ブログ %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af-%e6%ae%bf%e5%a0%82%e5%85%a5%e3%82%8a

Published on 9月 11th, 2016 | by Tunaパスタ

7

シャック、殿堂入りスピーチでコービーに感謝

現地9日、2000年MVPのシャキール・オニールが、アレン・アイバーソンやヤオ・ミンら同世代のスターたちとともに、2016年度のバスケットボール殿堂入りを果たした。

同日にマサチューセッツ・スプリングフィールドで行なわれたセレモニーでは、スピーチのアンカーを務めたシャック。現役時代にお世話になったコーチやチームメイトたちに一通り感謝を述べた後、「最後になってしまったが、大切なことを一つ。偉大なるコービー・ブライアント…」と前置きして、オニールらしいユーモアを交えながら、元相棒にありがとうの気持ちを伝えた。

「コービーは私をプッシュして、3連覇を達成する助けになってくれた。それから彼は、私がチームから追い払われ、マイアミへとトレードされるのに助力してくれた」
– シャキール・オニール

https://twitter.com/NBATV/status/774429386577616896

オニールのジョークに、会場は笑いの渦。ゲイリー・ペイトンなんかは、手を叩きながら大爆笑している。シャックは、殿堂入りセレモニーといった舞台でも、エンターテイナーとしての一面を忘れない。コービーが殿堂入りするときに、どんなお返しをするのか楽しみだ。

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%a8%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%b3

1992年ドラフト1位指名でNBA入りしたオニールは、キャリア19シーズンで23.7得点、10.9リバウンド、2.3ブロックを平均し、レイカーズで3度、ヒートで1度、合計4度のNBA制覇を達成。全盛期には歴代屈指の支配力と存在感でリーグを席巻し、2000年から3年連続でファイナルMVPに輝いた他、15回のオールスター出場、14回のオールNBAチーム選出(ファーストチームに8回)など数々の功績を残している。

Via Twitter

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑