ブログ ウェストブルック 開幕戦 トリプルダブル

Published on 10月 20th, 2017 | by Tunaパスタ

5

ウェストブルックがキャリア80回目のトリプルダブル達成

オクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックが現地19日、本拠地チェサピーク・エナジー・アリーナで行われたニューヨーク・ニックスとのシーズン開幕戦で21得点、16アシスト、10リバウンドをマーク。今季リーグ第一号となるトリプルダブルを達成し、サンダーを105-84での勝利に導いた。

これでウェストブルックは、キャリア通算TD数で80回に到達(レギュラーシーズン)。過去にわずか3選手しか達成していない大記録だ。

▼キャリア通算トリプルダブルランキング

プレイヤー TD
1 オスカー・ロバートソン 181回
2 マジック・ジョンソン 138回
3 ジェイソン・キッド 107回
4 ラッセル・ウェストブルック 80回
5 ウィルト・チェンバレン 78回

▼OKCビッグスリーが合計71得点

新生チームの初陣を快勝で飾ったサンダーは、ウェストブルックの他に、ポール・ジョージが28得点、カーメロ・アンソニーが22得点と、新加入のスターが活躍。スティーブン・アダムスは5本中5本のFGを成功させ、12得点、5リバウンド、5スティール、3ブロックを記録した。

敗れたニックスは、アンソニー放出で本格的にフランチャイズの顔となったクリスタプス・ポルジンギスが、ゲーム最多の31得点、12リバウンドで大奮闘するも、他のメンバーがオフェンスであまり貢献できず、二桁得点をあげたのは先発センターのエネス・カンター(10得点/7リバウンド)のみ。なおこの日は、アンソニーのトレードでOKCを離れたカンターにとって移籍後初の古巣凱旋でもあり、試合前の選手紹介の際にはスタンドから盛大な拍手が送られた。

▼KP

Thumbnail via Thunder

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑