ブログ %e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba-%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9

Published on 10月 28th, 2016 | by Tunaパスタ

9

スパーズがキングスを破り開幕2連勝、レナードはキャリア初の2試合連続30得点超え

サクラメント・キングスの新本拠地ゴールデン1センターのオープニング試合となった現地27日のキングス対サンアントニオ・スパーズの一戦は、終盤の攻防を制したスパーズが102-94で勝利。シーズン開幕からアウェイで2連勝をあげた。

試合序盤のスパーズは、カワイ・レナード以外のスターターが、第1Qに1本もFGを決められず大苦戦。開始6分半で16-9の7点ビハインドとキングスに先手を取られるも、いつも通りセカンドユニットの投入で体勢を立て直す。この日のベンチ起爆剤となったのはドウェイン・デッドモンだった。

デッドモンは第1Qだけで8得点、2オフェンスリバウンド、2ブロックと攻守で貢献し、スパーズは第2Q開始直後で逆転に成功。その後、キングスに13-2のランを許してしまい、前半残り3分で11点リードを奪われるも、マヌ・ジノビリやパティ・ミルズ、デビッド・リーらセカンドユニットが再びステップアップして、ハーフタイムまでに4点差に巻き返すことに成功する。

▼デッドモン&リー

後半になると、キングスに再び主導権を握られ、第3Q中盤で9点ビハインドとピンチに陥ったスパーズだが、そこからカワイ・レナードが攻守でテイクオーバー。2ポゼッション続けてスティールからファーストブレイク得点を決めるなど、DPOYの実力を最大限に発揮し、試合の流れを完全に変えるファインプレーを連発。スパーズは、第3Q中盤から第4Q序盤の8分間で24-5のランを仕掛け、この日最初の二桁リードを奪う。

▼2連続スティール

その後、デマーカス・カズンズの大奮闘で、キングスはすぐに点差を縮めるが、スパーズはファウルトラブルに苦しんでいたラマーカス・オルドリッジの調子がようやく上がり始め、何とかリードを維持。それでも試合時間残り50秒で2ゴール差と、最後まで食い下がるキングスに対し、レナードがアイソレーションからロングツーのクラッチショットを沈めてとどめを刺した。

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 27 26 23 26 102
SAC 29 28 14 23 94

スパーズは、レナードが30得点、5アシスト、5スティールでチームを牽引。レナードが2試合連続で30得点以上を記録するのは、キャリア6シーズン目にして今回が初めてだ。他には、オルドリッジが16得点、デッドモンが12得点/7リバウンド/4ブロック、リーが12得点/5リバウンドをそれぞれマークしている。

この日もスパーズは、レナードに加えて、セカンドユニットが素晴らしかった。ベンチのスタッツでは、得点で43-18、リバウンドで18-2とキングスを圧倒。特にデッドモンは、終盤のクラッチタイムにもフロアに立ち続け、カズンズのマークを担当した。

▼レナードvsカズンズ

キングスは、カズンズが37得点、17リバウンドで大奮闘。ルディ・ゲイが17得点、タイ・ローソンが7得点、9アシストを記録した。

キングスは、昨季よりもチームとしてまとまりができ、守備も引き締まった印象だ。カズンズにも落ち着きがある。これもデイブ・イェーガーHCの影響力か?

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    KAWHILEONARD is SMVPand FMVP
    season Champions is the Spurp!!!
    イェー( ☆∀☆)

  • 名無し

    レナードやばすぎないですか?完全に支配してましたよ笑。
    ここまで完璧にエースの座を受け継ぐとは。やってくれますね。
    3.4年前のyahoo知恵袋なんかでは「優秀ではあるけどエースにはなれない。」みたいな意見、評価が多かったですし、私自身もそう思ってました。ここまで成長するなんて誰が予想できたか…。彼のことは引退まで何があろうとも追っかけたいです笑。

    • ですね!オフェンス面でまさかここまで成長するとは。シューティングとボールハンドリングが数年前とは比べ物にならないほど伸びましたね。

      私もスパーズファンながら、ちょっと前までは「レナードはオフェンスの中心にはなれない」などと思っていました。本当に嬉しいサプライズです。

  • ステファンカリーはバスケ史上最大のシューター

    レナードの3quarterのマクレモアに
    対するスティールは、かっこよすぎ
    です(*´・ω・`)
    2試合連続で30点5スティールとか、
    聞いたことないです笑 ただ、レナードもさることながら2ndユニットの、
    活躍も光り、レナードの孤軍奮闘状態
    ではないあたりが、全員バスケ、今のスパーズの魅力です。デッドモンにはスパーズでアスレチックビッグマンとして、支えてもらいたいですm
    ガソルは不調気味ですかね?これから
    の復調に期待します。

    • マクレモアからのスティールはえぐかったです。ドリブルすらしていなかったですからね。しかもそのまま得点に繋げるところが最高です。
      レナードのスティールの凄いところは、パスレーンのギャンブルや背後から不意を突くのではなく、正面から強引にボールを奪い取るところだと思います。

  • たー

    レナードの活躍素晴らしかったですね!!
    オフェンスだけでなくディフェンスでこんなに試合の流れを変えれる選手は他にいないのではないでしょうか。
    セカンドユニットも昨シーズンより層に厚みができた気がするので、今シーズンはもしかしてもしかするのか、、?!と期待してしまいます。笑

  • 36s

    クワイ凄いなー!!怪我だけしないように祈ってます。

    そしてキングスが結構いい感じなのが驚きでした。
    完全に再建かと思ってたんですけどね。HCってやっぱ重要だよなぁ。

  • 愚弄堕

    今期はサラッと注目されずにSASがリングを取りそうなのが半々、CLEの連覇が半々ですね
    とりあえずfinalはこの組み合わせでお願いします
    by BOS党

Back to Top ↑