ブログ ビクター・オラディポ キャリアハイ

Published on 12月 11th, 2017 | by Tunaパスタ

1

オラディポがキャリア最多の47得点、ペイサーズ4連勝

ポール・ジョージの後釜としてインディアナ・ペイサーズでエース級の活躍を続けるビクター・オラディポが、現地10日に本拠地バンガーズライフ・フィールドハウスで行われたデンバー・ナゲッツ戦で47得点をマーク。再び正念場でステップアップして自己最多得点記録を更新し、チームを4連勝に導いた。

この日の試合は、第4Q残り3分を切ったところでナゲッツの8点リードと、かなり厳しい状況に追い込まれていたホームチームのペイサーズだが、そこからオラディポの3連続フィールドゴールを含む8連続得点でピリオドをクローズし同点。延長戦に持ち込むと、OTでは開始から11-0のランで一気に畳みかけて勝負を決めた。

▼キャリアハイ

オラディポは47得点(FG28本中15本)に加えて、7リバウンドと6アシストをマーク。ペイサーズは他に、マイルズ・ターナーが24得点、ドマンタス・サボニスが20分の出場で14得点をあげた。

次にペイサーズは、現地13日にホームでオクラホマシティ・サンダーと対戦。元フランチャイズスターの古巣初凱旋ということもあり、オラディポをはじめとしたペイサーズメンバーは燃えるに違いない。

▼ランス・スティーブンソンはチームハイ6アシスト

大黒柱のニコラ・ヨキッチとポール・ミルサップが離脱中のナゲッツは、トレイ・ライルズが自己ベストの25得点、ウィル・バートンとゲーリー・ハリスがそれぞれ21得点を獲得。なおこの日のナゲッツは、今季26試合目にして、初めて試合開始のジャンプボールに勝利している。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑