ブログ 2016-17-%e4%ba%88%e6%83%b3

Published on 10月 20th, 2016 | by Tunaパスタ

6

NBA30チームのGMが2016-17シーズンを予想: 優勝大本命はウォリアーズ

現地18日、NBA.comが2016-17シーズンの「GM Survey」を公開した。

GM Surveyは、リーグのゼネラルマネージャー(GM)30人を対象に実施する毎年恒例のアンケート調査。優勝候補チームやMVP有力選手、ルーキー賞候補など、10月25日に開幕するNBA2016-17シーズンに関するGMたちの展望をまとめたものだ。

(※2015-16シーズン版


GM Survey2016-17


1.シーズン予想

Q:2017NBAファイナルの勝者は?
  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 69%
  2. クリーブランド・キャバリアーズ – 31%

※昨季予想:キャブス– 53.6%

昨年はCLE/SAS/GSW/OKC/CHIの5チームが候補にあがり、キャブスが53.6%で本命とされたが、今季はFAでケビン・デュラント獲得に成功したウォリアーズが1番人気。ウォリアーズとキャブス以外のチームを優勝候補に挙げたGMは1人もいなかった。

新生ウォリアーズが初めから上手く機能するかどうかは、始まってみないとわからないが、プレシーズンでの数試合を見た感じ、クレイ・トンプソンがワイド・オープンのショットを頻繁に打つといったチート状態になっている。どちらかに大きな怪我でもない限り、アンケートの予想通り、3年連続のGSW対CLEファイナルが実現しそうだ。

各カンファレンスの順位予想は以下の通り:

▼イースト

チーム 1st 2nd 3rd 4th
CLE 96.7%
TOR 60.0% 27.6% 10.7%
BOS 3.3% 36.7% 40.0% 10.7%
IND 3.3% 16.7% 32.1%
DET 10.0% 14.3%
CHA 7.1%
WAS 3.3%
CHI 3.6%

▼ウェスト

チーム 1st 2nd 3rd 4th
GSW 96.7%
SAS 3.3% 76.7% 13.3% 3.6%
LAC 23.3% 60.0% 10.7%
OKC 6.7% 28.6%
POR 10.0% 17.9%
UTA 6.7% 17.9%
MEM 3.3% 7.1%
HOU 10.7%
DAL 3.6%

※キャブスとウォリアーズがそれぞれ1位票100%じゃないのは、各GMは自分のチームに投票できないため

2.アワード&プレーヤー

Q:2017MVPは?
  • レブロン・ジェイムス – 46.7%
  • ラッセル・ウェストブルック – 23.3%
  • ステファン・カリー – 10.0%
    ジェイムス・ハーデン – 10.0%
  • ケビン・デュラント – 6.7%
  • ポール・ジョージ – 3.3%

※昨季予想:レブロン・ジェイムス – 39.3%

MVP予想は5年連続でレブロンが1位。昨季に史上初の満票MVP受賞者となったステファン・カリーは、ウォリアーズでデュラントと票が割れると予想されてか、ジェイムス・ハーデンと並んで3位票数だった。

Q:新たにチームを立ち上げるとして、選手を1人選べるとしたら誰を選ぶ?
  1. カール・アンソニー・タウンズ – 48.3%
  2. ケビン・デュラント – 20.7%
  3. レブロン・ジェイムス – 17.2%

※昨季:アンソニー・デイビス – 86.2%

48%のGMが、新球団を作るならタウンズをフランチャイズプレーヤーに選ぶと回答。昨季のタウンズは、 近年ルーキーで屈指レベルのインパクトを残し、新人王に輝いた。

去年のアンケートで86.2%を獲得したアンソニー・デイビスは、昨季ペリカンズの低迷と怪我の不安要素があってか、上位に選ばれなかった。

Q:各ポジションのベストプレーヤー?
PG ステファン・カリー 63.3%
SG ジェイムス・ハーデン 56.7%
SF レブロン・ジェイムス 76.8%
PF アンソニー・デイビス 29.0%
C デアンドレ・ジョーダン 33.3%

それぞれのポジションの2位は、PGがクリス・ポール(20.0%)、SGがクレイ・トンプソン(40.0%)、SFがケビン・デュラント(23.2%)、PFがレブロン・ジェイムス(19.4%)、Cがデマーカス・カズンズ(26.7%)となっている。

Q:2017ルーキー・オブ・ザ・イヤーは?
  1. クリス・ダン(ウルブズ)- 46.7%
  2. バディ・ヒールド(ペリカンズ) – 13.3%
    ベン・シモンズ(76ers) – 13.3%
  3. ジョエル・エンビード(76ers) – 10.0%
    ブランドン・イングラム(レイカーズ) – 10.0%

▼クリス・ダン、サマーリーグハイライト

Q:NBAのベスト・ディフェンダーは?
  1. カワイ・レナード – 66.7%
  2. レブロン・ジェイムス – 10.0%
  3. エイブリー・ブラッドリー – 6.7%
    ドレイモンド・グリーン – 6.7%
    デアンドレ・ジョーダン – 6.7%
  4. ハッサン・ホワイトサイド – 3.3%

ゴール下の守護神であるティム・ダンカンがいなくなったことで、レナードやスパーズのディフェンスにどんな影響が出るか…?もしレナードが今季もDPOYに輝けば、ドワイト・ハワードに次いで、史上2人目の3年連続選出となる。

Q:最も優れたインテリア・ディフェンダーは?
  1. デアンドレ・ジョーダン – 50.0%
  2. ルディ・ゴベール – 16.7%
  3. ドレイモンド・グリーン – 10.0%
  4. マーク・ガソル – 6.7%
Q:最も優れたNBAのインターナショナル・プレーヤーは?
  1. ヤニス・アデトクンボ – 27.6%
  2. マーク・ガソル – 24.1%
  3. ダーク・ノビツキー – 22.4%
  4. クリスタプス・ポルジンギス – 12.1%
  5. パウ・ガソル – 6.9%

昨季後半から、ポイント・フォワードとして一気にブレイクしたグリーク・フリークが1位。インターナショナル勢も世代交代が進みつつある。

Q:2016-17に最もブレイクしそうな選手は?
  1. デビン・ブッカー – 31.0%
  2. カール・アンソニー・タウンズ – 13.8%
  3. マイルズ・ターナー – 10.3%
  4. ディアンジェロ・ラッセル – 6.9%
    アンドリュー・ウィギンス – 6.9%
Q:最もアスレチックな選手は?
  1. ラッセル・ウェストブルック – 62.1%
  2. レブロン・ジェイムス – 17.2%
  3. ザック・ラビーン – 10.3%
  4. アーロン・ゴードン – 6.9%
  5. ヤニス・アデトクンボ – 3.4%
Q:ベスト・シューターは?
  1. ステファン・カリー – 60.0%
  2. クレイ・トンプソン – 26.7%
  3. カイル・コーバー – 10.0%
  4. J.J.レディック – 3.3%
Q:オフボールでの動きが最も上手い選手は?
  1. クレイ・トンプソン – 40.0%
  2. カイル・コーバー – 30.0%
  3. J.J.レディック – 16.7%
  4. ステファン・カリー – 6.7%

オフボール・プレーヤーの上位は、シューターと同じ4人。いずれも、絶対に一瞬たりともノーマークにできない選手だ。

Q:ベスト・パサーは?
  1. クリス・ポール – 62.1%
  2. レブロン・ジェイムス – 20.7%
  3. リッキー・ルビオ – 10.3%
Q:出場した際に最も影響力が強いベンチプレーヤーは?
  1. ジャマール・クロフォード – 46.7%
  2. アンドレ・イグダーラ – 40.0%
  3. ザック・ランドルフ – 6.7%
Q:最もタフなプレーヤーは?
  1. トニー・アレン – 23.3%
  2. カワイ・レナード – 16.7%
  3. ラッセル・ウェストブルック – 13.3%
  4. スティーブン・アダムス – 10.0%
Q:勝敗がかかった場面でショットを任せたい選手は?
  1. ステファン・カリー – 75.9%
  2. レブロン・ジェイムス – 10.3%

3.チーム&コーチ

Q:NBAのベスト・ヘッドコーチは?
  1. グレッグ・ポポビッチ(スパーズ) – 83.3%
  2. リック・カーライル(マブス) – 13.3%
  3. ブラッド・スティーブンス(セルティックス) – 3.3%
Q:オフェンスが優れたコーチは?
  1. スティーブ・カー(ウォリアーズ) – 63.3%
  2. グレッグ・ポポビッチ(スパーズ) – 16.7%
  3. リック・カーライル(マブス) – 6.7%
    マイク・ダントーニ(ロケッツ) – 6.7%
Q:ディフェンスが最も優れたコーチは?
  1. トム・シボドー(ウルブズ) – 60.0%
  2. グレッグ・ポポビッチ(スパーズ) – 33.3%
Q:将来的に優れたHCになりそうな現役選手は?
  1. クリス・ポール – 27.6%
  2. ジャレッド・ダドリー – 10.3%
    ロニー・プライス – 10.3%
  3. マヌ・ジノビリ – 6.9%
    ジェイソン・テリー – 6.9%
Q:2016-17に最も成長しそうなチームは?
  1. ウルブズ – 56.7%
  2. ジャズ – 23.3%
  3. ニックス – 10.0%
Q:もっと評価されるべき選手獲得は?
  1. ジョージ・ヒル、ジャズ – 24.1%
  2. ジェフ・ティーグ、ペイサーズ – 13.8%
  3. アンドリュー・ボガット、マブス – 10.3%
  4. サージ・イバカ、マジック – 6.9%
    ビクター・オラディポ、サンダー – 6.9%

4.その他

Q:改正が必要なルールは?
  1. ドラフトのロッタリー確率/システム – 30.0%
  2. タイムアウトの回数削減 – 20.0%
  3. 故意のファウル – 10.0%
  4. FIBAのゴールテンディングに関するルールを採用 – 6.7%
    シーズンスケジュールの変更 – 6.7%

個人的に、タイムアウト回数の削減には大賛成。もしくは、FIBAのように、ライブボール中のタイムアウトを禁止にしてもいいと思う。そうすれば、接戦の終盤に時計が止まりまくることも少なくなる。

ソース:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 小町寛士

    インテリアディフェンダー・・・?

  • masayann

    ファイナルはやはりGSW対キャブスになるんですかね?GSWはカリーかKDがドライブした時に外でクレイ&KDorカリーが外で待っているというのは反則ですよね(笑)(うまくいけばの話ですが、、、)あとプレシーズンは観れないんですがスタッツを見るとパトリックマッカウが結構いい選手なのかな?と思うんですがどうなんでしょうか?

  • お茶

    こういう記事アンテナが低い自分は助かりますし、ほんとに好きです笑
    イーストはリーグトップレベルの若き才能がレブロンを苦しめるレベルに成長したら面白そうなんですけどねー
    タウンズの評価は頗る高いですね!プレイエリアも広くディフェンスも上手い!本当に来てほしかった…KGから色々盗めたのでしょうかね?
    あとダドリーのコーチとしての評価の高さが以外でした、インタビューではチクリとした発言というイメージでしたが何かあるんでしょうか

  • 名無し

    ラッセルはさて今季どんな活躍をしてくれるでしょうね。非常に楽しみです。

    自分もウルブズ楽しみです。というかここ2-3年は毎年期待してるんですけどね笑。ラビーンがなぜかルビオのバックアップPGだった昨シーズンの前半戦は頭に疑問符をつけながら見ていましたがSG先発に定着してくれて一安心。ラビーンは身体能力だけでなくアウトサイドも持ってますし、ウィギンスもオールラウンドでポテンシャルの塊、タウンズなんかはゴリゴリにインサイドを攻めることもできれば3pまで打てるとか期待しかないですね。ルビオはシュートさえ安定すれば今の数倍は脅威になるはず。

    まだ若いですしほんとに期待してます。ただラビーンとルビオが放出されるかもしれないのが怖いですね….。
    ビッグ4としてリーグに新風を吹かしてほしいんですが。

    • DW

      私もウルブズにはここ2-3年期待し続けてます!
      バックアップPGに期待のルーキーが入り、ヘッドコーチもディフェンスが強みのティボドーになったことですし、今年は今まで以上に期待してしまいますね!!

      • 名無し

        今年で多くのレジェンド選手が引退しましたからね、なんというか、時代の節目みたいな気がします笑
        ここからまた若さ溢れるMIN、LAL、76esあたりが台頭してくると思うので、どんどん期待したいですね!来シーズンはGSWという圧倒的なチームに彼ら新戦力がどれだけ通用するのかもすごい楽しみです!

Back to Top ↑