ブログ ウェストブルック 開幕戦 トリプルダブル

Published on 10月 20th, 2017 | by Tunaパスタ

5

ウェストブルックがキャリア80回目のトリプルダブル達成

オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックが現地19日、本拠地チェサピーク・エナジー・アリーナで行われたニューヨーク・ニックスとのシーズン開幕戦で21得点、16アシスト、10リバウンドをマーク。今季リーグ第一号となるトリプルダブルを達成し、サンダーを105-84での勝利に導いた。

これでウェストブルックは、キャリア通算TD数で80回に到達(レギュラーシーズン)。過去にわずか3選手しか達成していない大記録だ。

▼キャリア通算トリプルダブルランキング

プレイヤー TD
1 オスカー・ロバートソン 181回
2 マジック・ジョンソン 138回
3 ジェイソン・キッド 107回
4 ラッセル・ウェストブルック 80回
5 ウィルト・チェンバレン 78回

▼OKCビッグスリーが合計71得点

新生チームの初陣を快勝で飾ったサンダーは、ウェストブルックの他に、ポール・ジョージが28得点、カーメロ・アンソニーが22得点と、新加入のスターが活躍。スティーブン・アダムスは5本中5本のFGを成功させ、12得点、5リバウンド、5スティール、3ブロックを記録した。

敗れたニックスは、アンソニー放出で本格的にフランチャイズの顔となったクリスタプス・ポルジンギスが、ゲーム最多の31得点、12リバウンドで大奮闘するも、他のメンバーがオフェンスであまり貢献できず、二桁得点をあげたのは先発センターのエネス・カンター(10得点/7リバウンド)のみ。なおこの日は、アンソニーのトレードでOKCを離れたカンターにとって移籍後初の古巣凱旋でもあり、試合前の選手紹介の際にはスタンドから盛大な拍手が送られた。

▼KP

Thumbnail via Thunder

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    タンク1年目ってホントにヤバいんですね。希望もみえないしファンは我慢の時なんだろうと思います。

  • ゆうき

    試合みたけどサンダーはオフェンスは悪くないけどディフェンスは思ったより微妙ですね…個人的に思ったのはジョージはフィットしそうだけどメロは微妙ってところですかねぇーしっかり待つ、走るが出来れば文句ないんでしょうがこのままだとHOUにまたプレイオフで負ける気が(;´_ゝ`)

  • お茶

    ウエストブルックが余力を残してトリプルダブルできるチームになりましたね
    ウィングがキャッチ&シュートの得意なメロとジョージになって、スリーを自ら打たずともスペースができて高いFG%でインサイドを攻略できていました、チームのシューティングが不調な中で16アシストは去年より中が空いてのアリウープも増えた結果だと思いました
    ウエストブルックのボールプッシュは歴代随一なのでは?という迫力がありますね
    サンダーの守備は個人的には良かったと思います。相手がニックスなのでなんともいえないところはありますが、クローズアウトの速さはとんでもないなと
    メロのマークがポルジンギスなので、そのあとのリバウンドで競り負けての失点は多かったですけどそれは仕方ないですし
    まぁアダムス依存なところはあるのでファウルトラブルになると厳しそうです

  • YusukeIndia

    サンダー大勝利!
    ビッグ3のケミストリーが心配されていましたが、何のことはない。
    3人が3人ともイキイキとプレイしてて、凄く楽しそうでした。

    まぁ、相手が再建中のニックスだったから評価は時期尚早かもしれませんが、去年よりも強くなった、と素直に感じました。

    今年はサンダーを軸に観戦して行きたいと思います!(^^)

  • GEORGE

    ウエストブルックの出来次第で試合の流れが決まった感があります。まだ開幕したばかりなので3人が嚙み合えば、もっと楽に試合運びができると思います。終盤3回連続アリウープパスがありましたが、あそこらへんは流石ですね。

Back to Top ↑