ブログ 2014-15シーズン ベストモーメント

Published on 5月 1st, 2015 | by Tunaパスタ

6

NBA2014-15レギュラーシーズンで最も心に残った瞬間14選

今季もレギュラーシーズンは楽しかった。数々のスーパープレーや忘れられない瞬間が生まれた。その中でも、特に個人的に印象に残ったベスト(もしくはワースト)モーメントを14個ほどピックアップしてみた。

1.クレイ・トンプソン、37

2015年1月23日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンが、オラクル・アリーナで行われたサクラメント・キングス戦の第3Qに37得点を獲得。1ピリオドのNBA最多得点記録を塗り替えた。これの何が1番凄かったって、シュート成功率がFG13本中13本、3PT9本中9本、FT2本中2本の100%だったことだ。

クレイ・トンプソン 37得点

NBA史上類を見ない連続フィールドゴール成功。パーフェクトシューティングという面を考慮すれば、恐らくこの先10年はこんな1Qパフォーマンスを目にすることはないだろう。

2.サーカスショット・オブ・ザ・イヤー

1月9日のオクラホマシティー・サンダー対ユタ・ジャズ戦。トレバー・ブッカーがショットクロック残り0.2秒からのスローインでタップショットを成功させた。しかもペイントエリアの外から。しかもゴールに背を向けたままのノールックで。

何事も諦めずにトライしてみるのが大切だということを教えてくれる。

3.今季最悪のターンオーバー

2月4日のマイアミ・ヒート対ミネソタ・ティンバーウルブズ戦。第4Q残り40秒、1点ビハインドという大事な場面で、ノリス・コールとハッサン・ホワイトサイドが致命的なターンオーバーを喫してしまう。

最初にコールがホワイトサイドにインバウンドパスを渡し、なぜかその後「やり直しだ」とホワイトサイドをベースラインの外に出してボールを返した。当然ながらアウト・オブ・バウンズだ。

▼ヒートベンチのリアクション

 

最終的にヒートはこの試合に敗北。ヒートが1ゲーム差でプレーオフ出場を逃したことを考えれば、まさに今季最悪のターンオーバーと言わざるを得ない。

4.クリス・ミドルトンのブザービーター

3月24日、マイアミ・ヒート対ミルウォーキー・バックス戦。ザザ・パチュリアのナイスセーブから、残り時間1秒でクリス・ミドルトントンにボールが渡り、終了ブザーと同時にロバート・オーリーを彷彿させる逆転スリーに成功。この日はジェイソン・キッドHCの誕生日の翌日でもあった。

まず身長1.91 mのジェリード・ベイレスが、ジャンプボールで2.08 mのマイケル・ビーズリーに勝ったこと。そしてリバウンドのファンブルとパチュリアの絶妙すぎるアシスト、それを最高のポジションとタイミングで受けたミドルトントン。あらゆる状況がバックスに味方したミラクルなブザービーターだ。

このクレイジーなショットと上のウルブズ戦でのターンオーバーが、ヒートのプレーオフ脱落を決定付けたようなものかもしれない。

5.2015年ダンクチャンピョン

ウルブズのルーキー、ザック・ラビーン。今年は久々にダンクコンテストが盛り上がった印象だ。

6. ファン層を拡大しつつあるかもしれないカズンズ

 

4月5日のユタ・ジャズ戦で、パワームーブからカウント・ワンスローをねじ込むキングスのデマーカス・カズンズと、カズンズのマッチョポーズを真似する少女。小さな子供が楽しそうにNBAを観戦する姿を見るのは、ファンとして何だか嬉しい。

今季は得点/アシスト/リバウンド/ブロックでキャリアハイを平均し、初のオールスター出場も果たしたカズンズ。そろそろ子供や女性のファンが付きはじめる時期が来ているのかもしれない。

7.カワイ・レナード、7スティール vs ウォリアーズ

2014-15シーズンのディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー。

今季のレナードは、リーグトップの平均2.31スティールを記録した。ガード以外の選手がスティール数でリーグリーダーとなったのは、2005-06シーズンのジェラルド・ウォレス以来初。過去30年ではレナード、ウォレス、ピッペンの3人しかいない。

8.マブス Run DMC

シーズン開幕当初にマブスが公開したダーク(D)、モンタ(M)、チャンドラー(C)のRUN DMCパロディーPV。試合とは全く関係ないが、今シーズンは何百回かこの動画を再生してしまった…。

9.コービーのジョーダン超え

12月14日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対ミネソタ・ティンバーウルブズの試合で、コービー・ブライアントが通算3万2293点目を獲得。キャリア通算得点でマイケル・ジョーダンを追い抜き、歴代3位に浮上した。

※ジョーダン超えを果たしたコービーのエッセイ

10.ステファン・カリーのスリー

今季は286本のスリーを成功させ、NBAのシーズン3PT記録を再び塗りかえたステファン・カリー。本数以上に印象に残ったのは、そのショットセレクションだ。カリー以外の選手ならバッドショットと言われそうなスリーをガンガン決めてきた。

▼トランジションから決勝ゴールのプルアップスリー

▼インバウンズスティールから

 

▼ディープスリー

難易度の高いスリーを連発して、44.3%という極めて高い成功率を維持できたのは驚異的。このシュート力があるからこそ、常にディフェンスの注意をひきつけて混乱させ、味方のためにオープンショットのチャンスを作り出すことができる。

 

11.タイソン・チャンドラーのブロックショット

観客盛り上がりすぎ…。

12.アービング、57得点+ブザービーター

3月12日に行われたキャブス対スパーズ戦で、カイリー・アービングが今季リーグ最多となる57得点を記録。FG成功率は32本中20本の62.5%、スリーポイントは7本中7本成功のパーフェクトだった。しかも第4Q終了と同時に試合をOTに持ち込む同点ブザービーター付きだ。

▼キャリアハイ57得点ショットチャート

アービング キャリアハイ57得点 ショットチャート

13.ケビン・デュラント、前半30得点

復帰後9試合目、12月18日のウォリアーズ戦。デュラントは19分の出場で30得点を獲得した。残念ながら前半最後のプレーで捻挫してしまい、再び戦線離脱となる。フル出場していれば何点取っていただろうか?

今季は全盛期デュラントの活躍をほとんど見れなかったのが残念…。

14.KG is back!!

Image via YouTube/Matt Hill

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    カリーはシーズン通して誰もがMVP納得の活躍でしたが瞬間最大風速でいうと個人的にNO1はトンプソンの37Pですね。ゾーンに入った時のトンプソンはボールくれくれ感出しまくりでなんか可愛いんですよね。

    • 同意です。トンプソンの37点は、コービーの81得点並みに衝撃的でした。トンプソンがゾーンに入ると、カリーが1番嬉しそうなんですよね。いろんな意味で最高のバックコートコンビだと思います。

      昨季オフにケビン・ラブとのトレードに応じなかったのは英断でしたね。

  • Mason P

    No. 14のKGの笑顔が大好きです!

  • kitsu

    個人的に1番のアンビリーバブルはトレバーブッカーですね!
    0.2秒でさえ、NBA選手にとっては「まだ慌てるような時間じゃない」ってことなのでしょうか。
    決めた後のバスケットを心から楽しんでます!って言わんばかりの笑顔も最高です。

    • ブッカーのトスはミラクルでしたね!あのクリエイティブさが最高です。あれを決められたら、相手チームも笑顔になるしかないですよね

Back to Top ↑