ブログ 2017-18 GMアンケート

Published on 10月 5th, 2017 | by Tunaパスタ

4

NBA2017-18シーズンのGMアンケート調査: 93%が「ウォリアーズ連覇」

NBAが2017-18シーズンの「GM Survey」を公開している。

GM Surveyは、NBAチームのゼネラルマネージャー(GM)30人を対象に毎年実施するアンケート調査。優勝候補チームやMVP有力選手、ルーキー賞候補など、10月17日に開幕となる2017-18シーズンに関するGMたちの予想をまとめたものだ。


GM Survey


1.シーズン予想

Q:2018年NBAファイナルの勝者は?

  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 93%
  2. クリーブランド・キャバリアーズ – 7%

※昨季予想 :ウォリアーズ – 69%

2016-17プレーオフを16勝1敗で勝ち抜いたウォリアーズがダントツの1番人気で、GM30人中28人が今季も優勝と予想。残りの2人がキャブスに票を投じた(GMは自分のチームに投票できない)。スター選手獲得で力をつけたサンダーやロケッツには票が入らず、まだまだウォリアーズの天下が続くと考えられているようだ。

カンファレンスの予想順位は以下の通り(上位4チーム):

▼イースト

チーム 1位 2位 3位 4位
CLE 86% 10%
BOS 10% 79% 8%
WAS 3% 10% 59% 19%
TOR 34% 46%

▼ウェスト

チーム 1位 2位 3位 4位
GSW 97%
HOU 45% 45% 4%
SAS 3% 38% 21% 30%
OKC 17% 34% 44%
2.アワードとプレイヤー

Q:2017-18シーズンのMVPは?

  1. レブロン・ジェイムス – 50%
  2. ケビン・デュラント – 29%
  3. カワイ・レナード – 11%
  4. ジェイムス・ハーデン – 7%
  5. ステフィン・カリー – 4%

※昨季予想:レブロン・ジェイムス – 47%

レブロンはGMアンケートのMVP予想で6年連続の1位。

Q:新たにチームを立ち上げるとして、好きな選手を1人選べるとしたら誰を選ぶ?

  1. カール・アンソニー・タウンズ – 29%
  2. ヤニス・アデトクンボ – 21%
  3. レブロン・ジェイムス – 18%
  4. カワイ・レナード – 14%
  5. ケビン・デュラント – 11%

※昨季予想:カール・アンソニー・タウンズ – 48%

この質問では票が割れたが、1位は昨季と同じくウルブズのカール・アンソニー・タウンズ。若手スターが有利な質問にもかかわらず、32歳のレブロンがこれだけの票数(5票)を集められるのはさすがだ。他には、ステフィン・カリーとアンソニー・デイビスも票を獲得している。

Q:各ポジションのベストプレイヤーは?

PG ステフィン・カリー 62%
SG ジェイムス・ハーデン 83%
SF レブロン・ジェイムス 61%
PF アンソニー・デイビス 41%
C カール・アンソニー・タウンズ 28%

それぞれのポジションの2位は、PGがラッセル・ウェストブルック(28%)、SGがクレイ・トンプソン(10%)、SFがケビン・デュラント(32%)、PFがレブロン・ジェイムス(28%)、Cがアンソニー・デイビス(24%)となっている。

Q:来季に大ブレイクしそうな選手は?

  1. カール・アンソニー・タウンズ – 21%
  2. クリスタプス・ポルジンギス – 14%
    マイルズ・ターナー – 14%
  3. ユスフ・ヌルキッチ – 10%
  4. アンドリュー・ウィギンス – 7%

※昨季予想:デビン・ブッカー – 31%

Q:NBAのベストディフェンダーは?

  1. カワイ・レナード – 62%
  2. ドレイモンド・グリーン – 21%
  3. ルディ・ゴベール – 10%

昨季は3年連続DPOYを逃したレナードだが、GMアンケートでは今年も1位。今季はオフェンス面での負担がさらに増すことが予想され、どこまでディフェンスに力を入れられるか?

Q:最もアスレチックな選手は?

  1. ラッセル・ウェストブルック – 62%
  2. レブロン・ジェイムス – 14%
  3. ザック・ラビーン – 10%

Q:ベストシューターは?

  1. ステフィン・カリー – 71%
  2. クレイ・トンプソン – 25%
  3. デビン・ブッカー – 4%

Q:オフボールでの動きが最も上手い選手は?

  1. クレイ・トンプソン – 61%
  2. J.J.レディック – 14%
  3. ステフィン・カリー – 7%
    カイル・コーバー – 7%

Q:ベストパサーは?

  1. レブロン・ジェイムス – 36%
  2. クリス・ポール – 32%
  3. ジェイムス・ハーデン – 7%
    リッキー・ルビオ – 7%
    ジョン・ウォール – 7%

Q:最もタフな選手は?

  1. スティーブン・アダムス – 14%
    ドレイモンド・グリーン – 14%
    カワイ・レナード – 14%
  2. レブロン・ジェイムス – 10%
  3. トニー・アレン – 7%
    ラッセル・ウェストブルック – 7%

Q:最高のリーダーは?

  1. レブロン・ジェイムス – 43%
  2. クリス・ポール – 21%
  3. ステフィン・カリー – 14%
  4. マイク・コンリー – 7%

Q:最も万能な選手は?

  1. レブロン・ジェイムス – 55%
  2. ケビン・デュラント – 14%
    カワイ・レナード – 14%
  3. ヤニス・アデトクンボ – 10%
  4. ドレイモンド・グリーン – 7%

Q:最もバスケットボールIQの高い選手は?

  1. レブロン・ジェイムス – 64%
  2. クリス・ポール – 14%
  3. ステフィン・カリー – 11%

Q:正念場で最後のショットを託したい選手は?

  1. ステフィン・カリー – 55%
  2. ケビン・デュラント – 34%
  3. カイリー・アービング – 7%
  4. レブロン・ジェイムス – 3%
ルーキー&インターナショナル

Q:2017-18シーズンの新人王は?

  1. ロンゾ・ボール – 62%
  2. ベン・シモンズ – 24%
  3. デニス・スミスJr. – 7%

今季の新人王レースは、豊作とされる2017年ドラフト組に加え、2016年ドラフト1位指名のベン・シモンズ、さらにセルビア代表のボグダン・ボグダノビッチ(キングス)らも参加するため、大混戦が期待される。

▼今季ルーキーのプレシーズンデビュー

Q:5年後に最も活躍していそうなルーキーは?

  1. ジョシュ・ジャクソン – 24%
  2. マーケル・フルツ – 21%
    ジェイソン・テイタム – 21%
  3. ロンゾ・ボール – 14%
    ベン・シモンズ – 14%

Q:NBAにいるインターナショナル勢で最高の選手は?

  1. ヤニス・アデトクンボ – 69%
  2. ニコラ・ヨキッチ – 14%
  3. マーク・ガソル – 10%
  4. クリスタプス・ポルジンギス – 7%
チーム&コーチ

Q:最も優れたヘッドコーチは?

  1. グレッグ・ポポビッチ – 82%
  2. スティーブ・カー – 11%

Q:試合中のアジャストメントが最も上手いコーチは?

  1. リック・カーライル – 34%
  2. ブラッド・スティーブンス – 31%
  3. グレッグ・ポポビッチ – 24%
  4. スタン・ヴァン・ガンディ – 7%
  5. マイク・ブーデンホルザー – 3%

Q:オフェンスの采配が最も優れたコーチは?

  1. スティーブ・カー – 59%
  2. マイク・ダントーニ – 24%
  3. ブラッド・スティーブンス – 10%

Q:ディフェンス戦略に最も長けたコーチは?

  1. グレッグ・ポポビッチ – 41%
  2. トム・シボドー – 34%
  3. スティーブ・カー – 7%

Q:現役選手の中で優秀なコーチになりそうなのは?

  1. クリス・ポール – 39%
  2. マヌ・ジノビリ – 14%
  3. ステフィン・カリー – 7%
    ギャレット・テンプル – 7%

Q:最も見るのが楽しいチームは?

  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 90%
  2. ヒューストン・ロケッツ – 7%
  3. デンバー・ナゲッツ – 3%

Q:ホームコートアドバンテージが最も大きいチームは?

  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 76%
  2. オクラホマシティー・サンダー – 7%
    サンアントニオ・スパーズ – 7%

Q:最もディフェンスに強いチームは?

  1. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 55%
  2. サンアントニオ・スパーズ – 34%
  3. ユタ・ジャズ – 7%
  4. オクラホマシティー・サンダー – 3%

Q:2017-18に飛躍しそうなチームは?

  1. ウルブズ – 69%
  2. 76ers – 17%
オフシーズンとその他

Q:最も素晴らしいオフシーズンを送ったチームは?

  1. オクラホマシティー・サンダー – 43%
  2. ボストン・セルティックス – 25%
  3. ミネソタ・ティンバーウルブズ – 14%
  4. ヒューストン・ロケッツ – 11%
  5. ゴールデンステイト・ウォリアーズ – 7%

上位4チームはそれぞれ強力なスター選手をFAもしくはトレードで獲得。ウォリアーズはカリー、デュラント、イグダーラ、リビングストンをはじめとする優勝メンバーとの再契約に成功し、さらにミニマムサラリーでオムリ・カスピやニック・ヤングをロスターに加えている。

Q:どの選手の移籍が最も大きな影響を及ぼしそう?

  1. ポール・ジョージ – 59%
  2. ジミー・バトラー – 17%
  3. クリス・ポール – 10%
  4. カイリー・アービング – 7%

Q:もっと評価されるべきオフシーズン人事は?

  1. ポール・ミルサップ(ナゲッツ) – 24%
  2. エイブリー・ブラッドリー(ピストンズ) – 17%
  3. ジミー・バトラー(ウルブズ) – 10%
    ジェイ・クラウダー(キャブス) – 10%
  4. ボグダン・ボグダノビッチ(キングス) – 7%
    ルディ・ゲイ(スパーズ) – 7%

Q:オフシーズンで最も大きなサプライズは?

  1. セルティックス/キャブスのトレード
  2. ポール・ジョージのサンダー移籍
  3. クリス・ポールのロケッツ移籍

Q:今後のリーグに必要なルール変更は?

  1. プレーオフのフォーマット
  2. ドラフト抽選の確率/システム
  3. ドラフトコンバイン(開催の時期やメディカルテストについて)
  4. アドバンス・ザ・ボール・ルールの導入

(※2016-17シーズン版「GM Survey」

Thumbnail via NBA/YouTube

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    開幕間近ですね!!

    それにしても今オフは、人の移動が本当に多かったですね
    特にセルツなんて、去年のスタメンの原型がほぼないとか 笑

    …と、激動のオフでしたが、それでもGM方の目からすれば冷静にウォリアーズ優勝で間違いないだろう、と…
    しかもその率は去年よりも大幅に増えている、と 笑
    まぁ、そりゃそうか 苦笑

    僕は個人的には今シーズンはサンダーに注目したいな、と思ってます。
    いずれにしても開幕楽しみです!

  • ニステル

    いつも楽しく拝見させていただいております!
    一通りふむふむといった感じで読んでましたが、「優秀なコーチになりそうな選手」でギャレットテンプルが選ばれてたのはちょっと気になります笑
    それと「試合中のアジャストメントが上手いコーチ」という点でもリックカーライルが1位というところも気になります。今回も興味深い記事でした(^^)更新応援してます!

    • HHK

      テンプルは選手からの人望も厚く選手会の副代表にも選ばれています。苦労人でありハードワークで契約を勝ち取ってきたテンプルは、人格者でもあり、リーダーシップも持ち合わせていますから、このように評価するGMもいるんでしょうね。

      • ニステル

        テンプルがそういう選手とは全く知りませんでした、そういうことなんですね。
        確かに実力やネームバリューだけでなく人格面も大事ですもんね
        疑問が解決しました!ありがとうございました(^^)

Back to Top ↑