ブログ 愛すべきティム・ダンカン

Published on 4月 30th, 2015 | by Tunaパスタ

14

ティム・ダンカンを愛すべき理由

他のNBAスーパースターたちのような派手さはないが、基本に忠実で努力家。試合にはありったけの情熱で臨むが、無駄口は叩かない。それでいて、白熱したプレーオフの試合であっても、接触プレーで対戦相手がフロアに倒れ込めば手を差し伸べ、立ち上がる手伝いをしたりもする。サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンは愛すべきプレーヤーだ。

先日、元ワシントン・ウィザーズのイータン・トーマスがダンカンに関する素敵なエピソードをシェアしていたので紹介したい。

以下、トーマスのFacebookページより:

「スパーズとの試合で、ポストプレーをした時の話だ。インサイドピボットからミドルに回り込んでジャンプフックを狙ったが、ダンカンにブロックされてしまった。それでディフェンスに戻ろうとしていると、ダンカンは俺に向かってこう言ったんだ、『悪くない動きだった。だがもう少し俺に体をぶつけてきたほうがいいな。そうすればファウルがもらえるか、もしくは俺にブロックされなくなるよ』ってね。それが挑発なのかどうかその時は判断が付かなかったから、とりあえず困惑した目で彼を見ながら『OK』って返事したんだ。それからしばらくして、また同じプレーをする機会があった。今度は体をぶつけてみたら、ブロックされなかったよ。シュートは外したけどね。するとダンカンはこっちを見ながら、『良くなった。その調子だ』って声をかけてきたんだ(笑)。彼はNBAで最もナイスな人間の一人で、歴代最高のパワーフォワードの一人さ。リスペクトだ」

試合中に敵にアドバイスを与えるって、一体どんな境地だ!?

ダンカンは今年の4月25日で、現役のままめでたく39歳の誕生日を迎えた。そこでダンカンをもっと好きになれる画像や動画、エピソードなどを集めてみた。

1.私服

ダンカン 私服

2.ダンカンのプロフィール

以下、「Slam Duncan.com」(スラムダンカン・ドットコム!!)のQ&Aより:

Q:好きな色は?
A:黒

Q:ペットを飼うとしたら?
A:犬

Q:お気に入りの本は?
A:ジュラシック・パークがとても面白かった

Q:好きなアイスクリームの味は?
A:ゴールド・メダル・リボン味

Q:大学で取得した学位は?
A:心理学

Q:もし1つだけ願いが叶うとしたら何を選ぶ?
A:健康

Q:休みの日の楽しみは?
A:リラックスして、テレビゲーム

Q:ネットは好き?
A:イエス、オンラインでたくさんの時間を過ごしている

3.シニアにも親切

4.ポポビッチHCもリスペクト

ダンカンが歴代最高のパワーフォワードと称されるほどに成功できたのは、ある意味グレッグ・ポポビッチHCのおかげだ。同時にポポビッチHCも、歴代屈指のヘッドコーチとして名を残せたのはダンカンのおかげだと心得ている。

※San Antonio Express Newsより

「私は月に1度は家の中を歩き回り、妻にこう告げるんだ、『ティムに感謝しろ』」
– グレッグ・ポポビッチ

5.ワールドピースもリスペクト

若いころはとにかく血の気が盛んな問題児だったロン・アーテストだが、昔からダンカンには一目置いていた様子。まだ27歳だった2006年当時のワールドピースは、ダンカンについてこんなコメントを残している。

ESPNより

「一度ケビン・ガーネットがダンカンにしつこくトラッシュトークしていたのを覚えている。ダンカンは何もしなかったな。リアクションさえしなかった。その代わりに無言でガーネットを叩きのめして、それからチャンピョンシップを勝ち取った。わかるよな?これぞギャングスタだ。感情をむき出しにしたり、相手の上からダンクを叩きこんだり、叫び声を上げて威勢を張ったり、そんなことは誰にでもできる。だけどダンカンは…、あの男はピンプだ」
– メタ・ワールドピース

6.ドレイモンド・グリーンもリスペクト

現リーグ屈指のトラッシュトーカーとして知られるドレイモンド・グリーンだが、パワーフォワードの中で唯一ダンカンにだけは生意気な口を利かないようにしているらしい。その理由は、半分が尊敬の念から、そしてもう半分は効果がないからだという。

SIより

「ダンカンにトラッシュトークを仕掛けても、彼はいつものダンカン的な表情を浮かべながら、『ワオ、俺に言ってるのか!』って顔でこっちを見つめてくるだけなんだ」
– ドレイモンド・グリーン

7.トラッシュトークしてもこんな顔をされるだけ

8.でもファウルを取られるとこんな顔

9.ダンカンを怒らせるとこうなる

10.セクシーなアウトレット・パス

11.バンクショット

12.ベンチで笑っていただけで退場

13.髭の剃り方は提督から直々に教わった

14.抜群のユーモアセンス

15.クラッチ!!

16.18シーズン経ってもチームの大黒柱

今季プレーオフのダンカンは、チームで最年長の39歳ながら最多出場時間(平均36.2分)を記録している。リバウンド、スティール、ブロックではチーム1位。得点とアシストはチーム2位だ。しかもブレイク・グリフィン、デアンドレ・ジョーダンという10歳以上若いリーグトップクラスのビッグマンを相手に…。

17.ティム・ダンカン

Image by jmtimages/Flickr

ソース:「Facebook

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • コブクロ

    はじめまして。ずっと拝読させて頂いております。シカゴファンの私ですが今回のBlogに感銘致しましてコメント差し上げました。
    これからも良い記事楽しみにしております。

    • はじめまして。いつもありがとうございます!
      ブルズはかなり仕上がってきましたね。キャブスとの第2ラウンドシリーズが楽しみです。

  • 紫乃

    はじめまして(*^-^*)
    いつも楽しみに見ています!
    バスケットなんて全く興味のない私でしたが、たまたま以前のティム・ダンカンの記事を見てから興味を持ち、今ではバスケットボールのルールなどを勉強したりしています。
    これからも楽しみにしています。頑張ってください(^^)/

    • ありがとうございます!
      少しでもバスケを好きになってもらえたのなら、最高に嬉しいです。また暇なときにでも覗きに来てください!

  • 36s

    ハワードへのにやけ顔は合成と疑ってしまうほどピントあってますねww
    今年のプレイオフはマヌとパーカーが不調ですけどダンカンのおかげで
    ここまで来てますからね。頑張ってほしいです。

    • クリッパーズとのシリーズは何としても勝ってほしい!!ただ試合観戦に力が入りすぎてちょっと首が痛いです。第7戦の緊張感に耐えられるかどうか…

      • 36s

        去年とは違い初戦唯一の7戦までもつれこむ対戦になりましたね(多分ホークス勝つので)。
        かなり手に汗にぎるシリーズで見てるほうも疲れますww
        まさかテンディング返しとは。

        とにかくSASはマヌとパーカーが非常に悪んですが
        彼らが復調しないと優勝は難しいんで使い続けるしか
        ないんですよね。がんばってほしいです。

  • なぼ

    自分も便乗して初めてコメントさせていただきます
    主さんのスパーズ・ダンカン愛溢れる記事で面白いですね!
    私はブルズ全盛期ぐらいにNBAを知ってダンカンやコービーが新人だった頃辺りに離れてしまったんですが、最近になってまた見たいと思って情報を集めていたところでここにたどり着きました
    その頃の勝手なイメージでダンカンは「強いけど地味、その内消えそう」とか思ってたんですが、ここまで長くインサイドを守り続けるとは・・・凄いの一言です

    ここを見るのが毎日の楽しみの一つなので、これからも無理をなさらずに続けてくだされば幸いです

    • ありがとうございます!スパーズ&ダンカンが大好きです。
      私もNBAを見始めた頃はスパーズにもダンカンにもあまり興味がなかったのですが、月日が経つにつれてどんどんと魅かれていきました。今季もまさかここまで活躍してくれるとは思いませんでした。

      ブルズ全盛期をリアルタイムでみれたというのは羨ましいですね。

  • 風車

    ひとつ前の記事でも思ったんですがダンカンってほんといい表情で笑いますよね。
    淡々としてるイメージが先行してる分余計そう見えるんですかねw
    素晴らしい実力、実績、おまけにチャーミングなキャラクター持ちとか……
    史上最高のPFと呼ばれるのも納得です。

    • ですよね。笑顔が最高です。ギャップ萌え的な何かがあるのかもしれません。ダンカンが引退とか、考えるだけで辛いです。その前にもう1つチャンピョンリングを勝ち取ってほしい!!

  • 龍 辰巳

    ありましたね、座って笑ってたらテクニカル2回コールされて退場。
    あの時はダンカンには申し訳ないですが文字通り腹抱えて笑いました。笑

    真面目な話、ビッグマン好きの自分としてはダンカンは史上有数の選手だと思います。Mrファンダメンタルという呼び名も、今となってはピッタリすぎてニヤけてしまいますね。スタイルが退屈と言っても、自分としてはビッグマンらしからぬ剛柔使い分けたプレーの中に凄まじい技巧を感じるので、全く退屈はしないです。

    そういえば、イアン・マイミが「私服のセンス以外は完璧」と彼のことを評していたような……笑

    • イアンって確かにスパーズにいました笑。ダンカンについてそんなことを言っていたんですね。フランス人の血が騒いだのかな。

      ファンダメンタルはまさにぴったりのニックネームです。本格的にバスケを始めたのが14~15歳だというのが信じられません。やはり基礎がしっかりしているからこそ、この年齢になってもハイレベルな大活躍ができるんでしょうね。

  • さトゥー

    とにかく、ダンカン、大好きです(笑)
    私がNBAを好きになったきっかけもダンカンのプレイスタイルはもちろんですが、笑いのセンスや私服の感じなどです(笑)

    やっぱりスパーズはサイコーです♡

Back to Top ↑