ブログ セルティックス プレシーズン

Published on 10月 3rd, 2017 | by Tunaパスタ

0

新生セルティックスがプレシーズン初戦に勝利

今オフにカイリー・アービングやゴードン・ヘイワードを獲得し、ロスターをがらり入れ替えたボストン・セルティックスが、現地2日にホームで行われたプレシーズンゲームでシャーロット・ホーネッツと対戦。試合中盤の接戦から第4Qに主導権を握り、プレシーズン初戦を94-82の快勝で飾った。

新チーム結成後で初の実戦となったこの日のセルティックスだが、ボールムーブメントは非常に良かった。パスを回しすぎてしまうような場面もあったが、先発ユニットではアル・ホーフォードが中心となりながら、ヘイワードはもちろんのこと、アービングもドリブルでオフェンスの流れを止めることなく、2人ともオフボールで良い攻めができていた印象。まだプレシーズンの1試合が終わったばかりなので何とも言えないが、ボール/プレイヤー・ムーブメントを重視するブラッド・スティーブンスHCのシステムで、ビッグスリーは問題なく共存できそうな気がする。

▼アービングとホーフォードのコンビプレイ

セルティックスは、ビッグスリーがそれぞれ20分以下の出場で、ホーフォードが7得点/6リバウンド/4アシスト、アービングが9得点、ヘイワードが5得点/5リバウンドを獲得。先発センターを務めた新加入のアーロン・ベインズが10得点/5リバウンド、2年目のジェイレン・ブラウンが6得点、3アシストをマークしている。

ベンチメンバーでは、マーカス・スマートが3本のスリー成功で9得点を記録。さらに新人たちも活躍し、ドラフト3位指名のジェイソン・テイタムが9得点、ドイツ出身のダニエル・テイスはわずか14分の出場で12得点、7リバウンド、3アシストをあげた。

▼25歳ルーキーのテイス

敗れたホーネッツは、ジェレミー・ラムがベンチからゲーム最多の17得点、ケンバ・ウォーカーが12得点をマーク。この日が新チームデビュー戦となったドワイト・ハワードは、7得点、10リバウンド、3ブロックを記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑