ブログ レディック ロンゾ・ボール

Published on 10月 5th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ロンゾ・ボールとJJ・レディックがスリー対決

こちらは、現地3日に行われたニューオリンズ・ペリカンズのトレーニングキャンプからのワンシーン。

アンソニー・デイビスのトレードでレイカーズからペリカンズへと移籍したロンゾ・ボールが、同じく今夏FAでチームに加入した大ベテランシューターのJJ・レディックにスリーポイントショットで勝負を挑んだ。

▼チーム練習後の3P対決

2人の対決は、やはりレディックの勝利に終わった模様。それにしてもレディックのジャンプショットは美しい…。

またこの動画を見る限りでは、ロンゾのシュートフォームが以前と比べて良くなっている印象。シュートを放つ際に頭の左側にボールを振る変な癖が消えた。練習でのシュートなので、実戦でどれだけ改善されるかは分からないが、フォロースルーや足のスタンスも安定してきた気がする。

今夏のペリカンズは、長年フランチャイズの顔を務めたアンソニー・デイビスをレイカーズへとトレード放出。完全に新たなチームへと生まれ変わった。リーグを代表するスーパースターはいないものの、ロスターの層が厚い。

オールスター級の万能ガードであるドリュー・ホリデーを筆頭に、2019年ドラフト1位の超大型新人ザイオン・ウィリアムソン、レイカーズの若手コアだったロンゾ・ボールとブランドン・イングラム、リーグトップクラスのシューターであるJJ・レディック。トレードでユタ・ジャズからビッグマンのデリック・フェイバーズを獲得した他、ベンチにはイートワン・ムーアやジョシュ・ハート、ジャリル・オカフォーがいる。

▼2019-20ペリカンズのデプスチャート

  • PG:ロンゾ・ボール、フランク・ジャクソン
  • SG:ドリュー・ホリデー、JJ・レディック、ニッケル・アレキサンダー・ウォーカー(新人)、イートワン・ムーア
  • SF:ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハート
  • PF:ザイオン・ウィリアムソン、デリック・フェイバーズ
  • C:ジャリル・オカフォー、ジャクソン・ヘイズ(新人)

センターポジションが手薄な気がするが、本来PFのデリック・フェイバーズが先発センターを務める可能性は高そう。

恐らくスタメンはロンゾ、ホリデー、イングラム、ザイオン、フェイバーズあたりか?その場合シューティングとフロアスペースがやや不安だが、機動力やサイズ、守備力でそれをカバーできるラインアップになれるはずだ。またハーフコートオフェンスのバランスを考えると、ロンゾ/レディック/ホリデー/のスリーガードに、ザイオンとフェイバーズのフロントコート。ザイオンがセンターで、イングラムが4番に入るスモールラインアップもポテンシャルが高い。

▼ロンゾとザイオンのアリウープ

今季のペリカンズは注目したいチームの一つだ。

ペリカンズロスター:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑