ブログ 2018オールスター リザーブ

Published on 1月 24th, 2018 | by Tunaパスタ

1

2018NBAオールスターのリザーブが決定

NBAが現地23日、リーグヘッドコーチたちの投票により選出された2018オールスターのリザーブ14選手を発表した。

2018スターター

イースト

プレーヤー 出場回数
G カイル・ラウリー 4回目
G ジョン・ウォール 5回目
G ブラッドリー・ビール
G ビクター・オラディポ
F アル・ホーフォード 5回目
F クリスタプス・ポルジンギス
F ケビン・ラブ 5回目

ブラッドリー・ビールとビクター・オラディポ、クリスタプス・ポルジンギスが初の選出。先発のジョエル・エンビードも加えると、今年のイーストからは4選手がオールスター初出場を果たす。

複数の選手が選ばれたのは、セルティックス(2人)、キャブス(2人)、ラプターズ(2人)、ウィザーズ(2人)の4チーム。今季にフリースローやパスが成長したピストンズのアンドレ・ドラモンドはキャリア2度目の選出を果たせず、リザーブ発表後にTwitterで、「得点する度にバク転でもすれば注目してもらえるのか?」「ふざけてるよ」と悔しさをかみしめていた。

ウェスト

プレーヤー 出場回数
G ラッセル・ウェストブルック 7回目
G クレイ・トンプソン 4回目
G ジミー・バトラー 4回目
G デイミアン・リラード 3回目
F ラマーカス・オルドリッジ 6回目
F カール・アンソニー・タウンズ
F ドレイモンド・グリーン 3回目

ウェスタンカンファレンスでは、ウルブズのカール・アンソニー・タウンズが初出場。昨季と同じく、ウォリアーズからは、カリー、デュラント、トンプソン、グリーンの4選手が選出された。

ウォリアーズの他に複数の選手がオールスターになったチームは、ペリカンズ(2人)とウルブズ(2人)。昨季までオールスター常連だったクリス・ポールとポール・ジョージ、カーメロ・アンソニーは選出漏れとなっている。

なお今年はここからチーム分けが行われ、ファン投票でそれぞれのカンファレンス1位だったレブロン・ジェイムスとステフィン・カリーがチームキャプテンとなり、ドラフト形式で残りのオールスター12選手を順番に指名。ロスターは現地1月25日に発表される。

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑