ブログ 2015-16GMアンケート調査

Published on 10月 23rd, 2015 | by Tunaパスタ

2

NBA2015-16GMアンケート調査:MVP大本命はレブロン・ジェイムス

NBA.comが、2015-16シーズン版の「GM Survey」を公表した。

GM Surveyは、リーグのゼネラルマネージャー(GM)30人を対象に実施する毎年恒例のアンケート調査。今季の優勝候補チームやMVP有力選手、ルーキー賞候補など、NBA2015-16シーズンに関するGMたちの予想をまとめたものだ。


GM Survey2015-16


1.シーズン予想

Q:2016NBAファイナルの勝者は?
  1. クリーブランド・キャバリアーズ – 53.6%
  2. サンアントニオ・スパーズ – 25.0%
  3. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 17.9%
  4. オクラホマシティ・サンダー – 3.6%

※昨季予想:スパーズ – 46.2%

GMの5割以上が2016年のチャンピョンをキャブスと予想。昨季レギュラーシーズンは平均得失点差+10.1という歴代屈指レベルの強さでリーグを席巻し、そのまま王者に輝いたウォリアーズだが、今の時点でダイナスティと考えているGMは少ない様子だ。中には、プレーオフでLACとSASを回避できたことや、すべてのラウンドで相手のスタメンPGが負傷していたことなど、昨季は運が良かったとする声もあるという。

また、昨季優勝候補1位ながらプレーオフ第1ラウンドで敗退したスパーズは、25%で2番人気。ウォリアーズやサンダーよりも上に予想されたのは意外だ。

各カンファレンスの順位予想は以下の通り:

▼イースト

チーム 1st 2nd 3rd 4th
CLE 96.6%
CHI 3.4% 65.5% 13.8% 6.9%
ATL 13.8% 34.5% 17.2%
MIA 13.8% 20.7% 31%
WAS 3.4% 24.1% 17.2%
TOR 6.9% 10.3%
MIL 3.4% 10.3%

▼ウェスト

チーム 1st 2nd 3rd 4th
GSW 51.7% 34.5% 6.9% 3.4%
SAS 41.4% 27.6% 17.2% 6.9%
OKC 6.9% 20.7% 44.8% 10.3%
LAC 10.3% 13.8% 34.5%
HOU 6.9% 13.8% 31%
MEM 3.4% 13.8%

2.アワード

Q:2016MVPは?
  1. レブロン・ジェイムス – 39.3%
  2. アンソニー・デイビス – 25.0%
  3. ケビン・デュラント – 10.7%
    ジェイムス・ハーデン – 10.7%
  4. ステファン・カリー – 7.1%
    ラッセル・ウェストブルック – 7.1%

※昨季予想:レブロン・ジェイムス – 67.9%

レブロン・ジェイムスが相変わらずの1番人気。主力2人を欠いたキャブスをファイナル第6戦まで引っ張った昨季プレーオフでの大活躍を考えれば十分納得できる。

2015年MVPのステファン・カリーやケビン・デュラントを抑えて、アンソニー・デイビスが2位に選ばれたのは驚きだ。というのも、カンファレンス順位で3位以下のチームの選手がMVPを受賞した例は過去にない。

ペリカンズは、開幕前の時点ですでにタイリーク・エバンスやオマー・アシック、ノリス・コール、クインシー・ポンデクスターなど、キープレーヤーたちの離脱が次々と報じられている。さらに強豪がひしめき合うウェストの状況も考慮すると、ペリカンズがトップシードに食い込めるとは思えない。GMたちは、今季のデイビスが「MVPは上位3チームから」という暗黙のルールを覆すほどの活躍をすると予想しているのかも…?

▼アンソニー・デイビス、プレシーズン33得点、5ブロック

Q:ルーキー・オブ・ザ・イヤーは?
  1. ジャリル・オカフォー(76ers)- 44.8%
  2. カール・アンソニー・タウンズ(ウルブズ) – 34.5%
  3. エマニュエル・ムディエイ(ナゲッツ) – 13.8%

3.プレーヤー

2015-16 プレーヤー GMアンケート

by Keith Allison/Flickr

Q:各ポジションのベストプレーヤーは?
PG ステファン・カリー 55.2%
SG ジェイムス・ハーデン 79.3%
SF レブロン・ジェイムス 89.3%
PF アンソニー・デイビス 82.1%
C マーク・ガソル 65.5%

ポジション別のベストプレーヤーは、2014-15オールNBAファーストチームと同じラインアップだ。

最も票数が分かれたのはポイントガードポジションで、カリー(55.2%)に続いてクリス・ポール(24.1%)とラッセル・ウェストブルック(17.2%)。カイリー・アービングやジョン・ウォールをおさえて、4位にはグリズリーズのマイク・コンリー(3.4%)が選ばれた。

他のポジションの2位は、SGがクレイ・トンプソン(10.3%)、SFがケビン・デュラント(8.9%)、PFがブレイク・グリフィン(7.1%)、Cがデマーカス・カズンズ(13.8%)となっている。

Q:NBA最高のシューターは?
  1. ステファン・カリー – 79.3%
  2. カイル・コーバー – 10.3%
  3. クレイ・トンプソン – 6.9%
  4. アンソニー・モロー – 3.4%
Q:最もアスレチックな選手は?
  1. ラッセル・ウェストブルック – 34.5%
  2. レブロン・ジェイムス – 20.7%
  3. ザック・ラビーン – 17.2%
  4. アンソニー・デイビス – 10.3%

サイズと身体能力を考えれば、デアンドレ・ジョーダンが上位に入ってもいい気がする。

Q:オンボールで最も速い選手は?
  1. ジョン・ウォール – 53.4%
  2. ラッセル・ウェストブルック – 32.8%
Q:オフボールのプレーが最も上手い選手は?
  1. カイル・コーバー – 69%
  2. クレイ・トンプソン – 13.8%
  3. J.J.レディック – 10.3%
Q:NBAのベストパサーは?
  1. クリス・ポール – 71.4%
  2. レブロン・ジェイムス – 10.7%
  3. ステファン・カリー – 7.1%
    レイジョン・ロンド – 7.1%
Q:NBA最高のディフェンダーは?
  1. カワイ・レナード – 27.6%
  2. アンソニー・デイビス – 17.2%
  3. レブロン・ジェイムス – 13.8%
  4. トニー・アレン – 10.3%
  5. ドレイモンド・グリーン – 6.9%
    デアンドレ・ジョーダン – 6.9%

▼カワイ・レナード、ディフェンスハイライト

なお、最高のペリメーターディフェンダーにはカワイ・レナード、インサイドディフェンダーにはマーク・ガソルがそれぞれ選ばれている。

Q:最高のリーダーは?
  1. レブロン・ジェイムス – 44.6%
  2. ティム・ダンカン – 30.4%
  3. クリス・ポール – 17.9%
Q:最高のロールプレーヤーは?
  1. アンドレ・イグダーラ – 20.7%
  2. ドレイモンド・グリーン – 17.2%
  3. カイル・コーバー – 13.8%
  4. ダニー・グリーン – 10.3%
    カワイ・レナード – 10.3%
  5. マヌ・ジノビリ – 6.9%

恐らく今回のアンケートで最も票が分散した項目。というか、レナードは未だにロールプレーヤーと考えられているのか?

Q:バスケットボールIQが最も高いのは?
  1. クリス・ポール – 46.4%
  2. レブロン・ジェイムス – 35.7%
  3. ステファン・カリー – 10.7%
  4. ティム・ダンカン – 7.1%
Q:勝敗のかかった正念場でシュートを打たせるなら?
  1. ステファン・カリー – 51.7%
  2. ケビン・デュラント – 31%
  3. ジェイムス・ハーデン – 10.3%
  4. カーメロ・アンソニー – 6.9%
Q:最もタフなプレーヤーは?
  1. トニー・アレン – 20.7%
  2. ドレイモンド・グリーン – 17.2%
  3. コービー・ブライアント – 6.9%
    ジミー・バトラー – 6.9%
    ザック・ランドルフ – 6.9%
    ラッセル・ウェストブルック – 6.9%
Q:2015-16シーズンに最もブレイクしそうな選手は?
  1. アンドリュー・ウィギンス – 17.2%
  2. ヤニス・アデトクンボ – 13.8%
  3. ブラッドリー・ビール – 10.3%
    ジャバリ・パーカー – 10.3%
  4. アンソニー・デイビス – 6.9%
Q:これからフランチャイズを始めるとして、誰でも好きな現役選手を選べるなら誰を取る?
  1. アンソニー・デイビス – 86.2%
  2. ケビン・デュラント – 6.9%
    レブロン・ジェイムス – 6.9%

この項目でレブロンがトップに選ばれなかったのは、2010-11シーズンのアンケート以来初となる。

4.コーチ&チーム

グレッグ・ポポビッチHC

by Jack/Flickr

Q:NBAで最高のヘッドコーチは?
  1. グレッグ・ポポビッチ – 48.3%
  2. ドック・リバース – 31%
  3. スティーブ・カー – 13.8%
Q:試合中のアジャストメントが最も優れたコーチは?
  1. グレッグ・ポポビッチ – 37.9%
  2. リック・カーライル – 31%
  3. スティーブ・カー – 10.3%
  4. ジェイソン・キッド – 6.9%
Q:現役選手の中で将来優秀なコーチになりそうなのは?
  1. クリス・ポール – 25%
  2. マイク・コンリー – 14.3%
  3. スティーブ・ブレイク – 12.5%
  4. アンドレ・ミラー – 7.1%
  5. ジャレット・ジャック – 5.4%
Q:最もエキサイティングなチームは?
  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 93.1%
Q:NBAのベストディフェンシブチームは?
  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 58.6%
  2. メンフィス・グリズリーズ – 34.5%
Q:2015-16シーズンに最も成長しそうなチームは?
  1. オクラホマシティー・サンダー – 25%
  2. ミルウォーキー・バックス – 17.9%
  3. ニューオリンズ・ペリカンズ – 14.3%
  4. マイアミ・ヒート – 10.7%

Image by Erik Drost/Flickr

ソース:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • くりあたま

    優秀なHCになれそうな現役選手はダンカンだと思います。
    やはりポポヴィッチと一番バスケットを長くやってきてますし、その間のバスケットの変化にも柔軟に対応し、チームの大黒柱であり続けていますから現役選手の中ではバスケットの理解度は一番でしょう。
    思えばダンカンはインサイド天下のバスケットから今の3pt中心のバスケットまで常に一流の選手であり続けた数少ない選手だと思います

    • ダンカンも優秀なヘッドコーチになれそうですね。おっしゃる通り、10年前とは180度変わったスパーズのスタイルにも完璧に順応できるほど器用ですし、チームプレーを芯から理解しています。エゴをほとんど表に出さない一方で、無言の威圧感やカリスマ性もあります。引退後も、何らかの形でNBAに関わってほしいです。

Back to Top ↑