ブログ マリース・スペイツ

Published on 11月 25th, 2014 | by Tunaパスタ

0

ウォリアーズのスペイツがシーズンハイの28得点 「パーキンスのおかげ」

現地23日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが苦戦の末に91-86でオクラホマシティ・サンダーを破り、今季10勝目を挙げた。勝利の立役者となったのは、ここ最近絶好調のビッグマン、マリース・スペイツだ。

ステファン・カリーやクレイ・トンプソンら主力陣がシューティング不調に苦しむ中、スペイツは自己シーズン最多となる28得点を記録。インサイドとミドルレンジから18本中11本の高確率でフィールドゴールを決め、オフェンス面でチームを牽引した。

この日のスペイツの大活躍には、サンダーのセンター、ケンドリック・パーキンスの存在が大きく関係しているらしい。スペイツは試合後のインタビューでこんなコメントを残している:

「パーキンスは昔からいつもトラッシュ・トークを仕掛けてくる。奴は自分のことをタフガイだと思っているようだけど、実際のところ奴のプレーは酷いもんだ。対戦する度に、パーキンスは必ず俺に突っかかってくる」

それで俺はいつも奮い立たされるんだ。だから、この試合を勝たせてくれたパーキンスに感謝を送りたい」

スペイツとパーキンスに因縁があるなんて知らなかった。しかもなかなか根が深い様子。

今季のスペイツは1試合につき11.8得点、FG成功率63%を平均。怪我で欠場しているデビッド・リーの穴をカバーしながら、キャリアベストなシーズンを送っている。スティーブ・カーHCも大切なローテーションプレーヤーの一人として信頼を置いているようだ。

参考記事:「SF GATE

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑