ブログ ウォリアーズ ナゲッツ プレシーズン

Published on 10月 2nd, 2017 | by Tunaパスタ

0

ナゲッツがプレシーズン開幕戦でウォリアーズを撃破

今年もNBAプレシーズンがついに始まった!!

開幕日となった現地9月30日には、昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズと新戦力追加でプレーオフ進出を狙うデンバー・ナゲッツがオラクルアリーナで対戦。先発ラインアップで差を付けたナゲッツが108-102で勝利した。

▼プレシーズンはスロースタート

https://twitter.com/BR_NBA/status/914296404364771328

この日のナゲッツを牽引したのは、今夏FAでチームに加入したオールスターPFのポール・ミルサップ。25分の出場で4本のスリーを含む7本中11本のFGを成功させ、チームデビュー戦から22得点、11リバウンドのダブルダブルを記録するオールラウンドぶりを発揮した。

ナゲッツは他に、ベンチ出場のエマニュエル・ムディエイが19得点、6アシストをマーク。チームの若き大黒柱ニコラ・ヨキッチが12得点、6リバウンド、メイソン・プラムリーが12得点、10リバウンドを記録している。

▼ヨキッチは見事なパスセンスを披露

対するウォリアーズは、プレシーズン初日ということもあってかシューティングが絶不調で、チーム合計で33本中29本のスリーに失敗。ステフィン・カリーが11得点、クレイ・トンプソンとケビン・デュラントがそれぞれ10得点をあげたが、二桁得点に達したのはこの3選手のみに終わっている。

その一方で、新人のジョーダン・ベルは、第3Qに初めて試合にチェックインしてから間もなく、ブロックやアリウープを決めるなど大奮闘。わずか10分の出場ながら、公式戦でもプレイタイムを稼げそうなポテンシャルを見せた。

▼グリーンとベルのアリウープ

なおこの日は、試合前にドレイモンド・グリーンのDPOYトロフィー授与式が執り行われ、グリーンの憧れの選手である元ピストンズのベン・ウォーレスがプレゼンターとしてサプライズ登場した。

「私がドレイモンドに初めて会ったのは、彼が9歳の頃。彼とはバスケットボールの話をたくさんした。ドレイモンドは私の話をちゃんと聞いて、私がバスケットボールについて教えたことを実践してきた。そんな彼が大成功を収める姿を見られて、私はとても嬉しいよ」
– ベン・ウォレス

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑