ブログ マット・ボナー スランプ

Published on 7月 9th, 2015 | by Tunaパスタ

1

マット・ボナー 「昨季のシュートスランプはiPhone 6のせい」

2014-15シーズンのマット・ボナーは、例年よりもややシュートの調子が悪かった。

過去6年で自己最多となる72試合への出場(19試合でスタメン出場)を果たしたが、スリーポイントシュートの成功率はそれまでのキャリア平均だった41.7%から36.5%へと転落。まだまだリーグの3Pアベレージ(35%)を上回ってはいるものの、ボナー水準で考えれば、やはりスランプだと言わざるを得ない。

ボナーいわく、シューティング不振はあくまで昨季中盤に肘を痛めていたせいで、決して選手として衰えたからではないという。そして肘を悪くした原因は、サイズが大きくなったiPhoneの新モデルにあるとみているようだ。

※以下、『Concord Monitor』紙のインタビュー記事より:

「言い訳するのは好きじゃないし、言い訳は絶対にしないように育てられた。だけど昨季は、肘関節の調子が凄く悪い期間が2か月半ほどあったんだ。その間は、シュートを打つのがとても苦痛だった。ボールをキャッチする前から、『これは痛いだろうな』、と顔をしかめるような状態だったよ」

「みんな笑い話だと思うかもしれないが、肘を悪くした原因について僕はこうみている。新しく登場したiPhone 6は、従来のモデルよりもずいぶんとサイズが大きくなった。そのモデルに変えたせいで、携帯電話を使うのが負担になったんだ。正直なところ、それが肘関節炎の原因だと思っているよ」
– マット・ボナー

確かにスマホのサイズが大きいと、寝転がって使う時に腕が痛くなってくる。ボナーの機種がiPhone6なのか、それともiPhone6 Plusなのかは明らかになっていない。

昨季のボナーは、肘を痛めていたとされる12月前半から2月のオールスターブレイクにかけて、スリーポイントの成功率が32.4%(77本中25本成功)に低下。反対にその前後では、キャリア平均以上の42.8%(49本中21本)を記録している。

▼ボナー・オン・ファイアー、11月17日76ers戦

現在FAでまだ契約先が決定していないボナーだが、来季もスパーズでのプレーを希望している様子。

「スパーズに戻りたいと願っている。9年もいたからね。この球団でプレーすること、そしてチームメイトやコーチ、スタッフ、ファン、そこにいるみんなが大好きだ」

「住み慣れた場所から離れるのは好ましくない。家族や僕自身にとってもね。でも、誰かが魅力的な契約をオファーをしてくれるのなら、考えるよ。どうなるかはわからないけど、もし何らかの理由でスパーズが僕を連れ戻さないのであれば、プランBに移って、別のチームを見つけなければならない」
– マット・ボナー

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「Fox Sports

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • CAVS! GOGO!

    この記事がヤフーのトップに来ていた事にびっくりした‼︎
    それよりもちゃんと聞いたわけでは無いのですが
    デアンドレがmavs行きをやめるかもしれないという噂がありますけど
    本当何ですかね?
    前の時はLACは選手を連れてこなかったと書いてありますけど
    今回は主力のメンバーを全員連れて会談するとかしないとか
    なんにせよ、LACに来るんなら優勝今年こそ出来るかも^_^

Back to Top ↑