リバウンド、7アシスト、トリスタン・トンプソンが10得点、7オフェンスリバウンドで勝利に貢献した。

敗れたシクサーズは、ジャリル・オカフォーがチームハイの21得点、イシュ・スミスが18得点、10アシストのダブルダブルを記録している。

レブロンのジャンプショットが復調?

開幕から最初の28試合ではシューティングスランプに苦しみ、ペイントエリア外のFG成功率で平均28.6%を記録。「リーグワーストのハイボリュームシューター」などとメディアで取り上げられていた今季のレブロンだが、12月29日以降の6試合ではPA外FG成功率48.4%と一気に調子を上げてきた。

▼レブロンのシューティングスタッツ

PA内 PA外 FG%
10/27~12/28
(28試合)
62.7%
203/324
28.6%
65/227
48.6%
12/29~1/10
(6試合)
71.1%
32/45
48.4%
31/64
57.8%

※PA=ペイントエリア

レブロン ショットチャート 開幕34試合

特にスリー成功率が大幅に改善している。

わずか6試合のデータなので、今後もレブロンがこの調子を維持できるかどうかは微妙なところだが、ここから1月末にかけてスパーズ×2、ウォリアーズ、クリッパーズ、ブルズなど強豪との対戦が続くキャブスにとっては非常に頼もしい傾向だ。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • CAVS! GOGO!

    レブロンのパフォーマンスの改善されてきたのは良かったです^_^
    ここからは強豪とのロードでの対決が続きますがここで勝てると本当の意味でも優勝候補と呼ばれると思うので頑張って欲しいです

    • 今月はGSW、CLE、SASのトップ3チームの直接対決が4試合あるのですごく楽しみです!レブロンのシューティングの好調子が続けばキャブスは本当に怖いですね。今週のスパーズ戦はどうなることやら…

Back to Top ↑