ブログ ペジャ・ストヤコビッチ 永久欠番

Published on 9月 17th, 2014 | by Tunaパスタ

0

ペジャ・ストヤコビッチの背番号が永久欠番に!!

元サクラメント・キングスのフォワードで、00年代のNBAを代表するシューター、ペジャ・ストヤコビッチの背番号「16」が永久欠番となる。球団が現地16日に発表した。

セルビア出身のストヤコビッチは、1996年のドラフトでキングスから全体14位指名を受け、1998年にギリシャのプロリーグからNBAへと移籍。デビュー3年目でスタメンの座を勝ち取ると一気に才能を開花させ、クリス・ウェバーやマイク・ビビーらと共にキングスの中心的メンバーの一人として大活躍した。2002~2004年には、3年連続でオールスターに選出されている。

当時のキングスは最高にエキサイティングなチームだった。ストヤコビッチが在籍した7年間で、チームは一度もプレイオフ進出を逃していない。

2001-02シーズンには、球団史上最多かつリーグ首位となる61勝21敗を記録し、ウェスタンカンファレンスファイナルの第7戦まで勝ち進んだ。サクラメントに移転して以来ずっとリーグの弱小チームだったキングスにとって、00年代前半はまさに黄金時代といえる。

▼00年代キングス

「サクラメントでの日々は、僕のキャリア、僕の人生にとって最高の時間だった。サクラメントで僕らが作り上げたもの、そしてファンやコミュニティーとの間に築いたつながりを誇りに思っている」
– ペジャ・ストヤコビッチ

ストヤコビッチは8シーズン目にキングスからペイサーズへとトレード移籍。その後、ホーネッツ、ラプターズを経て、2011年にダラス・マーベリックスで念願の優勝を果たし、シーズン終了後にNBAから引退した。

ストヤコビッチの最大の武器は、クイックリリースで放たれる精密なスリーポイントシュートだ。キャリア通算で1760本のスリーを沈めており、成功数で歴代13位の大記録を持っている。また、2002年と2003年には2年連続でオールスターのスリーポイントチャンピョンに輝いた。

▼2004年スリーポイントコンテス

他にもストヤコビッチは、キングスに在籍した7シーズン半で、出場試合数(518)、スリーポイント成功数(1070本)、フリースロー成功率(89.7%)において球団史上最多の記録を打ち立てた。

▼ベストクロスコートパス!!

ストヤコビッチの永久欠番セレモニーはちょうど3か月後の12月16日に行われる。

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「nba.com/kings

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑