ブログ NBAドラフト2017 フルツ

Published on 6月 23rd, 2017 | by Tunaパスタ

4

NBAドラフト2017: マーケル・フルツが全体1位指名

NBAでは現地22日、2017年ドラフトがニューヨークのバークレイズセンターで開催され、フィラデルフィア・76ersがボストン・セルティックスとのトレードで手に入れた全体1位指名権でワシントン大のガード、マーケル・フルツを獲得した。

フルツはオールラウンドなオフェンス・スキルを持つガードで、カレッジでのフレッシュマンシーズンでは23.2得点、5.7リバウンド、5.9アシストを平均。ドライブからのフィニッシュやプレイメーキングだけでなく、プルアップ・ジャンパーやキャッチ&シュートもこなせるため、共に76ersのコアとなるジョエル・エンビードやベン・シモンズとの相性も良さそうだ。シクサーズの“プロセス”をさらに前進させるためのピースとして大きな期待がかかる。

2017ドラフトの全体2位では、ロサンゼルス・レイカーズがUCLAのロンゾ・ボールを指名。ずっと前からレイカーズに入りたいと言っていたボール親子の夢が実現する形となった。続く全体3位では、ボストン・セルティックスがデューク大のフォワード、ジェイソン・テイタムを獲得している。

以下、4位~30位指名:

  1. サンズ:ジョシュ・ジャクソン(カンザス大/SF)
  2. キングス:ディアロン・フォックス(ケンタッキー大/PG)
  3. マジック:ジョナサン・アイザック(フロリダ州立大/SF)
  4. ブルズ:ラウリー・マルケネン(アリゾナ大/PF)
  5. ニックス:フランク・ニリキナ(フランス/PG)
  6. マブス:デニス・スミス(NC州立大/PG)
  7. ブレイザーズ:ザック・コリンズ(ゴンザガ大/C)
  8. ホーネッツ:マリーク・モンク(ケンタッキー大/SG)
  9. ピストンズ:ルーク・ケナード(デューク大/G)
  10. ジャズ:ドノバン・ミッチェル(ルイビル大/SG)
  11. ヒート:バム・アデバヨ(ケンタッキー大/PF)
  12. キングス:ジャスティン・ジャクソン(ノースカロライナ大/SF)
  13. ウルブズ:ジャスティン・パットン(クレイトン大/C)
  14. バックス:D.J.ウィルソン(ミシガン大/PF)
  15. ペイサーズ:T.J.リーフ(UCLA/PF)
  16. ホークス:ジョン・コリンズ(ウェイクフォレスト大/PF)
  17. キングス:ハリー・ジャイルズ(デューク大/F)
  18. サンダー:テレンス・ファーガソン(オーストラリア/SG)
  19. ネッツ:ジャレット・アレン(テキサス大/C)
  20. ラプターズ:OG・エヌノビー(インディアナ大/SF)
  21. ナゲッツ:タイラー・ライドン(シラキュース大/PF)
  22. マジック:アンジェス・パセチニクス(ラトビア/C)
  23. ブレイザーズ:ケイレブ・スワニガン(パデュー大/PF)
  24. レイカーズ:カイル・クズマ(ユタ大/SF)
  25. ジャズ:トニー・ブラッドリー(ノースカロライナ大/C)
  26. スパーズ:デリック・ホワイト(コロラド大/PG)
  27. ジャズ:ジョシュ・ハート(ビラノバ大/SG)

参考:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    テイタムは八村世代の日本戦で活躍していましたねー、ジェイレンブラウンとの争いになるのかな?セルティックスのサイズアップに一役買えるでしょうか
    シクサーズは健康体を保てれば面白いチームになりますね!
    ロンゾボールは期待したいですけど、どうなるんでしょう。大型ポイントガードをみるマジックの目を信じるしかありませんね。
    ひとまず父親のプレッシャーから解放されてほしい笑

  • 源三

    おや、スパーズは今年もPGを取りましたか。去年マレーを取ったので無いと思ってましたが……。
    マレーと似たようなサイズながら体重はずっと重いようで、必要に応じてウィングもプレイできそうな体格ですね。まあ、マレーが軽過ぎってのもありますけど。
    どんな選手か、詳しくはわかりませんが、ポップのジョークを理解出来てれば大丈夫かな……。

  • ミヤ

    個人的に注目してたマリーク・モンクはホーネッツかぁ!
    クレイトンプソンのような選手に将来なって欲しいけど、ホーネッツの育成力はいいのかな?

  • GEORGE

    ドラフト開始1時間前までPG、KP6、バトラー、デアンドロジョーダン、オードリッジ等々のビッグネームのトレードに纏わる噂が入り乱れ、ドラフト開始まで緊張感が溢れてました。今回ドラフトされた選手達が”本物”かどうかを見るのが楽しみです。

Back to Top ↑