ブログ ジェファーソン 引退

Published on 10月 15th, 2018 | by Tunaパスタ

0

リチャード・ジェファーソンが引退

大ベテランフォワードのリチャード・ジェファーソンが現役を退く決断をした模様だ。

現地10月13日、リチャードソンは公式のInstagramアカウントを開設し、第一号目の投稿として、先月に銃で殺害された父親への追悼メッセージを公開。その中で、NBAからの引退を正式に表明した。

View this post on Instagram

Well here’s my first post! In the last month I’ve dealt with two life changing events back to back. My decision to move on from basketball and the tragic passing of Big Rich. The support of my family and friends have been huge. This video was taken after he bbq’d for about 20 people, something he would do a few times every summer. All I would do is tell people that I was having people over to my house and the next question was “Is Big Rich on the grill?” He really was a true OG. I’m going to miss all his one-liners, his cooking and his ability to make a whole room laugh. Until next time!!!! #RIPPLAYAPLAYA #tripleOG PAPA REALLY WAS A ROLLING STONE!!! 😂😂✊🏽

A post shared by Richard Jefferson (@richardajefferson) on

「これが初めての投稿だね!僕は先月、人生を変えるような2つの出来事に続けて直面した。1つはバスケットボールからの引退、そしてもう1つは父ビッグ・リッチの悲劇的な死だ。その間は、家族や友人たちがたくさん支えてくれた。このビデオは、父が20人くらいをバーベキューに招待した時に撮影したもの。BBQは父にとって夏の恒例行事さ。僕が友人を家に招待した時は、みんな必ずこう聞いてくる、『ビッグ・リッチが肉を焼いてくれるのか?』とね。彼こそが真のOGだ。気の利いたジョークや料理、そしてみんなを笑顔にする人柄。そんな父がいなくなるのは本当に悲しい。また会う日まで!!」
– リチャード・ジェファーソン

2001年ドラフトの13位指名でNBAデビューしたジェファーソンは、キャリアを通してネッツ、キャブス、スパーズ、ウォリアーズなど合計8チームでプレイし、17シーズンで12.6得点、4.0リバウンドを平均。オールスターやオールNBAチームといった個人アワードには縁がなかったものの、ネッツに在籍していた00年代序盤には、主力の一人としてチームの2年連続ファイナル進出に大貢献し、2016年にはキャブスの一員として念願の初優勝を果たした。

以前からリチャードソンは、ポッドキャスト番組の設立やESPNトークショーのゲスト出演など、メディア活動を積極的に行ってきた。報道によると、引退後は、ニューヨークのスポーツ専門チャンネル『YES Network』でネッツの試合/スタジオコメンテーターとして活動する予定だという。

Image by Keith Allison

参考記事:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑