ブログ スパーズ マジック

Published on 10月 28th, 2017 | by Tunaパスタ

6

マジックがスパーズの連勝をストップ

オーランド・マジックが現地27日、本拠地アムウェイ・センターで行われたサンアントニオ・スパーズ戦に114-87で圧勝。スパーズの今季開幕連勝記録を4で終わらせた。

この日の試合は、第1Qを32-18で上回ったマジックが終始ペースを支配。序盤から鉄壁のディフェンスを展開して、前半の失点をわずか34点に抑えて完全に主導権を握ると、第3Qには最大でリードを36点に拡大し、シーズン無敗だったスパーズをホームフロアで一蹴した。

▼フォーニエはFG83.3%で25得点

開幕から好調を維持するマジック(4勝1敗)は、エバン・フォーニエが4本のスリーを含む12本中10本のフィールドゴールを成功させ、27分の出場で25得点をマーク。ジョナサン・シモンズが17得点、アーロン・ゴードンが16得点で貢献し、チーム全体では最初の3ピリオドでスリー成功率60%を記録していた。なお同日にワシントン・ウィザーズが敗北したことにより、マジックは27日の時点でイースト単独首位となっている。

敗れたスパーズは、ラマーカス・オルドリッジが24得点、11リバウンドのダブルダブルで奮闘するも、他に二桁得点に達したのはパウ・ガソルとパティ・ミルズ(それぞれ12得点)のみ。オフェンスではミスマッチを攻めることにこだわりすぎて流れが悪くなり、チーム全体のFG成功率が2015年2月8日のラプターズ戦以降でワーストとなる33.7%に終わった。

ディフェンスではペリメーターでのボールディナイができず、ずっと後手に回っていた印象。またアーロン・ゴードンとブーチェビッチをPF/Cに置いたマジックのファイブアウト・オフェンスにリムプロテクターを外まで引きずり出され、がら空きになったペイントエリアで点を取られる場面も目立った。

今季のマジックはボールの動きが非常に良く、5試合の平均アシスト数でリーグ3位の24.4を記録している(昨季は22.2でリーグ18位)。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    スパーズは開幕以降全勝だったコト忘れてしまうくらい、「あれ?」って試合でしたね
    2Q途中ぐらいから既に敗色濃厚でしたもんね

    まぁ、長いシーズンこんな日もあるでしょう

    • この試合では完全にマジックにアウトプレイされました。特に強みであるはずのベンチがまったくでしたね。レナード早く帰ってきてくれ…。

  • 36s

    ポポ特有の捨てゲームでしたね笑
    あんまり好きではないです。

    フォーニエいい選手ですよね。SASに来てたらマヌの後釜だったのに(T_T)
    マジックの躍進は驚きです!去年のホーネッツ感はいなめないので年明けに下がってはきそうですけど…‥…
    シモンズ頑張ってるようで良かった。

    • マジックはフォーニエとゴードンが2人ともMIPなシーズンスタートですね。フォーニエみたいな選手がマヌの後釜にいれば最高です…。
      ただ個人的には、すごく今さらですが、同じフレンチでも、2013年ドラフトでゴベールを取れなかったのが悔やまれます。スパーズは28位指名権で獲得する気満々だったらしいですが、ちょうど一つ前の27位指名でナゲッツ/ジャズにやられました。今のスパーズにゴベールがいれば歴代最強の守備チームになっていた可能性も…。

  • PANTA

    今季のマジック凄いですね
    まだ5試合だけとはいえ平均得点が昨季より17点もアップ、すでに二人がキャリアハイ更新とは、まさに開幕マジックって感じですかね。今後が楽しみです。

    話は変わりますがロスとビヨンボなかなか活躍できないですね、、、

    • マジックは完全にサプライズです。また退屈なチームになるだろうとあまり注目していませんでしたが、ボールの動きやテンポが良くて見ていて面白いチームですね。ペース(1試合の平均ポゼッション数)も今季は現時点でリーグ3位になっています。アップテンポなネッツとすでに2試合をプレイしたというのも大きな理由の一つかもしれませんが。
      確かに元ラプターズコンビは物足りない感じですね…。

Back to Top ↑