ブログ ペリカンズ ドラフト1位指名権

Published on 5月 16th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ニューオリンズ・ペリカンズが2019ドラフト1位指名権を獲得!!

フランチャイズスターに別れを告げ、1からの再建に突入するはずだったニューオリンズ・ペリカンズにとてつもない幸運が舞い降りた。

NBAでは現地14日、今夏のドラフト指名順位を決める2019ドラフトロッタリーがシカゴで開催。抽選確率が大幅変更となった今年のロッタリーでは、1位指名権獲得のチャンスがそれぞれ14%で最も高かったレギュラーシーズン勝率下位3チーム(ニックス、キャブス、ブルズ)を抑え、当選確率6%だったペリカンズがジャックポットを引き当てた。

▼2019ドラフト指名順位

▼ペリカンズ!!!

▼ペリカンスタッフのリアクション

今年のドラフトで最大の目玉選手は、やはりデューク大のザイオン・ウィリアムソン。

ウィリアムソンはNCAA1年目の今季に33試合で22.6得点、8.9リバウンド、2.1スティール、1.8ブロック、FG成功率68%を平均。規格外の身体能力を持ったフォワードで、身長200cm以上、体重約130kgというビッグサイズの人間とはとても思えないスピードやアジリティ、跳躍でハイライトプレイを連発する。

ウィリアムソンの最大の魅力は、サイズに似つかわしくないガードスキルを持ったオールラウンダーぶりだろう。デューク大の名将マイク・シャシェフスキーHCに「私が大学で指導した中で最もユニークなアスリート」と言わしめたほど。タイプとしては、チャールズ・バークレーやブレイク・グリフィンに似ていると思う。

驚異的な身体能力とフィニッシュ力に加え、コートビジョンにも優れており、スクリーン&ロールやドリブル・ハンドオフからディアンドレ・ジョーダンのように強烈なアリウープを叩き込むのはもちろん、ドレイモンド・グリーンのようにショートロールから的確なプレイメイクをすることも可能。さらにドリブルも上手いので、ボールハンドラーとしてピック&ロールを指揮することもできる。ジャンプショットがまだ少しぎこちないが、それ以外にオフェンス面でほぼ弱点がない。

またディフェンス面では、スティールを強引に狙いに行くギャンブル癖があるものの、ペリメーターでガード選手に食い下がる機動力と、ポストでビッグマンに当たり負けしないパワーを持ち合わせている。将来的にはドレイモンドのようにすべてのポジションを守れる万能ディフェンダーへと成長を遂げるかもしれない。

ウィリアムソンがNBAでどこまで通用するかはもちろんまだわからないが、ポテンシャルの高さはアンソニー・デイビスにも匹敵するレベルだろう。

2011年12月、ペリカンズは当時のエースだったクリス・ポールをクリッパーズにトレード放出し、その翌年の2012ドラフトで1位指名権を手にしてデイビスを獲得。それから7年後、今度はデイビスと入れ替わる形で次期フランチャイズスター候補を手に入れる。絶妙なタイミングで再びリセットボタンを押せることとなったわけだが、こんな幸運は2度と起こらないかもしれないので、次こそは絶対に失敗できない。

ここからペリカンズがどんな動きを見せるのか非常に楽しみ。少し前なら、今オフシーズンにデイビスを放出して、可能な限りのアセットをかき集めるしか選択肢がなかった。

だが1位指名権を獲得した今なら、もし満足のいくオファーをオフ中に得られなかった場合、デイビスを残したままシーズンに臨み、来季トレードデッドラインまで再契約の交渉を粘るのもあり。ウィリアムソンと共にプレイさせることで、ペリカンズの将来性を感じさせることができれば、もしかするとデイビスも心変わりするかもしれない(その可能性は極めて低そうだが、もし実現すればそれがベストシナリオ)。

どんな形になるにせよ、ウィリアムソンの指名権を手にしたことにより、トレード交渉におけるペリカンズのレバレッジは増したはずだ。

なお今年のドラフトロッタリーでは、メンフィス・グリズリーズが8位から大幅にジャンプして全体2位指名権を獲得。3位がニューヨーク・ニックス、4位がロサンゼルス・レイカーズという結果となった。

他には、クリーブランド・キャバリアーズが5位、フェニックス・サンズが6位、アトランタ・ホークスが8位と、それぞれロッタリー前のオッズから順位が転落している。

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑