ブログ レブロン 減量

Published on 9月 28th, 2014 | by Tunaパスタ

3

レブロン・ジェイムス 減量した本当の理由について

先月あたりから、レブロン・ジェイムス激ヤセしたのではないかと、ネット上で度々話題になっていた。米CNNのインタビューによると、レブロンはシーズン終了から約70日間にわたり、糖分や炭水化物を一切摂取しない厳しいダイエットに取り組んでいたようで、実際に114キロまで体重を絞ることに成功したらしい。

▼8月

▼昨年のオフと比較

レブロン ダイエット

via Reddit

「痩せたおかげで動きがより素早くなった」と語るレブロンだが、どうしてまたこのタイミングで減量しようと考えたのだろう。

年齢的に以前の体重のまま同じレベルの身体能力を維持するのが難しくなったのか、それとも今後はパワーよりも機動力/スピード重視に切り替えていくつもりなのか…?メディアやファンたちの間で様々な憶測が飛び交う中、レブロン本人が26日の記者会見でダイエットの本当の理由を明かした。

どうやらプレー向上のために減量したというわけではなく、あくまで個人的なチャレンジだったのだという。

「(ダイエットと)バスケットボールはまったく関係ない。みんなが勝手な憶測をしないように、声明文でも出しておいた方が良かったのかな?(笑)僕は毎年オフシーズンに、普段やらないようなことをやって、自分自身に挑戦しているんだ。去年はお菓子を食べるのを止めた。オフの間ずっとね。自分へのチャレンジだよ。」

「それで今年は2ヵ月間ダイエットすることにしたんだ。だからバスケは関係ない。まったくね。1度目標を決めたなら、絶対に達成したい性分なんだ。その過程で体重が減ったというだけのことさ。僕はまだ29歳で、十分にジャンプすることもできる。現時点でパフォーマンス維持のために減量する必要はないよ
– レブロン

シェイプアップとそれに伴うスピード増加は、あくまで自分自身に打ち勝った副産物とのこと。

NBA選手たちにとって、夏のオフシーズンはちょっと羽を伸ばせる時期だ。7~8ヵ月におよぶ長く厳しいシーズンを戦ったご褒美に、好きなものを好きなだけ飲み食いするなどして、少しは羽目を外したくもなるだろう。

しかしその間もレブロンは食事制限という形で己を律し、ストイックであろうと努めた。こういった自制心や意志の強さこそが、レブロンが世界一のプレーヤーであり続けられる理由の一つなのかもしれない。

参考記事:「Dime

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    はぁー…いやいや、本当にとんでもない克己心ですね。
    よりにもよってシーズンの長い戦いの後のオフに炭水化物と糖分を絶つようなダイエットをするとは……ジョーダンといい、コービーといい、そしてレブロンといい…リーグ最高選手の座に君臨するプレーヤーのストイックさには本当に驚嘆のあまり言葉も出ないです。

    • tunadrama

      確かに、“超”がつく一流選手はオフシーズンでも体調管理に余念がない印象ですね。芯までプロフェッショナルなんだなと感じます。

      モハメド・アリがこんな名言を残していました:
      「私は練習が大嫌いだった。だが自分にこう言い聞かせた、『休むな、今は苦しめ。そして残りの人生をチャンピョンとして生きよう』」

      こういったストイックさを見習いたいものですが、暑い日はビールがおいしすぎて…

      • 龍 辰巳

        ですよねー。笑
        なかなか見習おうとしてできることではないですよね

Back to Top ↑