ブログ スパーズ ウォリアーズ

Published on 3月 13th, 2017 | by Tunaパスタ

5

スパーズがウォリアーズとのスターレス対決に快勝

スパーズはレナードが脳震盪、オルドリッジが不整脈で離脱中。ウォリアーズは負傷中のデュラントに加えて、カリー、トンプソン、グリーン、イグダーラが休養のため欠場。主力不在で迎えることとなったウェストトップ2チームの対戦は、スパーズがベンチ層の厚さを発揮してウォリアーズを107-85で撃破した。

この日のスパーズは、トニー・パーカーとデジョンテ・マレーの代わりに先発出場したパティ・ミルズが、前半だけでスリー6本中5本成功の大活躍でオフェンスを牽引。さらにダービス・ベルタンズもベンチからステップアップし、ハーフタイムまでに20点リードを奪取すると、後半に入ってからもウォリアーズに反撃を許さず快勝を収めた。

▼スパーズハイライト

これでウォリアーズとの差を0.5ゲームに縮めたスパーズは、ミルズが21分の出場で21得点、ダービス・ベルタンズが13得点、デイビッド・リーが12得点をマーク。カイル・アンダーソンは13得点、8リバウンド、6アシストのオールラウンドパフォーマンスで勝利に貢献した。

ウォリアーズは、イアン・クラークがキャリアハイの36得点を記録している。

オルドリッジは無期限の離脱

スパーズは同日の試合前、ラマーカス・オルドリッジが不整脈を発症したためチームを離脱することを発表。病状は軽度とされているが、復帰時期は今のところ未定で、近日中に検査を予定しているという。

オルドリッジの心疾患は生まれ持ったものらしく、ブレイザーズ時代にもそれが原因で何度か離脱した経験があり、1度目はルーキーだった2007年にシーズン最後の9試合を欠場。2度目はロックアウトがあった2011年に、シーズン前のトレーニングキャンプを全休している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ケンタブー

    セカンドユニット主体の試合でもチーム力としての差が出てきますね。
    昨シーズンのウォリアーズなら渡り合えたかも…?なんてたらればの話をしたらきりがありませんが、
    KD不在でスプラッシュブラザーズも静かな今、スパーズの第1シードもありそうですね。

    オルドリッジの病気は心配です。
    薬でも症状を抑えられるそうですが、万全になるまでポップは起用しないと思うので、焦らず治療に専念してほしいです。

    • ケンタブー

      オルドリッジ帰ってきましたね!
      無期限離脱と聞くと先行き見えず不安でしたが、何事もなくて安心でした。
      持病らしいのでまた離脱があるかもですが、その時も大事なく戻ってきてほしいです。

  • PANTA

    オルドリッジの不整脈は心配ですね。POでフルメンバーのGSWvsSASが見られるように祈るばかりです。

  • しょー

    オルドリッジ心配です。。。あともうすぐで追いつくのにエース2人の離脱は痛いですね。ミルズはゲームメイクが上手くなってますね、先週もダブルダブルしましたし!カイルはスパーズだから生きる選手ですね!ただ動きはスローなのでいつかトラベリング取られそうでヒヤヒヤしてます。笑

  • Ma Yo Kawakami

    ”私はわざわざNYから来ました。私も疲れている!!”とのメッセージをもった方が何回も映されてました。またカリーのユニフォームを着た少年が何人も映ってました。(アウェーなのに少し驚き。) NBAのチケットは決して安くなく、これが一生に一度の出来事である人もいるはずです。前日に主力4人を休めせる決断は非常に頂けないと感じました。4Qを休ませるとの処置でも良かったように思います。
    選手のサラリーは高額で、それはファンから還元されているとの意識を忘れないで欲しい。

Back to Top ↑