ブログ レイ・アレン 復帰

Published on 8月 8th, 2016 | by Tunaパスタ

0

レイ・アレンが真剣にNBA復帰を検討中、セルティックスやバックスも候補に

41歳にして、2年間のブランクからのNBA復帰を目指す元オールスターのレイ・アレン。これまで契約先として、レブロン・ジェイムスがいるクリーブランド・キャバリアーズや優勝候補のゴールデンステイト・ウォリアーズが噂に上がっていたが、最近はサンアントニオ・スパーズやロサンゼルス・クリッパーズへの加入も検討している他、古巣であるボストン・セルティックスやミルウォーキー・バックスとも交渉しているという。

アレンは先日、コネチカット州の日刊紙『Hartford Courant』のインタビューで、復帰への意気込みを語った。

「もしこれらのチーム(セルティックス、バックス)に戻れるのならすごく嬉しい。両方とも素晴らしいチームだからね。僕がNBAに復帰するにあたって、チャンピオンシップが最優先である必要はないんだ。僕自身が貢献できると思えるような場所にいたい。プレーしながら、若いタレントがいるチームを手助けできるような環境がいい」
– レイ・アレン

アレンが最後にNBAのフロアに立ったのは、マイアミ・ヒートでの2013-14シーズン。2年のブランクの後に41歳でカムバックするというのはほぼ前代未聞で、元スター選手といえど、どれだけのインパクトを残せるのかは不明だが、今のところコンディションは良好らしい。

「つい先日も、ニューヨークで友人とワークアウトを行った。シュートを打って、現役時代にいつもやっていた通りのルーティンをこなした。確かに息切れはしたよ。でも昔のようにルーティンをやり通すことができたし、ブランクがあるようにも感じなかった。僕にとっては、『まだやれるか?』と考えるのではなく、やってみた後にどう感じるかが大切なんだ。そして先日は素晴らしい気分だった」

アレンはNBAでの18シーズンで、18.9得点、3P成功率40%を平均。歴代屈指のシューターとしてキャリア終盤でも大活躍を続け、レギュラーシーズン(2973本)とプレーオフ(385本)の両方で通算スリー成功数のNBA最多記録を保持してる。

▼2008ファイナル

なおアレンは、もしシーズン開幕までに契約を獲得できなかった場合は、「正式に引退するつもりだ」としている。

Image by Redfishingboat 

参考記事:「Hartford Courant

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑