ブログ ボバン・マリヤノヴィッチ ピストンズ

Published on 7月 8th, 2016 | by Tunaパスタ

8

ピストンズ、ボバン・マリヤノヴィッチと契約合意

サンアントニオのボバンフィーバーが、早くも終わりを迎えることになりそうだ。

ESPNの報道によると、デトロイト・ピストンズが現地7日、センターのボバン・マリヤノヴィッチと3年/2100万ドルの契約で合意。

スパーズは、ピストンズのオファーにマッチすることで、制限付きFAのマリヤノヴィッチを残留させることができるが、1年目を終えたばかりのマリヤノヴィッチにはアーリー・バード例外条項が適用されないため、約700万ドルの年棒を払うのはキャップスペース的にほぼ不可能。よって、このまま移籍という形になるだろう。昨年のアーロン・ベインズに続いて、再びベンチビッグマンがピストンズへと流れていくこととなった。

昨季がNBAルーキーシーズンとなったマリヤノヴィッチは、54試合の出場で5.5得点、3.6リバウンド、0.4アシスト、FG成功率60.3%を平均。その圧倒的なサイズと存在感ですぐに人気者となり、敵地のファンから熱い声援を浴びることさえあった。

ピストンズのフランチャイズプレーヤーであるアンドレ・ドラモンドは、ボバン移籍のニュースを誰よりも喜んでいる様子。

https://twitter.com/AndreDrummondd/status/751198829417029636

「君が来てくれて本当にありがたい。ジャンプせずにダンクされるのにはウンザリしていたんだ…」
– アンドレ・ドラモンド

マリヤノヴィッチは、昨季のプレシーズンゲームで、ドラモンドにブロックとダンクを食らわせている。

これで今オフシーズンのスパーズは、ボリス・ディアウ、デビッド・ウェスト、マリヤノヴィッチとフロントコート3選手が移籍。このままティム・ダンカンまで引退ということになれば、昨季からチームに残るビッグマンは、ラマーカス・オルドリッジだけになってしまう。

とはいえ、暗いニュースばかりではなく、同日には現役続行を決めていたマヌ・ジノビリが、スパーズ残留をTwitterで宣言。

「もう1シーズン、スパーズに戻ることをみんなに発表できて嬉しい」

さらに、マリヤノヴィッチのニュースが報じられた直後、スパーズはFAのドウェイン・デドモンと2年/600万ドルの契約で合意に達した。

デドモンは昨季マジックで58試合に出場し、平均4.4得点、3.9リバウンドを記録。現在26歳で、身体能力の高いアスレチックな7フッターだ。スパーズが必要としていた人材になってくれるかもしれない。

参考記事:「ESPN

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑