ブログ マッカラム パーソンズ

Published on 1月 29th, 2017 | by Tunaパスタ

2

パーソンズとマッカラムがツイッターでトラッシュトーク

ポートランド・トレイルブレイザーズのC.J.マッカラムとメンフィス・グリズリーズのチャンドラー・パーソンズが、コートの外でも熱い火花を散らしている。

事の発端となったのは、ブレイザーズの公式Twitterアカウントが現地27日に行われたグリズリーズ戦の試合中に発信したツイート。パーソンズがスリーをエアボールするGIF画像を投稿し、「NBAの3Pラインはバスケットからすごく遠いから仕方ないよ」とコメントを添えた。

試合後、ブレイザーズの煽りコメントに対して、パーソンズがリプライ。

「今年のロッタリー抽選でうまくいくといいね」
– チャンドラー・パーソンズ

「ブレイザーズはプレーオフに出れないだろうから、ドラフトのロッタリーで頑張れ」と示唆して反撃した。1月28日現在、ブレイザーズは21勝27敗のウェスト9位で、7位のグリズリーズに6ゲーム差を付けられている。

すると今度は、それを見たブレイザーズのC.J.マッカラムが、パーソンズにキツイ一言を返す。

「お前と契約しなかったことで、俺たちは宝くじ(ロッタリー)に当たったようなものだ」
– C.J.マッカラム

今季のパーソンズは20試合の出場で6.7得点を平均。オフシーズンに4年/9400万ドルというMAXレベルの高額契約でグリズリーズに移籍したが、今季も引き続き怪我に苦しめられており、今のところサラリーに見合った活躍は出来ていない。

いずれにせよ、パーソンズ、マッカラムともに煽り合いを楽しんでいるようで何よりだ。こういったオフコートでのやり取りが見れるのも、NBAの魅力の一つかもしれない。

なお27日の試合は、終盤の接戦を制したブレイザーズが112-109で勝利。ブレイザーズはデイミアン・リラードが33得点、グリズリーズはマルク・ガソルが32得点/4ブロックで活躍した。

Via Twitter

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    中々えぐいですが、全面的にマカラムが正しいですね。笑
    ウエストではグリズリーズを応援してます。

  • お茶

    シャックとピッペンの時のような最強議論というか意地の張り合いみたいなのはみていて笑えますけど、ここまで露骨な貶し合いだとちょっとアレですね
    試合中のトラッシュトークのやり合いやナイスプレイからの雄叫びみたいなのは個人的に大好物なのでなんともいえないです

Back to Top ↑