ブログ カール・マローン

Published on 6月 7th, 2013 | by Tunaパスタ

7

カール・マローンはジョーダンよりもピッペン推し!?、歴代プレイヤートップ5は誰だ

歴代NBA選手から5人のスタメンを選び、ドリームチームを作るとしよう。ここで誰に聞いても確実に指名される選手が1人いる。いうまでもなくマイケル・ジョーダンだ。

だが、ごくまれにジョーダンをTop5に選ばない偏屈がいる。“メールマン”こと、元ユタ・ジャズのカール・マローンもそのひとりだ。

ESPNのラジオトーク番組に出演した際に、ホストから「歴代選手からスタメン5人を選んでほしい」という質問を振られたマローン。そこで歴代屈指のPFは、次の5人を選んだ:

・PG:ジョン・ストックトン
・SG:オスカー・ロバートソン
・SF:スコッティ・ピッペン
・PF:レブロン・ジェームズ
・C:ウィルト・チェンバレン

 人によって意見が違うのは当然だが、ジョーダンじゃなくピッペン!?ピッペンは間違いなく歴代トップ50に数えられるほどの選手だ。90年代ブルズのNBA6回制覇も、彼無くしては絶対にありえなかっただろう。だとしても、ジョーダンより上だとは思えない。

マローンは、ピッペンを選んだ理由について、「一時期ジョーダンがいなかったブルズを、すべてのカテゴリでリードしたからだ」と語った。

このマローンのセレクションに対して、メディアやNBAファンたちから批判が殺到。元NBAスターのクリス・マリンさえも、「アスリートたちは、過去のことを長いあいだ根に持つことがある。ブルズはジャズのNBA制覇を2度も阻止したからね。その時の敗北をまだ気にしているんだろう」とマローンのチョイスを疑問視した。

後日、マローンは批判の声にTwitterで応答。トップ5にピッペンを選んだことについて、「ダン・パトリック(ラジオホスト)がジョーダンにべた惚れだったんだ。だから彼のことをからかっただけだよ」とツイートした。

さらにESPNにも電話出演し、「ジョーダンは僕のスタメン5人に入っている。みんな落ち着けよ」と語った。要するに、ピッペンを選んだのはただのジョークだったということか。

▼マローンとストックトン:ジャズ黄金期

ちなみに個人的な意見を言わせてもらえば、スタメンはこの5人:

・PG:ジョン・ストックトン
・SG:マイケル・ジョーダン
・SF:レブロン・ジェームズ
・PF:ティム・ダンカン
・C:カリーム・アブドゥル=ジャバー

異論は認める。誰を選びますか?

  • ソース:「nba.si.com
  • Thumbnail:「YouTube」

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • パタゴニア

    俺のピックはこうだな
    1.マジック
    2.ジョーダン
    3.レブロン
    4.ノビツキー

    5.シャック

  • ノッポ

    センターにジャックを選ばなかった理由は何でしょうか…?

    • tunadrama

      センターはチョイスが難しいポジションですね。
      本当に僅差ですが、総合的にみて、カリーム・アブドゥル=ジャバーを選びました。

      キャリア平均スタッツ:
      ・カリーム – 24.6得点、11.2リバウンド、3.6アシスト、2.6ブロック
      ・シャック – 23.7得点、10.9リバウンド、2.5アシスト、2.3ブロック

      ゴール下やパワー、身体能力ならシャックが上だと思いますが、カリームにはミドルレンジがありますし、その分フロアが広がります。

      後は6度のMVP、6度のNBA制覇、通算得点歴代1位という功績が大きいですね。

      • ノッポ

        すみません、返事が遅くなりました。

        確かに実績を見ると、カリームの方が上ですが、当時のNBAは戦術が今程発達していませんでしたし、センターは点取り屋のポジションっていう感じでしたから、カリームが最も点を取った選手になるのもある意味当然の流れだったと思います。

        僕の場合は…まだ答えは出ていませんが、とりあえず今は以下のメンバーが理想ですね。
        PG:ジェイソンキッド
        SG:レイアレン
        SF:レブロンジェームズ
        PF:デニスロッドマン
        C:シャキールオニール

        PFが一番悩みました。
        でも、点を取る事に関してはアンセルフィッシュなのでシャックと相性が良さそうですし、チームの士気を上げるのが上手いのでデニスロッドマンを選びました。

        • tunadrama

          返信ありがとうございます!

          こちらもレスポンスが遅くなり申し訳ありません…

          センターに関しては、おっしゃる通りかもしれません。

          ノッポさんのチョイスはとてもバランスが取れていて素晴らしいです。SG,PFにスペシャリストを選んだところがいいですね。2番にMJでもなくKBでもなくレイ・アレン。

          確かにレブロンがいるので、他にボールキープ時間が長い選手よりも、シューターを入れるのには納得です。いざとなれば、アレンは1対1も強いですし。

          それからキッドとアレンのバックコートは想像しただけで鳥肌が立ちます。キッド主導のファーストブレイクから、アレンのコーナースリー。そんなチートパターンが目に浮かびます。

          やはり5人に絞るのは難しいですね。対戦相手によっても選びたい面子が変わってきますし。

          もしノッポさんのスタメンとマッチアップするのであれば、以下のメンバーで挑みます:
          PG:ゲイリー・ペイトン
          SG:ジョーダン
          SF:スコッティ・ピッペン
          PF:ダーク・ノビツキー
          C:カリーム

          1~3番はディフェンス重視。PFはロッドマンを外におびき出して、インサイドで仕事させないためです。対シャックはダブルチーム、試合終盤はファウル攻めですね

  • コービーさん

    初コメ失礼します!NBAに目がない男です!
    自分は
    PG. クリスポール
    SG.コービー
    SF.ピッペン
    PF.ロドマン
    C.オラジュワンですね!
    クリスポールは言うことがありません。パスもシュートも素晴らしいです!
    ピッペンも同様オールラウンドな選手なので選びました。
    オフェンスはコービーの1on1やオラジュワンの1on1ですね!二人ともつよいです。
    ディフェンスもエースストッパーのコービーやロドマンもいるので問題なしです。
    問題はロドマンとコービーが喧嘩しないことですね!
    長文失礼しました

    • tunadrama

      コメありがとうございます!
      スペシャリスト揃いの面白い人選ですね。Cポジのドリームシェイクがいい味出してます。
      やはりみなさんロッドマンの評価が高いですね。

Back to Top ↑