ブログ ルーキー ダンクバトル

Published on 8月 4th, 2014 | by Tunaパスタ

0

TwitterでNBAルーキーたちのダンク×トリックショットバトルが勃発

近年最強のドラフトクラスと期待される2014年度のルーキーたちが、シーズン開幕3ヵ月前にして早くも火花を散らしあっている。

発端となったのは、ウルブズのルーキー、グレン・ロビンソン3世のツイート。自らのダンク映像と共に、同じウルブズのザック・ラビーンを指名して「もっとすごいの見せてみろよ!」と挑戦状を叩きつけた。

1.グレン・ロビンソン3世

「ルーキーの写真撮影会でPaniniAmericaにいる。ザック・ラビーンに挑戦する。このダンクを超えてみろ! 」

ザック・ラビーンはすでにダンクコンテスト出場が期待されているスーパーダンカー。レッグスルーからの豪快なトマホークダンクでお返しすると同時に、次はドラフト1位指名のアンドリュー・ウィギンスに向けチャレンジを申し立てた。ここからリレー形式でルーキーたちのダンク×トリックショット合戦が始まる。

2.ザック・ラビーン

「ロビンソン3世の挑戦は受けた。次はウィギンス、これを負かしてみろ!」

これに対して、ウィギンスはビハインド・ザ・バック・360ダンクで応戦。

3.アンドリュー・ウィギンス

「ラビーンの挑戦を受けて立とう。次はタイラー・エニスだ」

ポイント・ガードのエニスはウィギンスの挑戦にトリックショットで応答。

4.タイラー・エニス(サンズ)

「次はニック・スタウスカスの番だ」

5.ニック・スタウスカス(キングス)

「これはすべてのルーキーへの挑戦だ!」

6.ジョニー・オブライアント(バックス)

「ロドニー・フッドに挑戦する」

7.ロドニー・フッド(ジャズ)

「ジャバリ・パーカー、次は君のターンだ」

8.ジャバリ・パーカー(バックス)

「次はカイル・アンダーソン」

9.カイル・アンダーソン(スパーズ)

「さあ行け、ミッチ・マクゲイリー!」

10.ミッチ・マクゲイリー(サンダー)

「ザック・ラビーンにチャレンジ」

こうして挑戦状は再びザック・ラビーンの元に戻った。

▼骨折で休養中のジョエル・エンビードもギブスをはめたまま参戦:

来季は誰が新人王を獲得するのか…。非常に楽しみなルーキークラスだ。

ソース:「Twitter」

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑