ブログ スパーズ グリズリーズ 第5戦 2107

Published on 4月 27th, 2017 | by Tunaパスタ

6

【SAS-MEM第5戦】ミルズが正念場で爆発、スパーズがシリーズ王手

現地25日にAT&Tセンターで行われたサンアントニオ・スパーズ対メンフィス・グリズリーズのシリーズ第5戦は、第4Qラスト5分のクラッチタイムに12連続得点をあげたスパーズが116-103で快勝。シリーズ2-2のイーブンで迎えた天王山を制して3勝2敗とし、カンファレンス・セミファイナル進出まであと1勝に迫った。

ジノビリがシリーズ初得点

この日の試合では、シリーズを通して無得点だったマヌ・ジノビリが、第1Q中盤にカウント・ワンスローのレイアップでついに今季プレーオフ初のフィールドゴールに成功。その直後にもスリーを沈めると、第1Qだけで8得点をあげ、試合開始5分で4-10の6点ビハインドとスロースタートを切ったスパーズの起爆剤となる。

▼マヌの初得点に大歓声

勢いに乗ったスパーズは、第2Qを通してグリズリーズに逆転を許さず、6点差を奪って試合を折り返すと、第3Q序盤はトニー・パーカーが連続でフィールドゴールを決めて活躍。さらに中盤からはカワイ・レナードのスリーとパウ・ガソルの3点プレイをきっかけに15-5のランを展開し、第3Q残り3分でリードを18点に拡大した。

コンリーのドライブ

マイク・コンリーはドライブの際のヘジテーションと方向転換が最高に上手い。第3Q終盤で18点差と、スパーズが完全に主導権を握ろうとする中、コンリーは巧みなドリブルスキルとソフトタッチでスパーズのインサイドディフェンスを翻弄し、第3Q残り3分から第4Q残り10分の5分間で14得点を獲得。第4Qにレナードがスイッチするまでは、誰もコンリーを止められなかった。

https://twitter.com/memgrizz/status/857066600536588288

コンリーの奮闘により、第3Q終盤から17-3のランで4点差にまで迫ったグリズリーズだが、スパーズはデビッド・リーの3点プレイで勢いを取り戻して応戦。5点差で迎えた残り4分35秒からは、パティ・ミルズの連続スリーを含む12-0のランで一気に畳みかけ、最後までリードを維持した。

▼ミルズがついに爆発

Q1 Q2 Q3 Q4
MEM 23 26 27 27 103
SAS 23 32 32 29 116

シリーズに王手をかけたスパーズは、レナードがゲームハイの28得点をマーク。第5戦ではスコアリングだけでなく、ペイントエリアでディフェンスを引きつけてからノーマークのチームメイトに的確なキックアウトパスを出すなどプレイメーキングも光り、6アシストを記録している。

他には、第4Qだけで4本のスリーを沈めたミルズがプレーオフ自己最多となる20得点、パーカーが16得点、ジノビリが10得点と、ベテラン組が活躍。チーム合計で23アシストを獲得し、28本中14本のスリーを成功させた。

この日のスパーズは、オフェンスだけでなく、守備でもダブルチームやローテーションで素晴らしい仕事をした。マルク・ガソルやザック・ランドルフがエルボーでボールをキャッチして、ベースラインに回り込もうとすれば、その度にウィングのディフェンダーが外側を遮断するようにダブルチーム。同時に他の3選手はパスレーンを潰し、グリズリーズに簡単にボールをスイングさせないようにした。コンリーにはやりたい放題やられたが、ガソルとランドルフのインパクトを比較的小さめに抑えられたのは、大きな勝因の一つだろう。第5戦は、ようやくスパーズらしさが戻った試合だった。

後がなくなったグリズリーズは、コンリーがチームハイの26得点、6アシスト、4スティールで大活躍。マルク・ガソルが17得点/7アシスト、ジャマイカル・グリーンが11得点、ビンス・カーターが10得点をあげている。

ディフェンスのバトルになると予想されたスパーズとグリズリーズのシリーズだが、今のところスローペースながらも点の取り合いになっている印象。また第5戦では、ジノビリとカーターがルーズボールにダイブして衝突するシーンが見られた。リーグ最年長組の2人がこれだけハードにプレイする姿を見せてくれるのは、ファンとしてすごく嬉しい。

シリーズ第6戦は、現地27日にメンフィスで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 源三

    ホームの「Manu」チャントに目頭を熱くせずにはいられませんでした。まだファーストラウンドなのに。
    パティはインパクトを残しましたね!あのジャンパー精度はさながらパティ・トンプソン……。彼もチャントを受けていましたが、控え選手にも熱い声援が送られるのは、交代が自由なバスケならではかも、なんて思って見てました。

  • YusukeIndia

    upお疲れ様です (^ ^)

    スパーズ勝利おめでとうございます!
    tunaさん珍しく興奮しているご印象ですね 笑
    大量点差あったのに、4点差まで追いつかれた時はひょっとして? とか思いましたが、そこからの突き放しはお見事でした! さすがのスパーズですね!

    そしてジノビリのプレーオフ初得点おめでとうございます!ファンも大喜びでしたし、サンアトニオ民からもジノビリは凄く愛されてる存在なんだなぁ、と嬉しかったです!

    思いのほか苦戦している印象のスパーズですが、やっぱり番狂わせはないですかね… 次の試合要チェックですー

  • ゴリムネゾウ

    ミルズが活躍してすごく嬉しい気持ちもある反面、契約のことを考えるとキープできそうにないことが残念に感じちゃいますね。

    • ミルズのFAはどうなりますかね…。スパーズはミルズのバードライトを持っているため、サラリーキャップを超えても大丈夫ですが、そうなるとデッドモンと再契約するのがキャップスペース的にほぼ不可能になります(ガソルがオプション破棄してFAにならない限り)。ミルズかデッドモンのどちらを選ぶかですね。
      個人的には、やはりミルズを優先してほしいです。ただスパーズはマレーの育成に力を入れていきたいはずなので、ミルズ本人はこのままずっとベンチ出場で満足できるのか…。

  • しょー

    この日のマヌみたいにサポートする人が増えてくるとレナードへの負担が減ってボールがよく回るようになりますね。スパーズは本来、レナードが30オーバーばっかりするチームではないので、グリーンとかも調子を上げて欲しいですね!

  • PON

    4Q、互いに一歩も譲らずに4~8点差で揺れ動いた数分間。そしてリーのスティールから一気に流れが変わってあっという間に決着がついた最後の5分間。
    まさにプレイオフという感じの緊張感はたまりませんでした。

    コンリー、かっこいいですねー。

Back to Top ↑