ブログ ルカ・ドンチッチ MVP

Published on 5月 21st, 2018 | by Tunaパスタ

0

ドラ1候補のルカ・ドンチッチが史上最年少でユーロリーグMVP受賞

NBAに挑戦する準備は万端だ。

ユーロリーグは現地19日、2017-18シーズンの各アワード受賞者を発表。名門レアル・マドリーをファイナルへと導いたスロベニア出身のルカ・ドンチッチがMVPに選出された。

スロベニア出身選手がユーロリーグMVPに輝くのは今回が初。またドンチッチは今年2月に19歳になったばかりで、史上最年少での受賞となる。

https://twitter.com/RMBaloncesto/status/997953227747405829

今季のドンチッチはシーズン32試合中16試合に先発出場し、16.1得点、4.9リバウンド、4.4アシスト、FG成功率57.4%を平均。MVPの他にも、優秀だった22歳未満の選手の中からヘッドコーチたちの投票で選出されるユーロリーグ・ライジングスターに2年連続で輝いている。5月には、スペインのリーガACB史上最年少となるトリプルダブルを達成した。19歳という若さでこれほどまでの成功を収めたユーロ選手は前例がない。

▼トリプルダブル

ドンチッチはとにかくスキルレベルが高い。フォワードのリバウンド力、ポイントガードのハンドル/パスセンスを持ち合わせたオールラウンドなウィング選手で、10代とはとても思えないほどディフェンスを読む能力に長けており、まるで大ベテランガードのような冷静さでオフェンスを指揮できる。身長2.03m(レブロンと同じ)と、プレイメイカーとしてはサイズがあり、ディフェンダーの上からフロアを見渡せるというのも大きなプラスの一つだ。

特にピック&ロールから放たれるクロスコートパスは、すでにNBAでもトップクラスと言えるほど芸術的な域に達している。

ドンチッチは2018年NBAドラフトで1~3位指名になるだろうとの見方が強い。

参考記事:「euroleague.net

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑