ブログ ロケッツ ネッツ

Published on 11月 29th, 2017 | by Tunaパスタ

0

ロケッツ対ネッツ戦でスリーポイントショットの新記録

現地27日にトヨタセンターで行われたヒューストン・ロケッツ対ブルックリン・ネッツ戦で、スリーポイントショットの新記録が誕生した。

この日の試合では、ロケッツが50本中20本のスリーを沈め、対するネッツは39本中10本。両チーム合計で1試合におけるNBA史上最多となる89本のスリーを放った(これまでの最多アテンプト数は昨季ロケッツ対ネッツでの88本)。

最も多くのスリーを打った選手はロケッツのジェイムス・ハーデンで、13本中8本に成功。ハーデンは第1Qだけで20得点、5リバウンド、4アシスト、FG100%(7本中7本)と最高の立ち上がりを見せ、最終的に36分の出場で37得点、10リバウンド、8アシストをあげてロケッツを117-103での勝利に導いた。今季のハーデンは開幕20試合すべてで20得点以上を獲得している(ロケッツ史上初)。

▼第1Qのハーデン

今季成績をウェスト1位の16勝4敗としたロケッツは、ハーデンの他に、クリント・カペラが20得点をマーク。復帰後5試合目だったクリス・ポールは、FG7本中1本成功の4得点とシューティングが不調だったものの、14アシストをあげて勝利に貢献している。

一方のネッツ(7勝13敗)は、前日にGリーグから招集されたばかりのアイザイア・ホワイトヘッドがチームハイの24得点を獲得。第1Qはハーデンを止められず、序盤で20点ビハインドに陥ったが、そこからゾーンディフェンスを展開して流れを変え、一時4点差まで詰め寄る大健闘を見せた。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑